創世記 31:1-55

31  やがてヤコブは,ラバンの息子むすこたちがつぎのようにっているのをいた。「ヤコブはちちのものをぜんった。ちちのものからあれほどおおくのざいきずいた+」。  またヤコブは,ラバンのかおいろて,ぶんたいするたいぜんとはちがうとかんじていた+  ついにエホバはヤコブにった。「あなたのたちのに,あなたのしんぞくところかえりなさい+。これからもわたしはあなたとともにいる」。  そこでヤコブはラケルとレアを,ぶんちくれがいるはらせた。  そして2人ふたりった。 わたしたいするあなたたちのおとうさんのたいわってしまいました+。でもわたしちちかみわたしともにいてくださいました+  よくっているとおもいますが,わたしちからくしておとうさんにつかえてきました+  それなのにあのひとわたしをだまそうとして,ほうしゅうを10かいえました。それでもわたしは,かみのおかげでそんがいけることはありませんでした。  あのひとが『ぶちのものをほうしゅうにする』とえば,ぜんたいがぶちのものをみ,『しまのものをほうしゅうにする』とえば,ぜんたいがしまのものをみました+  そのようにしてかみはおとうさんのちくげて,わたしあたえてこられました。 10  ちくはつじょうするころわたしゆめで,こうしているヤギがしまやぶちやはんてんのものであるのをました+ 11  そしてゆめなかで,しんかみてん使が『ヤコブ!』とったので,わたしは『はい』とこたえました。 12  てん使はこうつづけました。『ごらんなさい。こうしているヤギはどれも,しまやぶちやはんてんのものです。わたしは,ラバンがあなたにたいしてしていることをすべてきました+ 13  わたしは,ベテル+であなたにあらわれたしんかみです。あなたはそこでねんあぶらそそ*わたしせいやくしました+。さあ,このほうからて,まれきょうかえりなさい+』」。 14  ラケルとレアはった。「ちちいえには,わたしたちがもらえるざいさんはもうなにもありません。 15  ちちわたしたちをり,そのおかね使つかたしたのですから,ちちわたしたちをよそもののようにているのではないでしょうか+ 16  かみちちからげたとみぜんわたしたちとどもたちのものです+。ですから,すべかみからわれたとおりにしてください+」。 17  そこでヤコブはどもつまたちをラクダにせた+ 18  そして,パダン・アラムでやしたすべてのちくざいさんとも+,カナンほうちちイサクのところけてしゅっぱつした+ 19  ラバンのほうは,ひつじりにっていた。ラケルはそのかんに,ちちのもの+であるテラフィムぞう*+ぬすしていた。 20  ヤコブは,ろうとしていることをアラムじんラバンにわず,ひそかにていった。 21  そしてぞくぜんしょゆうぶつともに,げていってかわ*+わたった。それからギレアデ+さんかった。 22  3になって,ラバンはヤコブがげたことをいた。 23  そこでラバンはぶんきょうだいたち*れてあとっていった。7に,ギレアデのさんでヤコブにいた。 24  そのよるかみゆめなか+でアラムじん+ラバンのところて,こうった。「ヤコブをこまらせるようなことはわないよう,けなさい+」。 25  ヤコブはギレアデのさんてんまくり,ラバンときょうだいたちもそのさん宿しゅくえいっていた。ラバンはヤコブのところき, 26  こうった。「なんということをしてくれたのですか。どうしてわたしだまって,むすめたちをりょのようにしてったのですか。 27  どうしてなにわずにこっそりげていったのですか。ってくれれば,タンバリンとたてごとわせてうたって,あなたをこころよおくしたのに。 28  あなたは,わたしまごむすめたちにくちづけさえさせてくれませんでした。あなたはおろかなことをしました。 29  わたしはあなたたちにがいくわえることもできますが,さくあなたたちのかみからこうわれました。『ヤコブをこまらせるようなことはわないよう,けなさい+』。 30  あなたはちちいえかえることをねがってていきました。それなのに,どうしてわたしかみぬすんだのですか+」。 31  ヤコブはラバンにこたえた。「あなたがむすめたちをわたしからちからずくでうばうのではないかとおもい,おそれたのです。 32  あなたのかみっているひとをあなたがつけたなら,そのひとはもうきてはいられません。きょうだいたちのまえわたしもの調しらべ,あなたのものがあればってください」。ヤコブは,ラケルがラバンのかみぬすんでいたことをらなかったのである。 33  ラバンは,ヤコブのてんまく,レアのてんまくおんなれい2人ふたりてんまくはいったが+つけられなかった。ラバンはレアのてんまくてからラケルのてんまくはいった。 34  いっぽう,ラケルはまえもってテラフィムぞうり,ラクダにけるじょせいようのくらかごなかれておき,そのうえすわっていた。それで,ラバンがてんまくじゅうさがまわってもつからなかった。 35  そのときラケルはちちった。「おいかりにならないでください。わたしつきのものがているため,おとうさまのまえつことができないのです+」。ラバンはちゅうぶかさがしたが,テラフィムぞう+つからなかった。 36  それでヤコブはおこってラバンをめるようになり,ラバンにこうった。「わたしにどんなあやまちがあるのですか。わたしがどんなつみおかしたというので,わたしあとはげしくってきたのですか。 37  あなたはわたしものぜん調しらべました。あなたのいえものなにかありましたか。それをここに,わたしきょうだいたちとあなたのきょうだいたちのまえしてください。あなたとわたしのどちらがただしいのかをめてもらいましょう。 38  わたしがあなたのところごしてきたこの20ねんあいだ,あなたのひつじとヤギがりゅうざんしたことはありませんでした+わたしがあなたのれのひつじべたこともありません。 39  わたしは,じゅうかれたちくをあなたのところっていくことはせず+ぶんでそのそんしついました。ちくひるぬすまれてもよるぬすまれても,あなたはわたしべんしょうもとめました。 40  わたしは,ひるあつさとよるさむさにくるしめられ,ねむることさえできませんでした+ 41  わたしはあなたのところで20ねんかんごしてきました。あなたの2人ふたりむすめのために14ねん,あなたのちくのために6ねんはたらいたのです。しかも,あなたはほうしゅうを10かいえました+ 42  もしわたしかみ+,アブラハムのかみでイサクがおそれるかた+が,わたしがわにいてくださらなかったなら,あなたはわたしなにたせずにらせたでしょう。かみは,わたしのうろうて,さくあなたをいましめられました+」。 43  ラバンはヤコブにこたえた。「むすめわたしむすめどもわたしどもちくわたしちくです。あなたがているものはぜんわたしわたしむすめたちのものです。むすめむすめんだどもたいして,わたしわるいことをおこなえるでしょうか。 44  さあ,あなたとわたしあいだけいやくむすびましょう。それがあなたとわたしあいだしょうにんとなります」。 45  そこでヤコブはいしを1つり,ねんとしててた+ 46  それからきょうだいたちに,「いしひろってきてください!」とった。きょうだいたちはいしひろい,んでやまにした。そしていちどうはそのやまところしょくをした。 47  ラバンはそのやまをエガル・サハドタ*び,ヤコブはガルエド*んだ。 48  ラバンはった。「今日きょう,このいしやまは,わたしとあなたのあいだしょうにんです」。それでそのやまはガルエド+けられた。 49  また,だい*ともばれた。ラバンがこうったからである。「わたしたちがはなれているときも,エホバがあなたとわたしまもっていてくださいますように。 50  もしあなたがわたしむすめたちをむごくあつかったり,むすめたちのほかにつまむかえたりするなら,たとえひとていなくても,あなたとわたししょうにんであるかみています。そのことをわすれないでください」。 51  ラバンはさらにヤコブにった。「ここにいしやまと,わたしがあなたとのあいだてたねんがあります。 52  このいしやましょうにんであり,ねんしょうにんです+わたしはこのいしやまえてあなたにがいくわえることはなく,あなたもこのいしやまねんえてわたしがいくわえることはありません。 53  アブラハムのかみ+,ナホルのかみかれらのちちかみが,わたしたちをさばかれますように」。それでヤコブは,ちちイサクがおそれるかた+けてちかった。 54  そのヤコブはやませいささげ,パンをべるようきょうだいたちをまねいた。それでかれらはべ,やまよるごした。 55  ラバンはあさはやきてぶんまごむすめたちにくちづけし+かれらのためにしゅくふくねがもとめた+。それからぶんいえかえっていった+

脚注

用語集の「油を注ぐ」参照。
または,「家の神」,「偶像」。
ユーフラテス川のこと。
または,「親族」。
「証人である山」という意味のアラム語の表現。
「証人である山」という意味のヘブライ語の表現。
または,「物見の塔」。

注釈

メディア