格言​の​書 6:1-35

6  わが子よ,もし隣人の保証人になったなら+知らない人と握手を交わした*なら+   自分の約束によってわなに掛かったなら,自分が言った言葉によって捕らえられたなら+   わが子よ,次のようにして抜け出せ。あなたは隣人の手に落ちたのだ。行って,謙遜になり,隣人にひたすら懇願せよ+   目をつぶって眠ったり,まぶたを閉じてうとうとしたりするな。   猟師の手から逃れるガゼルのように,鳥を捕る者の手から逃れる鳥のように抜け出せ。   怠け者よ+,アリの所へ行け。そのやり方を見て,賢くなれ。   アリには司令官も,役人も,支配者もいないが,   夏の間に食物を用意し+収穫の時に食糧を集める。   怠け者よ,いつまで横になっているのか。いつ起きるのか。 10  しばらく眠り,しばらくうとうとし,しばらく手を組んで休む+ 11  すると,貧乏が盗賊のように,窮乏が強盗のようにやって来る+ 12  役立たずの悪人は,不正直な話し方をする+ 13  目配せし+,足で合図し,指をさす。 14  ゆがんだ心で,いつも悪いことをたくらみ+,口論を繰り広げている+ 15  それで,彼には突然,災難が降り掛かる。一瞬のうちに砕かれ,癒やされることがない+ 16  エホバが憎むものが6つある。いや,ひどく嫌うものが7つある。 17  傲慢な目+,うそをつく舌+,無実の人の血を流す手+ 18  邪悪なことをたくらむ心+,急いで悪に走る足, 19  うそばかり言う不正直な証人+,兄弟の間に口論を引き起こす者+である。 20  わが子よ,父のおきてを守りなさい。母の教え*を捨ててはならない+ 21  それをいつも心に縛り,首に結べ。 22  あなたが歩き回る時,それは導き,あなたが横になる時,それは見張り,あなたが目覚める時,それは語り掛ける* 23  おきてはランプ+,律法は光+指導のための戒めは命への道+だからである。 24  それは,あなたを悪い女性から+不道徳な*女性の誘惑の言葉から守る+ 25  心の中でその女性の美しさを欲するな+その女性の色っぽい目に心を奪われてはならない。 26  人は娼婦のためにパン1つの生活に陥るが+他人の妻の場合は貴重な命が餌食となる。 27  懐に火をかき集めておいて,服が燃えないようにできるだろうか+ 28  また,炭火の上を歩いて,足が焦げないようにできるだろうか。 29  隣人の妻と関係を持つ人も同じである。彼女に触れる人は誰も処罰を免れない+ 30  飢えた人が腹を満たそうとして盗みをしても,軽蔑されることはない。 31  それでも,見つかると,その人は7倍の償いをし,自分の家の貴重なものを全て渡す+ 32  女性と姦淫をする人は分別がなく*そうする人は自分を破滅させる+ 33  彼が受けるのは傷と不名誉だけで+恥は消し去られない+ 34  夫は嫉妬のために激怒し,復讐する時に情けを掛けない+ 35  夫はどんな償い*も受け入れず,どれほど大きな贈り物をしても,なだめることはできない。

脚注

契約を交わす時のこと。
または,「律法」。
または,「教える」。
直訳,「外国の」。格 2:16参照。
直訳,「心が欠けていて」。
または,「贖い」。

注釈

メディア