創世記 29:1-35

29  その後ヤコブは旅を続け,東方の人たちがいる地方に向かった。  やがて野原に井戸があるのが見え,そばで羊の3つの群れが休んでいた。その井戸は,羊の群れに水をやるためによく使われていたのである。井戸の口には大きな石が置いてあった。  全部の群れがそこに集まると,羊飼いたちは井戸の口から石を転がしてどけ,羊に水をやり,それから石を元に戻すのだった。  ヤコブは羊飼いたちに言った。「私の兄弟たち,皆さんはどこから来たのですか」。彼らは言った。「ハランから来ました+」。  ヤコブが,「ナホル+の孫のラバン+を知っていますか」と尋ねると,彼らは,「知っています」と答えた。  「彼は元気にしていますか」とヤコブが聞くと,彼らは言った。「元気にしています。ちょうど彼の娘ラケル+が,羊を連れてもうすぐやって来ます」。  ヤコブは言った。「まだ真昼です。群れを戻す時間ではありません。羊に水をやって,草を食べさせに行ったらどうですか」。  彼らは言った。「全部の群れが集まって,井戸の口から石がどけられるまでは,羊に水をやってはいけないことになっています」。  ヤコブがまだその人たちと話しているうちに,ラケルが父の羊を連れてやって来た。ラケルは羊飼いだったのである。 10  ヤコブは,伯父ラバンの娘ラケルとラバンの羊とを見ると,すぐに近づいていき,井戸の口から石を転がしてどけ,ラバンの羊に水をやった。 11  それからラケルに口づけし,声を上げて泣いた。 12  そして,自分がラケルの父の親族*であり,リベカの子であることをラケルに話した。ラケルは走っていき,あったことを父に話した。 13  ラバン+は妹の子ヤコブのことを聞くと,すぐに走っていき,ヤコブを迎えた。そして抱擁して口づけし,家に連れてきた。ヤコブは起きたことを全てラバンに話した。 14  ラバンはヤコブに言った。「あなたは確かに私の肉親*です」。それでヤコブはそこに丸1カ月滞在した。 15  ラバンはヤコブに言った。「親族*+だからといってただで働いてもらうわけにはいきません。報酬は何がいいか,言ってください+」。 16  ラバンには娘が2人いた。姉はレア,妹はラケルといった+ 17  レアは目に輝きがなかったのに対し,ラケルはとても魅力的な美しい女性だった。 18  ヤコブはラケルを愛するようになっていたので,こう答えた。「あなたの下の娘ラケルのため,私は喜んであなたに7年仕えます+」。 19  ラバンは言った。「あの子をほかの男性と一緒にならせるより,あなたと一緒にならせる方がいいと思います。このままここに住みなさい」。 20  こうしてヤコブはラケルのために7年間働いたが+,ラケルを愛していたので,ほんの数日のように思えた。 21  ヤコブはラバンに言った。「約束の期間が終わりましたので,彼女と一緒にならせてください。彼女と関係を持たせてください」。 22  そこでラバンは地元の人たち皆を集めて宴を催した。 23  ところがその晩,ラバンは娘のレアをヤコブの所に連れていき,ヤコブがレアと関係を持つようにした。 24  ラバンはさらに,自分の召し使いの女性ジルパをレアの召し使いにした+ 25  翌朝,ヤコブが見ると,そこにいたのはレアだった。それでヤコブはラバンに言った。「何ということをしたのですか。私はラケルのために,あなたに仕えたのではなかったでしょうか。どうして私をだましたのですか+」。 26  ラバンは言った。「ここの習慣では,下の娘を長女より先に嫁にやることはしません。 27  祝いの週をあの子と一緒に過ごしなさい。その後,下の子も妻にすることができます。ただし,その代わりもう7年働いてもらいます+」。 28  ヤコブは言われた通り,祝いの週をレアと一緒に過ごした。その後,ラバンはラケルも妻としてヤコブに与えた。 29  ラバンはさらに,自分の召し使いの女性ビルハ+をラケルの召し使いにした+ 30  こうしてヤコブはラケルとも関係を持った。ヤコブはラケルをレアよりも愛した。そしてラバンにもう7年仕えた+ 31  エホバはレアが愛されていない*のを見て,レアに子供ができるようにした*+。一方,ラケルは子供ができなかった+ 32  レアは妊娠して男の子を産み,ルベン*+と名付けた。「エホバが私の悩みを知ってくださった+。これからは夫に愛してもらえる」と彼女は言った。 33  レアは再び妊娠して男の子を産み,こう言った。「エホバは聞いてくださった。私が愛されていなかったので,この子も与えてくださった」。それで彼女はその子をシメオン*+と名付けた。 34  レアはまたも妊娠して男の子を産み,こう言った。「私は夫と今度こそ結ばれる。私はあの人の子を3人も産んだのだから」。それでその子はレビ*+と名付けられた。 35  レアはもう一度妊娠して男の子を産み,こう言った。「今,私はエホバを賛美しよう」。それで彼女はその子をユダ*+と名付けた。その後,レアは子を産まなくなった。

脚注

直訳,「兄弟」。
直訳,「骨と肉」。
直訳,「兄弟」。
直訳,「憎まれている」。
直訳,「の胎を開いた」。
意味,「見なさい。男の子です」。
意味,「聞くこと」。
意味,「密着」,「結ばれた」。
意味,「賛美された」,「賛美の対象」。

注釈

メディア