創世記 41:1-57

41  丸2年がたった頃,ファラオは夢を見た+。夢の中で,ファラオはナイル川の近くに立っていた。  するとその川から,肉付きの良い美しい7頭の雌牛が上がってきて,川のそばで草を食べた+  その後,痩せ細った醜い7頭の雌牛がナイル川から上がってきて,川岸にいる肉付きの良い雌牛の横に立った。  それから,痩せ細った醜い雌牛が,肉付きの良い美しい7頭の雌牛を食い尽くしていった。ここでファラオは目が覚めた。  ファラオは再び眠り,別の夢を見た。穀物の1本の茎から,実の詰まった立派な穂が7つ出ていた+  その後,東からの熱風で干からびた細い穂が7つ出てきた。  それから,その細い穂が,実の詰まった7つの立派な穂をのみ込んでいった。ここでファラオは目が覚め,夢だと気付いた。  朝になり,胸騒ぎがしたファラオは,人を使ってエジプト中の魔術師と賢者を呼び集めた。そして,見た夢について話した。しかし,誰一人として,ファラオに夢の意味を解き明かすことはできなかった。  そこで献酌人の長がファラオに話した。「ここに,私の罪を打ち明けます。 10  ファラオは,家来のことでお怒りになりました。私と料理人の長のことです。それで私たちは,護衛官の長の家にある牢獄に入れられました+ 11  その後,同じ夜に私たちはそれぞれ夢を見ました。どちらも意味が込められた夢でした+ 12  そこには,護衛官の長の召し使いであるヘブライ人の若者がいました+。夢について彼に話すと+,それぞれの意味を解き明かしてくれました。 13  そして彼が言った通りになりました。私は元の立場に戻り,もう1人は杭に掛けられました+」。 14  ファラオは,ヨセフを牢獄*からすぐに連れてこさせた+。ヨセフは毛をそって服を着替え,ファラオの所に入った。 15  ファラオはヨセフに言った。「私は夢を見たのだが,その意味を解き明かせる人がいない。聞くところによると,おまえは夢を聞いて意味を解き明かせるそうだな+」。 16  ヨセフはファラオに答えた。「私ではありません。神がファラオの繁栄についてお告げになります+」。 17  ファラオはヨセフに話した。「夢の中で,私はナイル川の岸に立っていた。 18  するとナイル川から,肉付きの良い美しい7頭の雌牛が上がってきて,川のそばで草を食べ始めた+ 19  その後,貧弱で痩せ細った,みすぼらしい7頭の雌牛が上がってきた。エジプト中で,あれほどみすぼらしい雌牛はこれまで見たことがない。 20  それから,その痩せこけたみすぼらしい雌牛が,肉付きの良い初めの7頭の雌牛を食い尽くした。 21  全部を平らげたにもかかわらず,見た目からはそうとは全く分からなかった。元のまま,みすぼらしかったからだ。そこで私は目が覚めた。 22  そして,また夢を見た。穀物の1本の茎から,実の詰まった立派な穂が7つ出ていた+ 23  その後,東からの熱風で干からび,しなびた細い穂が7つ出てきた。 24  それから,その細い穂が7つの立派な穂をのみ込んでいった。私は魔術師たちにこのことを話したが+,誰も意味を説明できなかった+」。 25  するとヨセフはファラオに言った。「ファラオがご覧になった夢は,どちらにも同じ意味があります。真の神が,行おうとしていることをファラオにお告げになったのです+ 26  7頭の立派な雌牛は7年のことです。7つの立派な穂も7年のことです。2つの夢には同じ意味があります。 27  後から上がってきた,痩せこけたみすぼらしい7頭の雌牛は7年のことで,東からの熱風で干からびた,空の7つの穂は7年の飢饉のことです。 28  私がファラオに申し上げた通り,真の神が,行おうとしていることをファラオにお示しになったのです。 29  これから7年の間,エジプト中で大豊作になります。 30  しかし,その後の7年は必ず飢饉になります。大豊作のことは忘れ去られ,飢饉がエジプトを襲います+ 31  以前の豊作を思い出せないほどの非常に厳しい飢饉です。 32  ファラオが夢を2度ご覧になったのは,真の神がこのことをしっかりお定めになったからです。真の神は速やかに事を運ばれます。 33  それで今すぐ,思慮深くて賢い人をお探しになり,その人にエジプト全土を管理させるのがよいかと思います。 34  そして,ぜひとも監督たちを任命なさってください。7年の豊作の間,エジプトの収穫量の5分の1を集めるためです+ 35  これから来る豊年の間,監督たちに穀物を集めさせ,町々で確実に備蓄させてください。それらの穀物は,ファラオの権限の下に置かれます+ 36  その穀物があれば,エジプトで生じる7年の飢饉の間,食糧を供給でき,国は滅亡せずに済むでしょう+」。 37  ファラオと家来たち皆は,この提案を良いと思った。 38  ファラオは家来たちに言った。「神の力が働いているこのような人がほかにいるだろうか」。 39  そしてヨセフに言った。「神がこうしたこと全てをあなたに知らせたのだから,あなたほど思慮深くて賢い人はいない。 40  あなたに私の家を管理させよう。私の民は皆,あなたに服従することになる+。王である私だけが*あなたの上に立つ」。 41  ファラオはさらに言った。「ここに,私はあなたをエジプト全土の管理官とする+」。 42  そうしてファラオは認印指輪を自分の指*から外してヨセフの指にはめ,ヨセフに上等の亜麻布の服を着せ,金の首飾りを掛けさせた。 43  それから,自分が持つ2番目に良い兵車に乗らせた。ヨセフの前を行く人たちは「アブレーク*!」と叫ぶのだった。こうしてファラオはヨセフをエジプト全土の管理官にした。 44  ファラオはヨセフに言った。「ファラオは私だが,あなたの認可なしでは,エジプト全土の誰であれ,何一つ行えない*+」。 45  その後ファラオはヨセフに,ザフナテ・パネアという名前を与え,オン*の祭司ポティフェラの娘アセナト+を妻として与えた。こうしてヨセフはエジプト全土を監督する*ことになった+ 46  エジプトの王ファラオの前に立った*時,30歳+だった。 ヨセフはファラオの前から出て,エジプト全土を回った。 47  7年の豊作の間,収穫は非常に多かった。 48  ヨセフは7年間,エジプト全土で穀物を集め,町々に備蓄した。周囲の畑で取れた穀物を各町に保管したのである。 49  ヨセフは,膨大な量の穀物を備蓄していった。それは海の砂のように多くなり,量り切れなくなったので,やがて量られることはなくなった。 50  飢饉の年が来る前に,ヨセフに息子が2人生まれた+。オン*の祭司ポティフェラの娘アセナトが産んだのである。 51  ヨセフは長男をマナセ*+と名付けた。ヨセフが言うには,「神が,私の苦労と父の家族のことを全て忘れさせてくださった」からだった。 52  そして2人目の子をエフライム*+と名付けた。ヨセフが言うには,「神が,私の苦難の土地で子供たちが生まれるようにしてくださった+」からだった。 53  エジプトで続いた7年間の豊作は終わり+ 54  ヨセフが言った通り,7年間の飢饉が始まった+。飢饉はあらゆる国を襲ったものの,エジプト全土には食糧*があった+ 55  しかし,やがてエジプト各地で人々が飢饉に苦しむようになり,ファラオにパンを求めて叫び声を上げた+。ファラオはエジプト人全てに言った。「ヨセフの所に行って指示に従いなさい+」。 56  地上全域で飢饉が続いた+。飢饉はエジプトでも猛威を振るったため,ヨセフは町々にあった全ての穀物倉庫を開け,エジプト人に売り始めた+ 57  他のあらゆる国の人々も,ヨセフから穀物を買うためにエジプトにやって来た。飢饉は地上全域で猛威を振るっていたのである+

脚注

直訳,「水ため」。
または,「王座に関してだけ私が」。
直訳,「手」。
敬意を表するよう呼び掛ける言葉と思われる。
直訳,「手や足を上げられない」。
ヘリオポリスのこと。
または,「回る」。
または,「ファラオに仕え始めた」。
ヘリオポリスのこと。
意味,「忘れやすくさせる者」,「忘れさせる者」。
意味,「2倍生む」。
直訳,「パン」。

注釈

メディア