創世記 27:1-46

27  ある時,年老いて目がほとんど見えなくなっていたイサクは,上の息子エサウ+を呼び寄せ,「息子よ」と言った。エサウは,「はい,ここにいます」と言った。  イサクは言った。「私は年を取った。いつ死ぬか分からない。  だから今,矢筒と弓を持って野原に出掛け,獲物を捕ってきてくれないか+  そして私の好きなおいしい料理を作って,持ってきてほしい。そうしたら,それを食べて,死ぬ前にあなたのために祝福を願い求めよう」。  イサクが息子エサウに話しているのを,リベカが聞いていた。そしてエサウは,獲物を捕ってくるため,野原に出掛けた+  それでリベカは息子ヤコブに言った+。「さっきお父さんが,兄さんのエサウにこう言っていました。  『獲物を捕ってきて,おいしい料理を作ってほしい。そうしたら,それを食べて,死ぬ前に,あなたのために祝福をエホバに願い求めよう+』。  それでヤコブ,よく聞いて,私の言う通りにしてください+  家畜の群れから最上の子ヤギを2匹連れてきてください。そうしたら,私がお父さん好みのおいしい料理を作ります。 10  あなたはそれを持っていってお父さんに食べてもらうのです。そうすれば,亡くなる前にあなたへの祝福を願ってくれるでしょう」。 11  ヤコブは母リベカに言った。「でも,エサウ兄さんは毛深いのに+私はそうではありません。 12  お父さんが私に触ったらどうなるでしょう+。私は,お父さんをからかったと思われてしまい,祝福どころか災いを受けることになります」。 13  母はヤコブに言った。「その災いは私が代わりに受けましょう。私の言う通りにして,子ヤギを連れてきなさい+」。 14  そこでヤコブは子ヤギを母の所に連れてきて,母は父好みのおいしい料理を作った。 15  その後リベカは,家にあったエサウの一番良い服を選び,ヤコブに着せた+ 16  また,子ヤギの毛皮をヤコブの両手と首筋の毛のない所とに当てた+ 17  そして,作ったおいしい料理とパンを息子ヤコブに渡した+ 18  ヤコブが父の所に入っていって,「お父さん」と言うと,父は言った。「おお,息子よ。エサウか。それとも,ヤコブか」。 19  ヤコブは父に言った。「あなたの長男エサウです+。言われた通りにしてきました。体を起こして,私が捕ってきた物をどうぞ食べてください。そして私への祝福を願ってください+」。 20  イサクは言った。「どうしてこんなに早く捕まえられたんだ」。ヤコブは答えた。「あなたの神エホバのおかげです」。 21  イサクはヤコブに言った。「こっちに来てくれないか。あなたに触って,本当に私の子エサウなのかどうか確かめたい+」。 22  ヤコブが近寄ると,父イサクは触ってからこう言った。「声はヤコブの声だが,手はエサウの手だ+」。 23  ヤコブの手が兄エサウの手のように毛深かったので,イサクは気付かなかった。それでイサクはヤコブのために祝福を願い求めた+ 24  そしてイサクは言った。「本当に私の子エサウなのか」。ヤコブは,「そうです」と答えた。 25  イサクは言った。「捕ってきた物を持ってきなさい。食べた後,あなたのために祝福を願い求めよう」。ヤコブが食べ物を持っていくと,イサクは食べた。また,ぶどう酒を持っていくと,飲んだ。 26  その後,父イサクは言った。「さあ,こっちに来て,私に口づけしなさい+」。 27  ヤコブは近寄って口づけし,イサクはヤコブが着ていた服のにおいを嗅いだ+。イサクはヤコブへの祝福を願って,こう言った。 「ああ,わが子のにおいは,エホバが祝福された野原のにおいのようです。 28  真の神があなたに,天からの露+と肥沃な土地+,豊かな穀物と新しいぶどう酒+を与えてくださいますように。 29  さまざまな人々があなたに仕え,さまざまな国民があなたに頭を下げますように。あなたが兄弟たちの主人となり,あなたの母の子たちがあなたに頭を下げますように+。あなたに災いがあることを願い求める人が災いを被り,あなたに祝福があることを願い求める人が祝福を受けますように+」。 30  イサクがヤコブへの祝福を願い終え,ヤコブがイサクの所から立ち去ったちょうどその時,兄エサウが狩りから戻ってきた+ 31  エサウもおいしい料理を作って父の所に持っていき,こう言った。「お父さん,体を起こして,私が捕ってきた物をどうぞ食べてください。そして私のために祝福を願い求めてください」。 32  そこで父イサクは言った。「あなたは誰なんだ」。エサウは言った。「あなたの息子,長男のエサウです+」。 33  イサクはひどく身を震わせてこう言った。「では,さっき獲物を捕って持ってきたのは誰だったのだろう。あなたが来る前に私はすでにそれを食べて,その人への祝福を願った。もうその人が祝福を受けることになっているのだ」。 34  その言葉を聞いて,エサウは悲痛な声で大きく叫び,父に言った。「私のため,この私のためにも祝福を願い求めてください。お父さん+!」 35  イサクは言った。「やって来たのはあなたの弟だ。あなたのための祝福を自分のものにしようともくろんだのだ」。 36  エサウは言った。「さすがヤコブ*と呼ばれるだけのことはあります。私から2度も奪い取るとは+。私の長男の権利を奪い+,今度は私のための祝福を奪ったのです+」。さらに言った。「私のためには,祝福を願い求めてくださらないのですか」。 37  イサクは答えた。「私はすでに,彼をあなたの主人とし+,彼の兄弟全てを彼の召し使いとし,穀物と新しいぶどう酒を彼に与えた+。そうした今,何かあなたにしてあげられることがあるだろうか」。 38  エサウは父に言った。「お父さん,あなたが願い求める祝福はもうほかにないのですか。私のため,この私のためにも祝福を願い求めてください。お父さん!」 エサウは声を上げて泣きだした+ 39  父イサクはエサウに答えた。 「あなたは,肥沃な土地から離れた所,天からの露がない所に住む+ 40  あなたは剣を振るって生き+,兄弟に仕えることになる+。しかし,やがて不満を募らせ,束縛を振りほどく*+」。 41  父がヤコブのために祝福を願い求めたので,エサウはヤコブに恨みを抱き+,心の中でこう言い続けた。「父の死は近い+。喪の期間が終わったら,弟ヤコブを殺してやる」。 42  エサウのこの考えを知ったリベカは,すぐに人を遣わしてヤコブを呼び,こう言った。「兄さんのエサウがあなたを殺して復讐しようとたくらんでいます。 43  今すぐ,私の言う通りにしなさい。ハランにいる私の兄ラバンの所に逃げなさい+ 44  そして,あなたの兄さんの怒りが収まるまでしばらくそこにとどまるのです。 45  あなたに対する兄さんの怒りが静まって,あなたのしたことを忘れたら,私は人を遣わしてあなたを呼び戻します。あなたたち2人を同じ日に失いたくはありません」。 46  その後,リベカはイサクにこう言い続けた。「ヘト人の娘たちのせいで,生きているのがつらくて仕方ありません+。もしヤコブもこの辺りの娘たちのようなヘト人の娘を妻にしたら,私はもう生きていけません+」。

脚注

意味,「かかとをつかむ者」,「奪い取る者」。
直訳,「てんびん棒を折って首から外す」。

注釈

メディア