格言​の​書 20:1-30

20  人はぶどう酒によってばかげたことをし+,酒によって手に負えなくなる+これで道を踏み外す人は知恵がない+   王の恐ろしさはライオンのうなり声のようで+王を怒らせる人は自分の命を危険にさらす+   論争を避けることは名誉となる+愚かな人は皆それに巻き込まれる+   怠け者は冬に耕さず,収穫期に何もなくて物乞いをする*+   人の心の考え*は深い所にある水のようだ。識別力のある人はそれをくみ上げる。   自分の揺るぎない愛を公言する人は多いが,実際に忠実な人はまれである。   正しい人は高潔に歩んでいる+その人の子供たちは幸せだ+   王は座に就いて裁きを行い+よく見て全ての悪をふるい分ける+   「私は心を清めた。罪から清くなった」と誰が言えるだろうか+ 10  不正な重りも不正な計量器も*エホバにとって忌まわしい+ 11  子供でさえ,日々の行動によって,振る舞いが清く正しいかどうかを知られる+ 12  聞く耳と見る目はどちらもエホバが造った+ 13  眠りを愛してはならない。さもないと貧しくなる+目を開け。そうすれば食物が十分に得られる+ 14  買い手は「これは良くない,良くない」と言い,立ち去ってから買い物の仕方を自慢する+ 15  金も,たくさんのサンゴ*もある。それでも,知識の唇は貴重である+ 16  知らない人の保証人になった人からは,服を取れ+外国の女性*のためにそうしたなら,担保の品を取れ+ 17  だまし取ったパンはおいしいが,後で口が砂利でいっぱいになる+ 18  相談*によって計画は成功する*+巧みな指揮*によって戦いをせよ+ 19  中傷する人は内密のことを漏らして回る+うわさ好きの*人と交友を持ってはならない。 20  父親や母親をののしる*人は,闇が訪れる時にランプを消される+ 21  欲張って財産を得た人は,結局は幸せにはならない*+ 22  「仕返ししよう」と言ってはならない+希望を抱いてエホバを待て+。そうすれば,救ってくださる+ 23  不正な重り*はエホバにとって忌まわしく,人を欺くはかりは良くない。 24  人の歩みはエホバによって導かれる+人はどうして自分の道*を理解できるだろうか。 25  「これは聖なるものです+」と性急に言った後で,誓約した事について考慮するのは,わなとなる+ 26  賢い王は悪人たちをふるい分け+彼らの上にローラーを走らせて脱穀する+ 27  人の息はエホバのランプのようであり,その人の奥底にあるものを明らかにする。 28  揺るぎない愛と忠実さが王を守る+王は揺るぎない愛によって王座を保つ+ 29  若い人の素晴らしさは力であり+高齢の人の輝きは白髪である+ 30  あざや傷は悪を取り除き*+打たれることで人の奥底が清められる。

脚注

もしかすると,「収穫期に見るが何も見つからない」。
または,「意図」。
または,「2種類の石重りと2種類の計量容器はどちらも」。
用語集参照。
または,「外国人」。
または,「助言」。
または,「しっかりする」。
または,「的確な導き」。
または,「唇で誘う」。
または,「に災いがあるようにと言う」。
または,「祝福されない」。
または,「2種類の石重り」。
または,「行くべき道」。
または,「擦り落とし」。

注釈

メディア