創世記 35:1-29

35  そのかみはヤコブにった。「ってベテル+き,そこにみなさい。そして,あなたがあにエサウからげていたとき+あなたにあらわれたしんかみのため,そこにさいだんつくりなさい」。  そこでヤコブは,いえひとたちやともにいるひとすべてにった。「がいこくかみがみぐうぞうをあなたたちのなかからのぞ+きよめ,ふくえなさい。  ってベテルにきましょう。わたしはそこでしんかみのためにさいだんつくります。かみは,わたしくるしいときこたえてくださり,わたしがどこにときともにいてくださったのです+」。  それでかれらは,っていたがいこくかみがみぐうぞうぜんと,けていたみみかざりをヤコブにわたした。ヤコブは,シェケムのそばにあったたいぼくしたにそれらをめた。  たびどうちゅうかみしゅうへんまちきょうおとしいれたため,ヤコブの息子むすこたちがひとびとついせきされることはなかった。  ヤコブのいっこうはやがて,カナンほうのルズ+つまりベテルにいた。  ヤコブはそこにさいだんつくり,そのしょをエル・ベテル*んだ。ぜんかれあにからげていたとき,そこでしんかみかれ姿すがたせたからだった+  そのリベカの乳母うばデボラ+に,ベテルのふもとにあるきょぼく*したほうむられた。それでそのはアッロン・バクト*けられた。  かみふたたび,パダン・アラムからかえちゅうのヤコブにあらわれ,ヤコブをしゅくふくした。 10  かみかれった。「あなたのまえはヤコブ+だが,もうヤコブではなくなる。イスラエルがあなたのまえになる」。こうしてかみかれをイスラエルとぶようになった+ 11  かみはさらにった。「わたしぜんのうかみである+んで,えなさい。あなたからいくつものこくみん*おおくのこくみんまれ+,あなたのそん*からおうたちが+ 12  わたしがアブラハムとイサクにあたえたをあなたにあたえる。そしてそのをあなたのそん*あたえる+」。 13  それからかみは,かれはなしたしょはなれ,のぼっていった。 14  ヤコブはかみはなしたしょねんてた。それはいしねんで,ヤコブはそれにものささものそそぎ,あぶらそそいだ+ 15  そして,かみはなしたそのしょをそのもベテル+んだ。 16  それからいっこうはベテルをしゅっぱつした。エフラトまでまだきょがあるしょで,ラケルがさんづいてしゅっさんはじめたが,ひどいなんざんだった。 17  かのじょくるしんでいると,じょさんかのじょった。「がんってください。こんおとこです+」。 18  ラケルはいきろうとするとき,そのをベン・オニ*けた。しかしちちはそのをベニヤミン*+んだ。 19  こうしてラケルはに,エフラトつまりベツレヘム+かうみちのそばでほうむられた。 20  ヤコブはラケルのはかうえおおきないしいた。それが,いまもあるラケルのはかいしである。 21  そのイスラエルはそこをしゅっぱつし,エデルのとうすこぎたあたりでてんまくった。 22  イスラエルがそこにたいざいしていたとき,ルベンはちちのそばめビルハのところってビルハとた。イスラエルはそのことについていた+ ヤコブの息子むすこは12にんだった。 23  レアとのあいだにできたは,ヤコブのちょうなんルベン+,シメオン,レビ,ユダ,イッサカル,ゼブルン。 24  ラケルとのあいだにできたは,ヨセフとベニヤミン。 25  ラケルの使つかいビルハとのあいだにできたは,ダンとナフタリ。 26  レアの使つかいジルパとのあいだにできたは,ガドとアシェル。これらのひとたちが,パダン・アラムでまれた,ヤコブの息子むすこである。 27  ついにヤコブは,マムレにいるちちイサクのところいた+。そこは,キルヤト・アルバつまりヘブロンにあり,アブラハムもイサクもがいこくじんとしてんでいたしょである+ 28  イサクは180さいまできた+ 29  イサクはいきり,せんたちとともよこたわった。じゅうじつしたながじんせいだった。息子むすこのエサウとヤコブがほうむった+

脚注

意味,「ベテルの神」。
ブナ科の木と思われる。
意味,「泣き悲しみの巨木」。
または,「部族」。
直訳,「腰」。
直訳,「種」。
意味,「私の嘆きの子」。
意味,「右手の子」。

注釈

メディア