創世記 35:1-29

35  その後,神はヤコブに言った。「立ってベテル+に行き,そこに住みなさい。そして,あなたが兄エサウから逃げていた時に+あなたに現れた真の神のため,そこに祭壇を作りなさい」。  そこでヤコブは,家の人たちや共にいる人全てに言った。「外国の神々の偶像をあなたたちの中から除き+,身を清め,服を着替えなさい。  立ってベテルに行きましょう。私はそこで真の神のために祭壇を作ります。神は,私が苦しい時に答えてくださり,私がどこに行く時も共にいてくださったのです+」。  それで彼らは,持っていた外国の神々の偶像全部と,付けていた耳飾りをヤコブに渡した。ヤコブは,シェケムのそばにあった大木の下にそれらを埋めた。  旅の道中,神が周辺の町を恐怖に陥れたため,ヤコブの息子たちが人々に追跡されることはなかった。  ヤコブの一行はやがて,カナン地方のルズ+つまりベテルに着いた。  ヤコブはそこに祭壇を作り,その場所をエル・ベテル*と呼んだ。以前,彼が兄から逃げていた時,そこで真の神が彼に姿を見せたからだった+  その後リベカの乳母デボラ+が死に,ベテルの麓にある巨木*の下に葬られた。それでその木はアッロン・バクト*と名付けられた。  神は再び,パダン・アラムから帰る途中のヤコブに現れ,ヤコブを祝福した。 10  神は彼に言った。「あなたの名前はヤコブ+だが,もうヤコブではなくなる。イスラエルがあなたの名前になる」。こうして神は彼をイスラエルと呼ぶようになった+ 11  神はさらに言った。「私は全能の神である+。子を生んで,増えなさい。あなたから幾つもの国民*,多くの国民が生まれ+,あなたの子孫*から王たちが出る+ 12  私がアブラハムとイサクに与えた土地をあなたに与える。そしてその土地をあなたの子孫*に与える+」。 13  それから神は,彼と話した場所を離れ,昇っていった。 14  ヤコブは神と話した場所に記念碑を立てた。それは石の記念碑で,ヤコブはそれに飲み物の捧げ物を注ぎ,油も注いだ+ 15  そして,神と話したその場所をその後もベテル+と呼んだ。 16  それから一行はベテルを出発した。エフラトまでまだ距離がある場所で,ラケルが産気づいて出産し始めたが,ひどい難産だった。 17  彼女が苦しんでいると,助産婦が彼女に言った。「頑張ってください。今度も男の子です+」。 18  ラケルは息を引き取ろうとする時,その子をベン・オニ*と名付けた。しかし父はその子をベニヤミン*+と呼んだ。 19  こうしてラケルは死に,エフラトつまりベツレヘム+に向かう道のそばで葬られた。 20  ヤコブはラケルの墓の上に大きな石を置いた。それが,今もあるラケルの墓の石である。 21  その後イスラエルはそこを出発し,エデルの塔を少し過ぎた辺りで天幕を張った。 22  イスラエルがそこに滞在していた時,ルベンは父のそばめビルハの所に行ってビルハと寝た。イスラエルはそのことについて聞いた+ ヤコブの息子は12人だった。 23  レアとの間にできた子は,ヤコブの長男ルベン+,シメオン,レビ,ユダ,イッサカル,ゼブルン。 24  ラケルとの間にできた子は,ヨセフとベニヤミン。 25  ラケルの召し使いビルハとの間にできた子は,ダンとナフタリ。 26  レアの召し使いジルパとの間にできた子は,ガドとアシェル。これらの人たちが,パダン・アラムで生まれた,ヤコブの息子である。 27  ついにヤコブは,マムレにいる父イサクの所に着いた+。そこは,キルヤト・アルバつまりヘブロンにあり,アブラハムもイサクも外国人として住んでいた場所である+ 28  イサクは180歳まで生きた+ 29  イサクは息を引き取り,先祖たちと共に横たわった。充実した長い人生だった。息子のエサウとヤコブが葬った+

脚注

意味,「ベテルの神」。
ブナ科の木と思われる。
意味,「泣き悲しみの巨木」。
または,「部族」。
直訳,「腰」。
直訳,「種」。
意味,「私の嘆きの子」。
意味,「右手の子」。

注釈

メディア