格言​の​書 20:1-30

20  ひとはぶどうしゅによってばかげたことをし+さけによってえなくなる+これでみちはずひとがない+   おうおそろしさはライオンのうなりごえのようで+おうおこらせるひとぶんいのちけんにさらす+   ろんそうけることはめいとなる+おろかなひとみなそれにまれる+   なまものふゆたがやさず,しゅうかくなにもなくてものいをする*+   ひとこころかんが*ふかところにあるみずのようだ。しきべつりょくのあるひとはそれをくみげる。   ぶんるぎないあいこうげんするひとおおいが,じっさいちゅうじつひとはまれである。   ただしいひとこうけつあゆんでいる+そのひとどもたちはしあわせだ+   おういてさばきをおこな+よくすべてのあくをふるいける+   「わたしこころきよめた。つみからきよくなった」だれえるだろうか+ 10  せいおもりもせいけいりょう*エホバにとってまわしい+ 11  どもでさえ,こうどうによって,いがきよただしいかどうかをられる+ 12  みみどちらもエホバがつくった+ 13  ねむりをあいしてはならない。さもないとまずしくなる+ひらけ。そうすればしょくもつじゅうぶんられる+ 14  は「これはくない,くない」とい,ってからものかたまんする+ 15  きんも,たくさんのサンゴ*もある。それでも,しきくちびるちょうである+ 16  らないひとしょうにんになったひとからは,ふく+がいこくじょせい*のためにそうしたなら,たんしな+ 17  だましったパンはおいしいが,あとくちじゃでいっぱいになる+ 18  そうだん*によってけいかくせいこうする*+たくみな*によってたたかいをせよ+ 19  ちゅうしょうするひとないみつのことをらしてまわ+うわさきの*ひとこうゆうってはならない。 20  ちちおやははおやをののしる*ひとは,やみおとずれるときにランプをされる+ 21  よくってざいさんひとは,けっきょくしあわせにはならない*+ 22  「かえししよう」とってはならない+ぼういだいてエホバを+。そうすれば,すくってくださる+ 23  せいおも*はエホバにとってまわしく,ひとあざむくはかりはくない。 24  ひとあゆみはエホバによってみちびかれる+ひとはどうしてぶんみち*かいできるだろうか。 25  「これはせいなるものです+」とせいきゅうったあとで,せいやくしたことについてこうりょするのは,わなとなる+ 26  かしこおうあくにんたちをふるい+かれらのうえにローラーをはしらせてだっこくする+ 27  ひといきはエホバのランプのようであり,そのひとおくそこにあるものをあきらかにする。 28  るぎないあいちゅうじつさがおうまも+おうるぎないあいによっておうたも+ 29  わかひとらしさはちからであり+こうれいひとかがやきははくはつである+ 30  あざやきずあくのぞ*+たれることでひとおくそこきよめられる。

脚注

もしかすると,「収穫期に見るが何も見つからない」。
または,「意図」。
または,「2種類の石重りと2種類の計量容器はどちらも」。
用語集参照。
または,「外国人」。
または,「助言」。
または,「しっかりする」。
または,「的確な導き」。
または,「唇で誘う」。
または,「に災いがあるようにと言う」。
または,「祝福されない」。
または,「2種類の石重り」。
または,「行くべき道」。
または,「擦り落とし」。

注釈

メディア