格言​の​書 31:1-31

31  レムエル王の言葉。母親が彼を教えるために与えた重みのある言葉+   私の子よ,私は何を言おうか。私の腹の子よ,何を言おうか。私の誓約の子よ+,何を言おうか。   女性たちに力を費やしてはならず+王たちの破滅につながる歩みをしてはならない+   レムエルよ,それは王たちがすべきことではない。ぶどう酒を飲むのは,王たちがすべきことではなく,「私の酒はどこにあるのか」というのは,統治者たちが言うべきことではない+   飲んで,布告されたことを忘れ,立場が低い人たちの権利を制限することのないためである。   死にかけている人に酒を+ひどく苦しんでいる人にぶどう酒を与えよ+   飲ませて貧しさを忘れさせよ。もう面倒なことを思い出さないようにさせよ。   口が利けない人のために語り,死にかけている全ての人の権利を擁護せよ+   口を開いて正しく裁き,立場が低い人や貧しい人の権利を擁護*せよ+ א [アーレフ] 10  有能な*妻を誰が見つけられるだろうか+彼女はサンゴ*よりもはるかに貴い。 ב [ベート] 11  夫は彼女を心から信頼し,何にも不足しない。 ג [ギメル] 12  彼女は生涯ずっと,悪ではなく善を行って夫に報いる。 ד [ダーレト] 13  羊毛と亜麻を手に入れ,喜んで自ら働く+ ה [ヘー] 14  商人の船のようで+遠くから食料を運んでくる。 ו [ワーウ] 15  夜が明けないうちに起き,家の者のために食事を準備し,召し使いの女性たちにも割り当て分を与える+ ז [ザイン] 16  よく考えた上で,畑を買う。よく働いて*ブドウ園を造る。 ח [ヘート] 17  きつい仕事のために準備をし*+力強く腕を動かす。 ט [テート] 18  自分の取引が利益を上げることを知っている。彼女のランプは夜も消えない。 י [ヨード] 19  手に糸巻き棒を持ち,つむをつかむ*+ כ [カフ] 20  立場が低い人に手を差し伸べ,貧しい人たちに気前よく与える+ ל [ラーメド] 21  雪が降っても家の者のことを心配しない。全員,暖かい*服を着ているからである。 מ [メーム] 22  彼女は自分のベッドカバーを作る。服は亜麻と紫の羊毛でできている。 נ [ヌーン] 23  彼女の夫は町の門の所でよく知られており+そこで土地の長老たちと一緒に座る。 ס [サーメク] 24  彼女は亜麻の衣服*を作って売り,帯を商人に納品する。 ע [アイン] 25  力と輝きを身にまとい,将来について不安を感じない* פ [ペー] 26  口を開く時には賢く語り+いつも親切の律法に従って話す* צ [ツァーデー] 27  家で行われる物事を見守り,働かずにパンを食べることはない+ ק [コーフ] 28  彼女の子供たちは立ち上がって彼女を褒め,夫も立ち上がって称賛する。 ר [レーシュ] 29  「有能な*女性は多いが,あなたは,あなたは誰よりも優れている」。 ש [シーン] 30  麗しさは時に偽りで,美しさもまたはかない*+エホバを畏れる女性は称賛される+ ת [ターウ] 31  彼女が行うことに関して報いを与えよ+彼女の働きを町の門の所で称賛せよ+

脚注

または,「言い分を弁護」。
または,「素晴らしい」。
用語集参照。
または,「稼いだもので」。
直訳,「力で腰に帯をし」。
糸巻き棒とつむという棒を使い,繊維を紡いで糸にした。
直訳,「2重の」。
または,「下着」。
または,「将来の日のことを笑う」。
または,「教える時には親切に話す」,「舌には揺るぎない愛の律法がある」。
または,「素晴らしい」。
または,「むなしい」。

注釈

メディア