格言​の​書 10:1-32

10  ソロモンの格言+ 賢い子は父親を喜ばせ+愚かな子は母親を悲しませる。   不正に得た宝は何の役にも立たないが,正しい行いは人を死から救い出す+   エホバは正しい人を飢えさせず+悪人たちには願望を実現させない。   怠惰な手は人を貧しくし+勤勉な手は富をもたらす+   夏に穀物を集める子は洞察力があり,収穫期にぐっすり眠っている子は恥さらしである+   祝福*は正しい人の頭にあり+悪人たちの口は暴力を包み隠す。   正しい人は記憶されて祝福*され+悪人たちの名は腐る+   心の賢い人は教えを受け入れ+愚かな話をする人は踏みにじられる+   高潔に歩む人は安全に歩み+不正直に歩む人は知られずには済まない+ 10  ずる賢く目配せする人は悲しみを引き起こし+愚かな話をする人は踏みにじられる+ 11  正しい人の口は命の源であり+悪人たちの口は暴力を包み隠す+ 12  憎しみは口論を引き起こし,愛は全ての違反を許す*+ 13  識別力のある人の唇には知恵があり+分別のない*人の背中のためにむち*がある+ 14  賢い人は知識を蓄え*+愚かな人の口は破滅を招く+ 15  裕福な人の富*はその人の要塞。貧しい人たちの破滅は貧しさによる+ 16  正しい人の活動は命につながり,悪人の収益は罪につながる+ 17  指導に注意を払うなら人々を命に導くことができ*戒めを無視するなら人々をさまよわせることになる。 18  憎しみを隠す人はうそをつき+悪意あるうわさを広める人は愚かである。 19  言葉が多ければ失敗*を避けられない+言葉を慎む人は思慮深い+ 20  正しい人の舌は最良の銀+悪人の心はほとんど価値がない。 21  正しい人の唇は多くの人を養い*+愚かな人たちは分別がないために死ぬ+ 22  エホバの祝福が人を富ませる+それに痛み*は伴わない。 23  愚かな人にとって恥ずべき行いは遊びだが,識別力のある人には知恵がある+ 24  悪人には恐れていることが降り掛かるが,正しい人たちは願いがかなえられる+ 25  嵐が過ぎ去る時,悪人はいなくなる+正しい人は永遠に残る土台である+ 26  怠け者は,雇い主*にとって,歯に酢,目に煙のようなものである。 27  エホバへの畏れは命を延ばし+悪人の年は短くされる+ 28  正しい人の期待は喜びをもたらし+悪人の望みは消えうせる+ 29  エホバの道は,非難されるところがない人にとって保護*となり+悪を行う人たちにとって破滅を意味する+ 30  正しい人は決して倒されることがなく+悪人たちが地上に住むことはない+ 31  正しい人の口は知恵を語り*不正直な舌は切り取られる。 32  正しい人の唇は心地よい言葉を知っている。悪人たちの口は不正直である。

脚注

または,「称賛」。
または,「称賛」。
直訳,「覆う」。
直訳,「心が欠けている」。
または,「棒」。
または,「大切にし」。
または,「貴重なもの」。
もしかすると,「命への道を行き」。
直訳,「違反」。
または,「導き」。
または,「悲しみ」,「苦しみ」。
または,「遣わす人」。
直訳,「とりで」。
または,「の実を結び」。

注釈

メディア