創世記 4:1-26

4  さて,アダムはつまエバとかんけいち,エバはにんしんした+。エバはカイン+み,「わたしはエホバのたすけでおとこんだ」とった。  その,エバはふたたんだ。カインのおとうとアベル+である。 アベルはひつじいとなり,カインはこうさくにんとなった。  しばらくあとのこと,カインはからさんぶついくらかを,エホバにささげるためにってきた。  いっぽう,アベルはひつじはつなんびきかをぼうぶんふくめてってきた+。エホバはアベルとそのささものこうてきたが+  カインとそのささものこうてきにはなかった。するとカインははげしくいかり,ふさぎんだ。  それでエホバはカインにった。「どうしてそんなにいかって,ふさぎんでいるのか。  いことをおこなうようになれば,こうられるのではないか。しかし,いことをおこなうようにならなければ,ぐちかまえているつみがあなたをらえようとする。あなたはそれをしとどめるだろうか」。  そのカインはおとうとアベルに,「はらこう」とった。そして2人ふたりはらにいるときに,おとうとおそかってころした+  エホバはカインにった。「あなたのおとうとアベルはどこにいるのか」。カインはった。「りません。わたしおとうとばんなのでしょうか」。 10  かみった。「あなたはなにをしたのか。きなさい! あなたのおとうとめんからわたしかってさけんでいる+ 11  めんはあなたがころしたおとうとんだ*いま,あなたはわざわいをこうむり,このからついほうされる+ 12  あなたはめんたがやしても,さんぶつ*おもうようにられない。じょうをさまよい,ほうろうする」。 13  カインはエホバにった。「わたしあやまちにたいするしょばつはあまりにもおもくて,えられません。 14  今日きょうわたしはあなたによってこのからされます。あなたにまもられることはもうありません。わたしじょうをさまよい,ほうろうし,だれかにつかったならかならころされるでしょう」。 15  エホバはカインにった。「そうであれば,カインをころひとは7ばいふくしゅうけることにしよう」。 それでエホバはカインのために1つのしるし*つくり,カインがだれかにつけられてもころされることがないようにした。 16  こうしてカインはエホバのまえからはなれ,エデンのとうほう+とうぼう*いた。 17  その,カインはつまかんけい+つまにんしんしてエノクをんだ。カインはまちけんせつかり,そのまち息子むすこけてエノクとんだ。 18  エノクにはイラドがまれた。イラドにはメフヤエルがまれ,メフヤエルにはメトシャエルがまれ,メトシャエルにはレメクがまれた。 19  レメクは2人ふたりじょせいけっこんした。1人ひとりはアダといい,2人ふたりはチラといった。 20  アダはヤバルをんだ。ヤバルは,ちくてんまくせいかつさいしょはじめたひとだった。 21  ヤバルのきょうだいはユバルといった。ユバルは,たてごとふええんそうさいしょはじめたひとだった。 22  いっぽう,チラはトバル・カインをんだ。トバル・カインは,どうてつのさまざまなどうつくだった。かれまいはナアマといった。 23  さて,レメクはつまのアダとチラにつぎつくってかせた。 「レメクのつまたち,わたしこえけ。わたしことみみかたむけよ。わたしひところした。わたしきずつけたからだ。わかものころした。わたしなぐったからだ。 24  カインをころすと7ばいふくしゅうけるなら+レメクについては77ばい」。 25  アダムはふたたつまかんけいち,つまおとこんだ。かのじょはそのをセツ*+けた。かのじょうには,「カインがアベルをころしたので+かみわりにべつそんあたえて*くださった」からだった。 26  セツにも息子むすこまれ,セツはそのをエノシュ+けた。そのころひとびとはエホバのはじめた。

脚注

直訳,「口を開いて受けた」。
直訳,「力」。
何らかの禁令のことと思われる。
または,「ノドの地」。
意味,「立てられた」,「置かれた」,「据えられた」。
または,「立てて」。

注釈

メディア