哀歌 4:1-22

א [アーレフ] 4  光り輝く純金+がくすんでしまった!聖なる石+がどの街角にも散らばっている+ ב [ベート]   精錬された金のように貴重だったシオンの子たちは,陶芸家が作った土器のつぼのように見なされた! ג [ギメル]   ジャッカルでさえ乳を与えて子を養うのに,私の民*は荒野のダチョウのように+冷酷になった+ ד [ダーレト]   乳児は喉が渇き,舌が上顎にくっつく。子供はパンを欲しがるが+,誰も与えない+ ה [ヘー]   以前ごちそうを食べていた人たちが,飢えて通りに横たわっている+高価な服*を着て育った人たちが+,灰にまみれている。 ו [ワーウ]   私の民*への処罰は,ソドムの罪に対する処罰よりも重い*+ソドムは瞬く間に滅ぼされ,助ける者はいなかった+ ז [ザイン]   彼女*のナジル*+は,雪よりも清く,ミルクよりも白かった。サンゴよりも赤みがかっており,サファイアのようにつやがあった。 ח [ヘート]   今や彼らの見た目はすす*よりも黒く,通りで見分けが付かない。彼らの皮膚はしなびて骨に張り付き+,枯れ木のようになった。 ט [テート]   剣で殺される人の方が,飢え死にする人よりもましだ+作物が不足して,いわば刺し通され,やつれ果てる人よりも。 י [ヨード] 10  思いやり深かった女性たちが,その手で自分の子供を煮た+私の民*が衰弱している時,子供が彼女たちの嘆きの食事となった+ כ [カフ] 11  エホバは憤りを表し,燃える怒りを浴びせた+シオンで火をおこし,それは彼女の土台を焼き尽くす+ ל [ラーメド] 12  地上の王たちも,大地に住む全ての人も,信じなかった。敵たちがエルサレムの門から入ってくることなど+ מ [メーム] 13  そうなったのは,預言者たちの罪と,祭司たちの過ちのため+彼らは都市の中で,正しい人たちの血を流した+ נ [ヌーン] 14  彼らは目が見えないかのように通りをさまよった+血によって汚れており+その服に触れることは誰にも許されない。 ס [サーメク] 15  人々は彼らに向かって叫ぶ。「向こうへ行け! 汚らわしい! 行け! 行け! われわれに触るな!」と。彼らは家もなく,さまよい歩く。異国の人々はこう言った。「彼らをここにとどまらせる*わけにはいかない+ פ [ペー] 16  エホバは彼らを散らしたのであり+もう彼らを好意的に見ることはない。誰も祭司を尊ばず+,長老を敬わない+」。 ע [アイン] 17  私たちは目が疲れ切っている。助けを求めてむなしく目を凝らしたから+ひたすら見張って,待ち続けた。私たちを救うことができなかった国民を+ צ [ツァーデー] 18  敵が私たちの一挙一動をうかがうので+,広場を歩くことができなかった。私たちの終わりは近づいた。人生は終わった。終わりが来たのだ。 ק [コーフ] 19  追ってくる者たちは,空を飛ぶワシよりも速かった+山々の上で私たちを追い,荒野で待ち伏せした。 ר [レーシュ] 20  私たちの命の息吹である,エホバに選ばれた*者が+,彼らの大きな穴の中に捕らわれた+その者について私たちは,「異国の人々の間にいても,彼の陰*の下で生きる」と言っていた。 ש [スィーン] 21  ウツに住むエドム*+,喜び,歓喜せよ。ただし,あなたにも杯が回ってくる+。あなたは酔って,裸をさらすことになる+ ת [ターウ] 22  シオン*よ,あなたの過ちに対する処罰は終わった。あなたが再び捕囚の身になることはない+エドム*よ,神はあなたの過ちに注意を向け,あなたの罪を明らかにする+

脚注

直訳,「民の娘」。
直訳,「緋色」。
直訳,「民の娘」。
または,「私の民の過ちは,ソドムの罪よりも大きい」。
エルサレムのこと。
用語集参照。
直訳,「黒さ」。
直訳,「民の娘」。
または,「外国人としてここに住まわせる」。
直訳,「油を注がれた」。用語集の「油を注ぐ」参照。
または,「保護」。
直訳,「エドムの娘」。
直訳,「シオンの娘」。
直訳,「エドムの娘」。

注釈

メディア