創世記 39:1-23

39  イシュマエル人+はヨセフをエジプトに連れてきた+。ヨセフは,ファラオの廷臣で護衛官の長であるエジプト人ポテパル+に買い取られた。  それでもエホバがヨセフと共にいた+。そのためヨセフは成功を収め,エジプト人の主人の家での務めを与えられた。  主人は,エホバがヨセフと共にいて,エホバがヨセフのすること全てを成功させている,と感じた。  ヨセフはその後も主人に気に入られ,主人のそばで仕えることになった。主人はヨセフに家の管理を任せ,自分のもの全てを委ねた。  その時から,エホバはヨセフのゆえにそのエジプト人の家を祝福し続けた。家でも戸外でも,主人のもの全てにエホバの祝福があった+  主人は,持っているあらゆるものをヨセフに任せたので,自分が食べる物のことだけを考えていればよかった。しかもヨセフは,りりしい顔立ちの,たくましい人になっていた。  こうしたことの後,主人の妻がヨセフに目を留め,「私と寝て」と言うようになった。  しかしヨセフは拒み,主人の妻に言った。「ご主人さまは,家の中のことを私に任せ,全く心配しておられません。全てのものを私に委ねてくださっています。  この家に私の上に立つ人はいません。ご主人さまが私に下さらないものはありません。でもあなたは別です。奥さまだからです。そのような非常に悪いことをして,神に対して罪を犯すことなど,どうしてできるでしょうか+」。 10  彼女は毎日言い寄ったが,ヨセフは彼女のそばで横になることも一緒に居続けることも決してなかった。 11  ある日のこと,ヨセフは仕事のため家に入った。その時,家の中には召し使いが誰もいなかった。 12  すると彼女はヨセフの服をつかんで,「私と寝て!」と言った。ヨセフは,服を残したまま外に逃げた。 13  彼女は,ヨセフが服を残したまま外に逃げていったのを見ると, 14  叫んで家の人たちを呼び,こう言った。「主人があんなヘブライ人の男を連れてくるなんて。あの男は私たちを笑いものにしようとしているのよ。入ってきて私と寝ようとしたから,大声で叫んだの。 15  叫び声を聞いたら,服を残したまますぐ逃げていったわ」。 16  そうして彼女は,主人が家に戻ってくるまで,ヨセフの服をそばに置いておいた。 17  彼女は主人に同じことを話した。「あなたが連れてきたあのヘブライ人の召し使いが,私の所に入ってきて,私を笑いものにしようとしたのよ。 18  でも,私が大声で叫んだから,服を残したまますぐ逃げていったわ」。 19  主人は,妻が「あなたの召し使いにこんなことをされた」と話すのを聞いて,怒りに燃えた。 20  それで主人はヨセフを捕らえて牢獄に入れた。そこは王が囚人たちを収容しておく所で,ヨセフはその牢獄にずっと入れられた+ 21  それでも,エホバが引き続きヨセフと共にいて,揺るぎない愛を示したので,ヨセフは牢獄の長に気に入られるようになった+ 22  長は,牢獄内の囚人全員をヨセフに監督させた。囚人たちが行うことは全てヨセフが指示した+ 23  ヨセフに任せておけば,牢獄の長は安心だった。エホバがヨセフと共にいて,エホバがヨセフのすること全てを成功させていたからである+

脚注

注釈

メディア