創世記 44:1-34

44  その,ヨセフはいえかんにんめいじた。「あのひとたちのふくろに,っていけるだけのしょくりょうをいっぱいにれ,かくじんのおかねをそれぞれのふくろくちところれておきなさい+  そしていちばんとししたひとふくろくちには,こくもつだいきんいっしょに,わたしぎんさかずきかなられておきなさい」。かんにんはヨセフのどおりにした。  あさあかるくなってから,いっこうおくられ,ロバをれてしゅっぱつした。  いっこうがまだまちからとおはなれていないときに,ヨセフはいえかんにんった。「いますぐ,あのひとたちのあといなさい。いたなら,こういなさい。『あなたたちはどうして,おんをあだでかえすようなことをしたのか。  あのさかずきは,わたししゅじんときしょうらいうらなとき使つかうものではないか。あなたたちはわるいことをした』」。  かんにんいっこうき,われたことをはなした。  かれらはった。「どうしてそのようなことをおっしゃるのでしょうか。わたしどもはそんなことをするなどかんがえもしません。  ふくろくちところはいっていたおかねをおかえしするため,カナンほうからってきたではありませんか+。それなのに,あなたのごしゅじんさまのいえからぎんきんぬすすことなどありるでしょうか。  わたしたちのなかに,それをっているものつかったなら,そのものなせ,ほかのものはごしゅじんさまのれいにしてください」。 10  かんにんった。「いいでしょう。しかし,っていたひとれいとなります。ほかのひとざいです」。 11  そこでかれらはかくすぐにふくろめんろし,なかけた。 12  かんにんちゅうぶかさがした。いちばんとしうえひとからはじめ,さいいちばんとししたひとだった。するとベニヤミンのふくろなかさかずきつかった+ 13  それでかれらはぶんふくいた。もつふたたびロバにせ,まちかえした。 14  ユダ+きょうだいたちがヨセフのいえはいると,ヨセフはまだそこにいた。かれらはヨセフのまえでひれした+ 15  ヨセフはった。「あなたたちがしたこのことは,いったいどういうことなのか。わたしのようなものせいかくしょうらいうらなえるということをらなかったのか+」。 16  ユダがこたえた。「ごしゅじんさまになにもうげられるでしょう。なにをおはなしできるでしょう。どうやってわたしたちのじつしょうめいできるでしょう。しんかみは,わたしたちのあやまちをつけられました+。これからわたしたちはごしゅじんさまのれいです。わたしたちもさかずきっていたものもです」。 17  ヨセフはった。「そうするつもりはない。さかずきっていたひとだけがわたしれいとなる+。ほかのひとにはなにもしない。ちちおやところかえりなさい」。 18  ユダはヨセフにちかづいて,った。「おねがいです,ごしゅじんさま。どうか,ごしゅじんさまにひとこともうげさせてください。どうかおいかりになりませんように。ごしゅじんさまはファラオのようにちからのあるかたです+ 19  ごしゅじんさまはわたしたちに,『ちちおやおとうとがいるか』とおたずねになりました。 20  それでわたしたちは,『としいたちちと,ちちこうれいになってからまれたいちばんしたおとうとがおります+おなははゆいいつあにんだため+,そのおとうとだけがのこされていて+ちちはそのあいしております』とごしゅじんさまにもうげました。 21  そのしゅじんさまは,『そのものれてきて,わたしがこのたしかめられるようにしなさい』とおっしゃいました+ 22  わたしたちは,『あのおとうとちちのもとをはなれることはできません。もしはなれるようなことがあれば,ちちはきっとんでしまいます』とごしゅじんさまにもうげました+ 23  するとごしゅじんさまは,『いちばんしたおとうといっしょないかぎり,わたしかおることはできない』とおっしゃいました+ 24  それで,わたしたちはちちところって,ごしゅじんさまのことつたえたのです。 25  やがてちちは,『もういちって,しょくりょうすこってきなさい』といました+ 26  わたしたちはいました。『くことはできません。いちばんしたおとうといっしょならきます。いっしょでなければ,あのかたかおることはできないのです+』。 27  ちちいました。『あなたたちもよくっているとおり,わたしつまんだ2人ふたりだけだった+ 28  それなのに,1人ひとりわたしのもとからいなくなった。わたしは,「あのはきっとかれたのだ!」とった+らいずっと,あのていない。 29  このまでわたしまえかられていかれ,このにもしものことがあれば,しらわたしはあなたたちのせいでくるしみながらはか*+はいることになる+』。 30  それで,もしこのおとうとれずにちちところもどるなら,ちちおとうとぶんのことのようにあいしていますので, 31  おとうとがいないのをてすぐにんでしまうでしょう。しらちちわたしたちのせいでかなしみながらはか*はいることになるのです。 32  わたしちちに,おとうとについてはわたしせきにんうともう,『もしおとうとれてかえらなければ,わたしいっしょうちちたいするつみいます』といました+ 33  ですから,どうか,おとうとわりにわたしがごしゅじんさまのれいとしてのこり,おとうとあにたちといっしょかえれるようにしていただけないでしょうか。 34  おとうとれずにちちところかえることなど,どうしてできるでしょうか。ちちくるしむ姿すがたるにえません」。

脚注

ヘブライ語,シェオル。用語集参照。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。

注釈

メディア