創世記 8:1-22

8  かみは,はこぶねなかにいたノアとせいどうぶつちくめた*+。そしてじょうかぜかせた。するとみずはじめた。  そらいずみてんすいもんはふさがれ,てんからのあめはやんだ*+  みずじょじょいていった。150にちがたったころには,みずすくなくなっていた。  だい7のつきの17にちはこぶねはアララトのさんまった。  そしてだい10のつきになるまでみずつづけた。だい10のつき1日ついたちやまやまいただきあらわれた+  40にち,ノアは,はこぶねつくっておいたまどけた+  そしてワタリガラスをはなった。ワタリガラスは,みずかわくまでそとんでいってはもどってきた。  やがてノアは,ひょうからみずいたかどうかをたしかめるため,ハトをはなった。  ハトは,まるところがどこにもなかったので,ノアのいるはこぶねもどってきた。みずがまだきゅうぜんたいおおっていたのである+。ノアはしてハトをはこぶねなかれた。 10  ノアは7ってから,もういちそのハトをはこぶねからはなった。 11  ハトはゆうがたごろにノアのところかえってきた。ハトはったばかりのオリーブのをくわえていたので,ノアは,みずいたことをった+ 12  さらに7ってからそのハトをはなつと,もうもどってこなかった。 13  ノアが601さいだったとし+だい1のつき1日ついたちみずはすでにはけていた。ノアがはこぶねいち*はずしててみると,めんかわきつつあった。 14  だい2のつきの27にちには,すっかりかわいていた。 15  かみはノアにった。 16  「あなたのつま息子むすこたち,息子むすこたちのつまいっしょはこぶねからなさい+ 17  ものも,どうぶつも,めんうごものも,あらゆるしゅるいものすべてをしなさい+ものたちがみ,えて,じょうひろがるようにするためである+」。 18  ノアは,息子むすこたち+つま息子むすこたちのつまいっしょそとた。 19  あらゆるものめんうごものものじょううごものは,しゅるいごとにはこぶねから+ 20  それからノアはエホバのためにさいだんつく+きよどうぶつきよもの+いくらかをさいだんせ,ぜんしょうささものにした+ 21  エホバはここよい*かおりをはじめた。それでエホバはこころなかでこうった。「わたしと,ひとがしたことをゆうめんわざわいをくだしたりはしない+ひとかんがかたどもときからわるいのである+わたしと,こんかいのようにすべてのきているものをほろぼすことはしない+ 22  こんきゅうから,たねまきとしゅうかくさむさとあつさ,なつふゆひるよるがなくなることはけっしてない+」。

脚注

直訳,「を思い起こした」。
または,「止められた」。
または,「箱船の覆い」。
または,「安らぎの」。

注釈

メディア