創世記 29:1-35

29  そのヤコブはたびつづけ,とうほうひとたちがいるほうかった。  やがてはらがあるのがえ,そばでひつじの3つのれがやすんでいた。そのは,ひつじれにみずをやるためによく使つかわれていたのである。くちにはおおきないしいてあった。  ぜんれがそこにあつまると,ひつじいたちはくちからいしころがしてどけ,ひつじみずをやり,それからいしもともどすのだった。  ヤコブはひつじいたちにった。「わたしきょうだいたち,みなさんはどこからたのですか」。かれらはった。「ハランからました+」。  ヤコブが,「ナホル+まごのラバン+っていますか」とたずねると,かれらは,「っています」とこたえた。  「かれげんにしていますか」とヤコブがくと,かれらはった。「げんにしています。ちょうどかれむすめラケル+が,ひつじれてもうすぐやってます」。  ヤコブはった。「まだひるです。れをもどかんではありません。ひつじみずをやって,くさべさせにったらどうですか」。  かれらはった。「ぜんれがあつまって,くちからいしがどけられるまでは,ひつじみずをやってはいけないことになっています」。  ヤコブがまだそのひとたちとはなしているうちに,ラケルがちちひつじれてやってた。ラケルはひつじいだったのである。 10  ヤコブは,伯父おじラバンのむすめラケルとラバンのひつじとをると,すぐにちかづいていき,くちからいしころがしてどけ,ラバンのひつじみずをやった。 11  それからラケルにくちづけし,こえげていた。 12  そして,ぶんがラケルのちちしんぞく*であり,リベカのであることをラケルにはなした。ラケルははしっていき,あったことをちちはなした。 13  ラバン+いもうとヤコブのことをくと,すぐにはしっていき,ヤコブをむかえた。そしてほうようしてくちづけし,いえれてきた。ヤコブはきたことをすべてラバンにはなした。 14  ラバンはヤコブにった。「あなたはたしかにわたしにくしん*です」。それでヤコブはそこにまる1カげつたいざいした。 15  ラバンはヤコブにった。「しんぞく*+だからといってただではたらいてもらうわけにはいきません。ほうしゅうなにがいいか,ってください+」。 16  ラバンにはむすめ2人ふたりいた。あねはレア,いもうとはラケルといった+ 17  レアはかがやきがなかったのにたいし,ラケルはとてもりょくてきうつくしいじょせいだった。 18  ヤコブはラケルをあいするようになっていたので,こうこたえた。「あなたのしたむすめラケルのため,わたしよろこんであなたに7ねんつかえます+」。 19  ラバンはった。「あのをほかのだんせいいっしょにならせるより,あなたといっしょにならせるほうがいいとおもいます。このままここにみなさい」。 20  こうしてヤコブはラケルのために7ねんかんはたらいたが+,ラケルをあいしていたので,ほんのすうじつのようにおもえた。 21  ヤコブはラバンにった。「やくそくかんわりましたので,かのじょいっしょにならせてください。かのじょかんけいたせてください」。 22  そこでラバンはもとひとたちみなあつめてえんもよおした。 23  ところがそのばん,ラバンはむすめのレアをヤコブのところれていき,ヤコブがレアとかんけいつようにした。 24  ラバンはさらに,ぶん使つかいのじょせいジルパをレアの使つかいにした+ 25  よくあさ,ヤコブがると,そこにいたのはレアだった。それでヤコブはラバンにった。「なんということをしたのですか。わたしはラケルのために,あなたにつかえたのではなかったでしょうか。どうしてわたしをだましたのですか+」。 26  ラバンはった。「ここのしゅうかんでは,したむすめちょうじょよりさきよめにやることはしません。 27  いわいのしゅうをあのいっしょごしなさい。そのあとしたつまにすることができます。ただし,そのわりもう7ねんはたらいてもらいます+」。 28  ヤコブはわれたとおり,いわいのしゅうをレアといっしょごした。その,ラバンはラケルもつまとしてヤコブにあたえた。 29  ラバンはさらに,ぶん使つかいのじょせいビルハ+をラケルの使つかいにした+ 30  こうしてヤコブはラケルともかんけいった。ヤコブはラケルをレアよりもあいした。そしてラバンにもう7ねんつかえた+ 31  エホバはレアがあいされていない*のをて,レアにどもができるようにした*+いっぽう,ラケルはどもができなかった+ 32  レアはにんしんしておとこみ,ルベン*+けた。「エホバがわたしなやみをってくださった+。これからはおっとあいしてもらえる」とかのじょった。 33  レアはふたたにんしんしておとこみ,こうった。「エホバはいてくださった。わたしあいされていなかったので,このあたえてくださった」。それでかのじょはそのをシメオン*+けた。 34  レアはまたもにんしんしておとこみ,こうった。「わたしおっとこんこそむすばれる。わたしはあのひとを3にんんだのだから」。それでそのはレビ*+けられた。 35  レアはもういちにんしんしておとこみ,こうった。「いまわたしはエホバをさんしよう」。それでかのじょはそのをユダ*+けた。その,レアはまなくなった。

脚注

直訳,「兄弟」。
直訳,「骨と肉」。
直訳,「兄弟」。
直訳,「憎まれている」。
直訳,「の胎を開いた」。
意味,「見なさい。男の子です」。
意味,「聞くこと」。
意味,「密着」,「結ばれた」。
意味,「賛美された」,「賛美の対象」。

注釈

メディア