創世記 30:1-43

30  ラケルは,ぶんがヤコブの一人ひとりんでいないので,あねしっするようになり,ヤコブにこういだした。「わたしにもどもたせてください。そうでないと,わたしんだもどうぜんです」。  するとヤコブはひどくおこり,ラケルにった。「わたしかみだとでもいうのか。あなたにどもができないようにしているのはかみなのだ」。  ラケルはった。「わたしおんなれいビルハ+がいます。かのじょかんけいってください。そうすれば,かのじょわたしのために*み,かのじょによってわたしどもてます」。  そうしてラケルは使つかいビルハをヤコブにつまとしてあたえ,ヤコブはビルハとかんけいった+  ビルハはにんしんしておとこんだ。  そのときラケルはった。「かみわたしのことをさばき,わたしこえいてくださった。わたしおとこくださった」。それでかのじょはそのをダン*+けた。  ラケルの使つかいビルハはふたたにんしんし,2人ふたりおとこんだ。  そのときラケルはった。「わたしあねはげしいたたかいをした。そしてついにった!」 それでかのじょはそのをナフタリ*+けた。  レアは,まなくなっていたので,ぶん使つかいジルパをヤコブにつまとしてあたえた+ 10  やがてレアの使つかいジルパはおとこんだ。 11  そのときレアは,「わたしめぐまれている!」とった。それでかのじょはそのをガド*+けた。 12  その,レアの使つかいジルパは2人ふたりおとこんだ。 13  そのときレアはった。「わたししあわせ! おんなたちはきっとわたしのことをしあわせなひと+」。それでかのじょはそのをアシェル*+けた。 14  さて,むぎしゅうかくに,ルベン+はらあるいていてコイナスをつけ,ははレアのところってきた。するとラケルがレアにった。「あなたのってきたコイナスをすこしもらえませんか」。 15  レアはった。「わたしおっとっただけではまだりないのですか+こんわたしのコイナスまでろうとするのですか」。ラケルはった。「かりました。では,あなたののコイナスをもらうわりに,こんはあなたがあのひとていいです」。 16  ゆうがた,ヤコブがはらからもどってきたとき,レアはむかえにてこうった。「あなたはわたしかんけいつことになっています。そのためにわたし息子むすこのコイナスをはらったのです」。そこでそのよる,ヤコブはレアとた。 17  かみはレアのねがいをれ,レアはにんしんして,5にんおとこんだ。 18  そのときレアはった。「わたし使つかいをおっとしたので,かみほうしゅうくださった」。それでかのじょはそのをイッサカル*+けた。 19  レアはまたにんしんし,6にんおとこんだ+ 20  そのときレアはった。「かみらしいおくものくださった。これでおっとわたしのことをれて*くれる+。あのひとを6にんんだのだから+」。それでかのじょはそのをゼブルン*+けた。 21  そのかのじょおんなみ,ディナ+けた。 22  ついにかみはラケルのことをおもこした。かみかのじょねがいをれ,どもができるようにした*+ 23  ラケルはにんしんしておとこんだ。そのときラケルはった。「かみわたしじょくってくださった+!」 24  それでかのじょはそのをヨセフ*+け,「エホバはわたし息子むすこくわえてくださった」とった。 25  ラケルがヨセフをむと,すぐにヤコブはラバンにった。「ぞくところわたしきょうもどらせてください+ 26  わたしつまどもわたしゆうにさせてください。そのためにわたしはあなたにつかえてきました。かせてください。あなたのためにどれだけはたらいてきたか+,よくごぞんじのはずです」。 27  ラバンはった。「もしわたしのことをってくれているのでしたら,かないでください。わたしは,あなたのおかげでエホバからしゅくふくされているというしるしを,いくつもたのです」。 28  さらにった。「あなたがのぞほうしゅうってください。それをはらいます+」。 29  ヤコブはった。「わたしがあなたにどれほどつかえ,わたしによってあなたのちくがどうなったかを+,ごぞんじのはずです。 30  わたしまえ,あなたのちくはわずかでしたが,いまえておおくなっています。わたしてから,エホバはあなたをしゅくふくしてこられたのです。いつになったらわたしぶんぞくのためのことをおこなえるのでしょうか+」。 31  ラバンはった。「あなたになにをあげたらいいでしょうか」。ヤコブはった。「なにかをいただくにはおよびません。ただ,もしつぎのようにしてくださるなら,こんもあなたのちくしてまもりましょう+ 32  今日きょう,あなたのちくぜんまわります。あなたはれのなかから,ぶちとまだらのひつじちゃいろわかひつじ,まだらとぶちのヤギをべつにしてください。これからは,そういうものをわたしほうしゅうにしてください+ 33  こん,あなたがわたしほうしゅうをいつられても,わたししょうじきである*ことがはっきりするはずです。もし,ぶちでもまだらでもないヤギや,ちゃいろでないわかひつじわたしところにいたとしたら,それはぬすんだものということになります」。 34  ラバンはった。「いいでしょう! あなたがとおりにしましょう+」。 35  ラバンはその,しまとまだらのヤギ,ぶちとまだらのヤギ,しろところのあるもの,ちゃいろわかひつじべつにし,ぶん息子むすこたちにわたしてをさせた。 36  そして,ぶんとヤコブとのあいだに,あるいて3かかるほどのきょいた。ヤコブは,ラバンののこりのちくするようになった。 37  ヤコブは,エゴノキとアーモンドとスズカケノキのえだり,ところどころかわをむいてしろぶんるようにした。 38  それから,かわをむいたそれらのぼうを,ちくみずみにすいすいそうなかいた。はつじょうしたちくみずみにときぼうるようにしたのである。 39  するとちくぼうまえこうし,しまやぶちやまだらのものをんでいった。 40  ヤコブはわかひつじけ,しまのものやちゃいろのものとほかのちくとをかいわせた。そしてぶんちくべつにし,ラバンのちくざらないようにした。 41  きょうそうちくはつじょうすると,ヤコブはちくすいなかぼうき,ぼうまえちくこうするようにした。 42  しかし,ちくがひよわだと,ぼうくことはしなかった。それでひよわちくはいつもラバンのものになり,きょうそうちくはヤコブのものになった+ 43  ヤコブはとてもゆうふくになり,おおくのちくれ,だんじょ使つかい,ラクダやロバをつようになった+

脚注

直訳,「私の膝に」。
意味,「裁く者」。
意味,「私の闘い」。
意味,「豊かな恵み」。
意味,「幸せな」,「幸せ」。
意味,「彼は報酬」。
意味,「寛容」。
または,「に寛容になって」。
直訳,「胎を開いた」。
「ヤハが加え(増やし)ますように」という意味があるヨシフヤの短縮形。
または,「正しい」。

注釈

メディア