ヨハネ​へ​の​啓示 1:1-20

1  イエス・キリストによるけい*。これはかみが,もなくかならきることがらをごぶんれいたちにしめすため+,イエスにあたえたものである+。イエスはてん使つかわし,そのてん使とおして,しるし*によってぶん*れいヨハネ+にこのけいつたえた。  ヨハネは,かみことと,イエス・キリストがかたったことがらについて,すなわちぶんすべてのことについてしょうげんした。  このげんことろうどくするひとと,それをき,かれていることがらまもひとたちは,こうふくである+さだめられたときちかいからである。  ヨハネから,アジアしゅうにある7つのかいしゅう*+ いまおられ,かつておられ,これからられるかた+」から,そしてそのかたまえにある7つのせいなるちから*+よって,みなさんにしみない*しんせつしめされ,へいあたえられますように。  また,「ちゅうじつしょうにん+」,「かえったひとびとなかはつ+」,「じょうおうたちのとうしゃ+」であるイエス・キリストからも,しみないしんせつしめされ,へいあたえられますように。 わたしたちをあい+ぶんによってわたしたちをつみからかいほうしてくださったかた+  (このかたわたしたちを,ぶんちちであるかみつかえるおう+およびさい+としてくださいました),まさにこのかたに,えいこうちからえいえんにありますように。アーメン。  なさい,このかたくもともます+。そして,すべてのはこのかたます。このかたとおしたものたちもです。じょうすべてのみんぞくが,このかたのゆえにぶんからだをたたいてかなしみます+。これはたしかです。アーメン。  エホバ*かみはこういます。「わたしはアルファであり,オメガである*+いまおり,かつており,これからものぜんのうしゃ+である」。  わたしヨハネは,みなさんのきょうだいであり,イエスとむすいて+みなさんとともなん+おうこくやくそくされ+にんたいしている+かみについてかたり,イエスについてしょうげんしたために,パトモスというしまにいた。 10  さて,わたしせいなるちからによってしゅれていかれ,うしろからラッパのおとのようなつよこえこえた。 11  そのこえった。「あなたがることをまきものき,それを,エフェソス+,スミルナ+,ペルガモン+,テアテラ+,サルデス+,フィラデルフィア+,ラオデキア+にある,7つのかいしゅうおくりなさい」。 12  わたしは,だれわたしはなけているのかをようとしていた。すると,7つのきんのランプだい+えた。 13  それらのランプだいなかに,ひとのようなかた+がおり,あしまでとどふくて,むねきんおびめていた。 14  そのかたかみしろようもうのように,またゆきのようにしろく,えるほのおのようだった+ 15  あしなかかがやいているりょうしつどうのようであり+こえおおきなたき*おとのようだった。 16  そのかたみぎに7つのほし+ち,くちからはながくてするどりょうつるぎ+ており,かおはさんさんとかがやたいようのようだった+ 17  そのかたときわたしんだかのようにそのあしもとたおれた。 するとそのかたみぎわたしうえいて,こうった。「おそれてはいけません。わたしさいしょにして+さいもの+であり, 18  きているもの+です。わたしにましたが+なさい,いまきていて,えいえんつづけます+。そして,はか*かぎっています+ 19  あなたがたことと,いまきていることと,これからきることをしるしなさい。 20  あなたがわたしみぎにあるのをた7つのほしと,7つのきんのランプだいかんするしんせいみつは,つぎとおりです。7つのほしは7つのかいしゅう使しゃたちをあらわし,7つのランプだいは7つのかいしゅうあらわしています+

脚注

意味,「明らかにすること」,「覆いを取ること」。
用語集参照。
もしかすると,「神」。
または,「過分の」。
用語集参照。
用語集参照。
付録A5参照。
アルファとオメガは,ギリシャ語のアルファベットの最初の文字と最後の文字。
直訳,「多くの水」。
ギリシャ語,ハデス。用語集参照。

注釈

メディア