ヨハネ​へ​の​啓示 8:1-13

8  ひつじ+だい7のふういん+いたときてんは30ぷんほどしずまりかえった。  そしてわたしは,かみまえつ7にんてん使+た。そのてん使たちに7つのラッパがあたえられた。  きんこうったべつてん使て,さいだん+ところつと,たくさんのこう+がそのてん使あたえられた。そのこうを,おうまえにあるきんさいだん+うえで,すべてのせいなるひとたちのいのりとともささげるためである。  こうけむりは,てん使から,せいなるひとたちのいの+ともかみまえのぼっていった。  それから,てん使はすぐにさいだんをいくらかってこうたし,けた。すると,かみなりこえこえ,いなずまひか+しんこった。  そして,7つのラッパ+つ7にんてん使が,ラッパをようをした。  だい1のてん使がラッパをいた。すると,じった,ひょうとしょうじ,それがりくけられた+りくの3ぶんの1がくされ,の3ぶんの1がくされ,すべてのあおくさくされた+  だい2のてん使がラッパをいた。すると,えているおおきなやまのようなものうみ+まれ,うみの3ぶんの1がになった+  うみにいるものの3ぶんの1が+ふねの3ぶんの1がなんした。 10  だい3のてん使がラッパをいた。すると,てんから,えるほのおのようなおおきなほしが,かわの3ぶんの1といずみ+ちた。 11  そのほしはニガヨモギという。みずの3ぶんの1がニガヨモギにわり,おおくのひとがそのにがくなった+みずのせいでんだ。 12  だい4のてん使がラッパをいた。すると,たいようの3ぶんの1がたれ+つきの3ぶんの1とほしの3ぶんの1もたれた。そのため,それらの3ぶんの1がくらくなり+ひるよるの3ぶんの1のあいだひかりうしなわれた。 13  さらにていると,1のワシがそらたか*びながらおおごえでこううのがこえた。「じょうひとには,わざわい,わざわい,わざわいがあります+! あと3にんてん使もなくラッパ+き,のこりのラッパのおとひびわたるからです」。

脚注

直訳,「中天を」。

注釈

メディア