創世記 49:1-33

49  ヤコブは息子むすこたちをんで,った。「みんなあつまりなさい。さいにあなたたちにきることがらはなそう。  ヤコブの息子むすこたち,あつまってきなさい。ちちイスラエルのことみみかたむけなさい。  ルベン+,あなたはわたしちょうなん+わたしかつりょくわたしせいしょくりょくはじめにしたもの。ひいでたげんひいでたちからがあった。  だが,くるみずのようにほんぽうなため,ひいでることはない。ちちのベッドにがったからだ+。あのとき,あなたはわたしのベッドをけがした。そこにがったのだ。  シメオンとレビはきょうだい+もちいてぼうりょくるう+  わたしかれらのなかになることがありませんように。わたし*かれらのつどいにくわわりませんように。かれらはいかりにまかせてひところ+うしひざのけんをってたのしんだからだ。  かれらのひどいいかりとはげしいいきどおりは,わざわいをけよ+かれらをヤコブのなからし,イスラエルのなからそう+  ユダ+きょうだいたちはあなたをしょうさんする+。あなたのてきくびさえる+。あなたのちちたちはあなたのまえでひれ+  ユダはライオンの+。ユダ,あなたはかならものところからがる。ライオンのようにをかがめ,ばした。ライオンをだれがあえてこすだろうか。 10  おうしゃくはユダからはなれず+れいかんのつえもあしあいだからはなれない。ついにシロ*+,あらゆるたみかれしたが+ 11  かれはロバをブドウのに,ロバをりっなブドウのにつなぎ,ふくをぶどうしゅで,ふくをブドウのじゅうあらう。 12  かれはぶどうしゅによってあかく,かれはミルクによってしろい。 13  ゼブルン+うみに,ふねまるきし+とおがわはシドンのほう+ 14  イッサカル+ほねぶとなロバ,2つのもつ*あいだせる。 15  かれにとって,やすく,このましい。かれかたげておもにない,きょうせいろうどうふくする。 16  ダン+はイスラエルの1ぞくとしてたみさば+ 17  ダンはみちばたへびみち沿いのつのへびとなれ。うまのかかとをかんでうしろへとすのだ+ 18  エホバ,わたしはあなたからのすくいをつ。 19  ガド+りゃくだつたいおそわれる。だが,かれらのかかとにおそかる+ 20  アシェル+のパン*ゆたかになる。かれおうにふさわしいしょく+ 21  ナフタリ+はすらりとした鹿じかゆうことはな+ 22  ヨセフ+むすえだいずみのそばでむすえだ。そのえだへいえてびる。 23  だが,ゆみひとたちがかれめてねらち,てきいだつづけた+ 24  それでもかれゆみじゅんととのっており+かれつねちからづよくしなやかだった+。それは,ヤコブのきょうりょくもの,イスラエルのいしであるぼくしゃによる。 25  ヨセフはちちかみからものかみはあなたをたすける。ヨセフはぜんのうしゃともにいる。かみはあなたをしゅくふくする。うえてんからのしゅくふくしたふかみからのしゅくふく+,そしてぶさたいしゅくふく 26  あなたのちちしゅくふくえいぞくするやましゅくふくまさり,えいきゅうにあるおかおんけいまさ+しゅくふくはヨセフのあたまに,きょうだいたちのなかからえらされたものあたまのてっぺんにとどまる+ 27  ベニヤミン+はオオカミのようにかみ+あさにはものい,ばんにはうばったものける+」。 28  イスラエルの12ぞくがこれらのひとからまれた。ちちかれらのためにしゅくふくねがもとめたときじょうことがらかたった。一人ひとり一人ひとりにふさわしいしゅくふくだった+ 29  そのヤコブはかれらにめいじた。「わたしせんたちとともよこたわろうとしている+。ヘトじんエフロンのにあるどうくつに,たちといっしょほうむってほしい+ 30  カナンほうのマムレにめんしたマクペラのにあるどうくつだ。アブラハムはそのをヘトじんエフロンからってにした。 31  そこにはアブラハムとつまのサラがほうむられ+,イサクとつまのリベカもほうむられた+わたしもそこにレアをほうむった。 32  そのとそこにあるどうくつはヘトのそんたちからったものだ+」。 33  ヤコブは息子むすこたちにあたえた。そしてベッドのうえあしもどして,いきり,せんたちとともよこたわった+

脚注

もしかすると,「私の心の傾向」。直訳,「私の栄光」。
意味,「それを持つ者」,「それが属する者」。
荷役動物の荷物のこと。
または,「食物」。

注釈

メディア