創世記 32:1-32

32  ヤコブはたびつづけ,やがてかみてん使たちにった。  てん使たちをると,ヤコブは「ここはかみ宿しゅくえいだ!」とった。それでそのしょをマハナイム*けた。  そのヤコブは,セイルほう+,エドムのりょう+にいるあにエサウのところまえもって使しゃたちをつかわすことにした。  ヤコブはかれらにこうめいじた。「エサウにこうつたえなさい。『ヤコブはこのようにもうしております。「わたしはこれまでラバンのところにずっとんで*きて+  うし,ロバ,ひつじだんじょ使つかいをつようになりました+。そのことをおらせして,おにいさまのこうたいとおもっています」』」。  やがて使しゃたちはヤコブのところもどってきて,こうった。「おにいさまのエサウにいました。あなたにおうとしてこちらにかっています。400にんひとたちがいっしょです+」。  ヤコブはじょうこわくなり,あんになった+。それで,ともにいるひとたち,ひつじうし,ラクダを2つの宿しゅくえいけた。  そしてこうった。「1つの宿しゅくえいがエサウにこうげきされても,もう1つの宿しゅくえいたすかるだろう」。  それからヤコブはこういのった。「わたしアブラハムのかみちちイサクのかみ,エホバ,あなたはわたしに,『あなたのに,あなたのしんぞくところかえりなさい。あなたにいことがあるようにする』とっておられます+ 10  あなたはわたしのようなものるぎないあいしめし,ささつづけてくださいました+わたしがヨルダンがわわたったときにはつえしかっていませんでしたが,いまでは宿しゅくえいが2つになりました+ 11  おねがいです+あにエサウのからわたしすくしてください。かれがやってわたしじょせいどもたちもおそうのではないか,とおそれています+ 12  あなたは,『わたしかならずあなたにいことがあるようにする。あなたのそんを,かぞれないうみすなのようにおおくする』とわれました+」。 13  ヤコブはそこでよるごした。そして,ぶんちくなかからあにエサウへのおくものえらんだ+ 14  ヤギ200ぴきヤギ20ぴきひつじ200ぴきひつじ20ぴき 15  ちちませているラクダ30とううし40とううし10とうロバ20とうロバ10とうである+ 16  ヤコブはそれらをれごとに使つかいたちにたくし,こうった。「わたしよりさきわたりなさい。れとれとのあいだきょきなさい」。 17  さらに,せんとうひとにこうめいじた。「わたしあにエサウがあなたとい,『しゅじんだれか,あなたはどこへくのか,まえちくだれのものか』とたずねてきたなら, 18  こういなさい。『しゅじんはヤコブでございます。これはエサウさまへのおくものです+。ヤコブもあとからまいります』」。 19  ヤコブはまた,2ばんひと,3ばんひとちくれのあとひとすべてにこうめいじた。「あなたたちも,エサウにったならおなじことをはなしなさい。 20  そして,『ヤコブはあとからまいります』といなさい」。ヤコブは,「おくものさきおくってなだめれば+わたしったときやさしくむかえてくれるかもしれない」とおもったのである。 21  使つかいたちはおくものってさきわたっていった。いっぽうヤコブは宿しゅくえいよるごした。 22  そのよる,ヤコブはきて,つま2人ふたり+使つかいのじょせい2人ふたり+息子むすこ11にんれ,ヤボクのあさわたった+ 23  ぞくかわ*こうにれていき,ほかのものすべてをはこんだのである。 24  そのヤコブは1人ひとりのこった。すると,あるひとあらわれてヤコブといをはじめ,それはけまでつづいた+ 25  そのひとゆうてなかったので,ヤコブのかんせつれた。そのため,っているさいちゅうにそのかんせつはずれた+ 26  そのひとった。「もうきます。けますから」。ヤコブはった。「わたししゅくふくしてくださるまでははなしません+」。 27  それでそのひとは,「あなたのまえなんですか」とった。ヤコブはこたえた。「ヤコブです」。 28  そのひとった。「あなたのまえはもうヤコブではなく,イスラエル*となります+。あなたはかみと,またひとたたかって+ゆうったからです」。 29  ヤコブはたずねた。「あなたのおまえおしえてくださいませんか」。しかしそのひとは,「どうしてわたしまえくのですか+」とこたえた。そうしてヤコブをしゅくふくした。 30  ヤコブはそのしょをペニエル*+けた。かれうには,「かみかおわせたのに,まだきている+」からだった。 31  ペヌエル*ぎると,のぼった。ヤコブはかんせついためていたので,あしきずっていた+ 32  このようなわけで,イスラエルのそんいまも,どうぶつかんせつにあるすじ*べない。いをしたひとがヤコブのかんせつれたからである。

脚注

意味,「2つの宿営」。
または,「外国人として住んで」。
または,「奔流の谷」,「ワジ」。
意味,「神と闘う(神に対して粘り強い)者」もしくは「神は闘う」。
意味,「神の顔」。
または,「ペニエル」。
座骨神経のことと考えられる。

注釈

メディア