創世記 33:1-20

33  ヤコブが目を上げると,エサウが400人の人たちと一緒に来るのが見えた+。そこでヤコブは,レアとラケルと召し使いの女性2人に,それぞれの子供たちを託した+  前方に召し使いの女性たちとその子供たちを+,その後ろにレアとその子供たちを+,その後ろにラケル+とヨセフを配置した。  そしてヤコブ自身は先頭に立って進み,自分の兄に近づくまでに7回ひれ伏した。  するとエサウはヤコブに走り寄り,抱き締めて口づけした。2人は泣きだした。  エサウは女性や子供たちの方を見ると,こう言った。「あなたと一緒にいるこの人たちは誰ですか」。ヤコブは言った。「神が私に授けてくださった子供たちでございます+」。  その時,召し使いの女性たちが子供たちと一緒に前に出てきて,ひれ伏した。  そして,レアも子供たちと一緒に前に出てきて,ひれ伏した。それから,ヨセフがラケルと一緒に前に出てきて,ひれ伏した+  エサウは言った。「どうして私の所に,人と家畜の群れを来させたのですか+」。ヤコブは答えた。「お兄さまの好意を得たいと思ったからです+」。  エサウは言った。「弟よ,私は非常にたくさんの物を持っています+。だから,あなたの物はそのままにしておきなさい」。 10  ヤコブは言った。「いいえ,お願いです。もし私のことを良く思ってくださっているのでしたら,あなたの顔を見るために持ってきたこの贈り物を,私の手からぜひ受け取ってください。あなたの顔を見た時,神の顔を見ているようでした。私のことを喜んで迎えてくださったからです+ 11  心を込めた贈り物をお持ちしました。どうか受け取ってください+。神が恵みを与えてくださり,私は必要な物を全て持っています+」。ヤコブがしきりに勧めたので,エサウは贈り物を受け取った。 12  その後エサウは言った。「さあ出発しましょう。私があなたの先を行きます」。 13  ヤコブは言った。「お気付きのことと思いますが,子供たちは体力がなく+,私が世話している羊や牛は子に乳を飲ませています。1日であってもあまり速く進むと,群れは死に絶えてしまうことでしょう。 14  どうぞ,お兄さま,ぜひ先に進んでいってください。私の方は,家畜と子供たちに合わせてゆっくり旅を続け,セイル+のお兄さまの所に参ります」。 15  エサウは言った。「よければ,私と一緒にいる何人かをあなたの所に残しましょう」。ヤコブは言った。「そうしていただくには及びません。お兄さまの好意を得られるだけで十分です」。 16  それでエサウはその日,セイルに向けて帰っていった。 17  ヤコブはスコト+に行き,自分の家と家畜小屋を造った。それでヤコブはその場所をスコト*と名付けた。 18  パダン・アラム+から旅をしてきたヤコブは,カナン地方+のシェケム+という町に無事に着いた。そしてその町の近くに宿営を張った。 19  ヤコブは,シェケムの父ハモルの子たちに100枚のお金を払い+,天幕を張った土地の一画を取得した。 20  そしてそこに祭壇を作った。ヤコブはその祭壇を「神はイスラエルの神である」と呼んだ+

脚注

意味,「仮小屋」,「小屋」。

注釈

メディア