格言​の​書 18:1-24

18  ぶんりつさせるひとぶんよっきゅうばかりたそうとし,あらゆるやく退しりぞける*   おろかなひとなにかをかいしたいとはおもわず,ぶんかんがえばかりはなそうとする+   あくにんると,じょくる。めいなことにはじょくともな+   ひとくちことふかみずである+いずみはほとばしるみずながれになる。   あくにんをひいきするのも,ただしいひとこうせいあつかわない+のもくない+   おろかなひとことあらそいをこす+そのひとくちたれることをもとめている+   おろかなひとくちめつまね+そのくちびるはそのひとをわなにける。   ちゅうしょうするひとことはごちそう*のようだ+のみまれてはらおくはいっていく+   ごとなまけるひとは,めつをもたらすひときょうだいである+ 10  エホバのきょうとう+ただしいひとはそのなかはしんでされる*+ 11  ゆうふくひととみはそのひとようさいそのひとそうぞうなかではぼうへきである+ 12  ほうかいさきつのはこうまんこころ+えいさきつのはけんそんさである+ 13  かないうちにへんをするひとは,おろかであり,はずかしめられる+ 14  つよこころびょうあいだささえとなるが+ちのめされたこころ*にはだれえられるだろうか+ 15  かいりょくのあるひとこころしき+かしこひとたちのみみしきつけようとする。 16  おくものによってみちひらかれ+じゅうようじんぶつちかづける。 17  さいしょぶんべるひとただしくえる+やがてあいかたて,かれいただす*+ 18  くじはろんそうわらせ+つよひとたちどうけっちゃくをつける。 19  ぶんがいされたゆうじんがんさはぼうされたまちをしのぐ+かんぬきのかったじょうもんのようにたがいをへだてるろんそうもある+ 20  ひとはっすることはらたすしょくもつのようで+ひとったことけっじっかんする。 21  いのちしたちからはいされる+はなすのがきなひとはそのけっ+ 22  つまつけたひとしあわせをつけた+そしてエホバのめぐ*ける+ 23  まずしいひとたんがんべ,ゆうふくひときびしい調ちょうこたえる。 24  たがいをきずつけるゆうじんもいれば+きょうだいじょうきずなむすばれるとももいる+

脚注

または,「軽視する」。
または,「むさぼるようにしてのみ込まれる物」。
直訳,「高く上げられる」。手が届かない,安全ということ。
または,「絶望」。
または,「を徹底的に調べる」。
または,「善意」。

注釈

メディア