ヨハネ​へ​の​啓示 16:1-21

16  せいなるところからおおきなこえがして+,7にんてん使にこうった。「って,かみいかりの7つのはちなかそそしなさい+」。  だい1のてん使って,ぶんはちなかりくそそした+。すると,じゅうしるし+じゅうぞうすうはいしていたものたちに+,ひどいあくせいかいようしょうじた+  だい2のてん使が,ぶんはちなかうみそそした+。すると,うみにんのようになり+うみなかものすべんだ+  だい3のてん使が,ぶんはちなかかわいずみそそした+。すると,かわいずみになった+  わたしは,みずたいするけんてん使がこううのをいた。「いまおられ,かつておられたかた+るぎないあいちるかた+,あなたはただしいかたです。このようなさばきをなさったからです+  せいなるひとたちとげんしゃたちのながしたものたちに+,あなたはあたえてませました+かれらはそうされてとうぜんです+」。  また,わたしさいだんがこううのをいた。「ぜんのうかみエホバ*+,あなたのさば*たしかにしんじつただしいものです+」。  だい4のてん使が,ぶんはちなかたいようそそした+。すると,たいようひとびとくことをゆるされた。  ひとびとは,はげしいねつかれても,これらのさいやくをもたらすけんかみぼうとくし,あらためず,かみをたたえなかった。 10  だい5のてん使が,ぶんはちなかじゅうそそした。すると,じゅうおうこくくらくなり+ひとびとつうのあまりぶんしたをかみはじめた。 11  それでもかれらは,つうかいようのゆえにてんかみぼうとくし,ぶんたちのおこないをあらためなかった。 12  だい6のてん使が,ぶんはちなかたいユーフラテスにそそした+。すると,たいみず+のぼほうがく*からおうたちのためのみちができた+ 13  さらにていると,カエルのようにえる3つのけがれたいき*が,たつ+くちじゅうくちにせげんしゃくちからてきた。 14  それらはじゃあくてん使たちのいき*であって,せき*おこな+ぜんかいおうたちのもとにかう。ぜんのうかみおおいなる+せんそうおうたちをしょうしゅうするためである+ 15  「わたしどろぼうのようにます+めていて+ぶんがいまもひとこうふくです。そのひとは,はだかあるいてはじをさらすということがありません+」。 16  それらのいき*により,おうたちはヘブライでハルマゲドン*ばれるしょあつめられた+ 17  だい7のてん使が,ぶんはちなかくうそそした。すると,せいなるところから,おうからおおきなこえがして+,「げられた!」とった。 18  そして,いなずまひかり,こえかみなりこえ,おおきなしんこった。それは,にんげんじょうそんざいするようになってらいきたことがない,だいはげしいしんだった+ 19  おおきな+は3つにけ,くにぐにたおれた。かみおおいなるバビロン+おもこし,かのじょにごぶんはげしいいかりのぶどうしゅはいったさかずきあたえた+ 20  また,すべてのしまり,やまやまえうせた+ 21  さらに,おもさ20キロほどのおおきなひょうがてんからひとびとうえ+ひとびとはひょうのさいやく+のゆえにかみぼうとくした。そのさいやくじんだいがいをもたらしたからである。

脚注

付録A5参照。
または,「法規」。
または,「東」。
または,「言葉」。ギリシャ語,プネウマ。用語集参照。
または,「言葉」。ギリシャ語,プネウマ。用語集参照。
直訳,「しるし」。
または,「言葉」。ギリシャ語,プネウマ。用語集参照。
または,「アルマゲドン」。「メギドの山」という意味。

注釈

メディア