創世記 26:1-35

26  さて,そのほうきんきた。アブラハムのだいきた1きんとはべつのものである+。それでイサクは,フィリスティアじんおうアビメレクのところ,ゲラルにった。  エホバはイサクにあらわれてこうった。「エジプトにってはいけない。わたしていするみなさい。  このがいこくじんとしてみなさい+。そうすれば,わたしつづきあなたとともにいてあなたをしゅくふくしよう。このほういったいをあなたとあなたのそん*あたえる+わたしはあなたのちちアブラハムへのちかいをたす+  『わたしはあなたのそん*てんほしのようにおおくし+,あなたのそん*にこのほういったいあたえよう+。あなたのそん*によってじょうすべてのこくみんしゅくふくける*+』というちかいである。  アブラハムがわたしったことにしたがい,わたしさだめたこと,めいれいほうれいりっぽうまもったからである+」。  それでイサクはゲラル+つづけた。  イサクは,そこのひとたちからつまについてよくたずねられ,「わたしいもうとです+」とっていた。「つまです」とうのをおそれたのは,「ここのひとたちはリベカをうばおうとしてわたしころすかもしれない」とおもったからだった。リベカはうつくしかったのである+  しばらくあとのこと,フィリスティアじんおうアビメレクがまどからそとながめていると,イサクがつまのリベカをめて*いるのがえた+  アビメレクはただちにイサクをんで,こうった。「かのじょはあなたのつまではないか! どうして,『いもうとです』などとったのか」。イサクはった。「かのじょのことで,ぬことにならないだろうかとあんになったのです+」。 10  アビメレクはった。「なんということをしてくれたのだ+たみ1人ひとりがあなたのつまてもおかしくなかった。あなたのせいで,わたしたちはつみおかすところだったではないか+」。 11  それからアビメレクはたみすべてに,「このひととそのつまれるものかならけいにされる」とげた。 12  イサクはそのたねをまいた。そのとししゅうかくは,まいたものひゃくばいにもなった。エホバがしゅくふくしたからだった+ 13  イサクはゆうふくになり,そのせいこうしていき,じょうゆうふくになった。 14  いくつものひつじれとうしれをち,おおぜい使つかいをかかえるようになったのである+。それでフィリスティアじんかれをねたむようになった。 15  フィリスティアじんは,ちちアブラハムのだい使つかいたちがったすべてにつちめ,ふさいだ+ 16  アビメレクはイサクにった。「あなたはわたしたちよりはるかにつよくなりました。わたしたちのところからていってください」。 17  それでイサクはそこからどうし,ゲラル+たに*宿しゅくえいってんだ。 18  イサクは,ちちアブラハムのだいられ,アブラハムのフィリスティアじんにふさがれたなおした+。そして,それぞれのを,ちちけたまえんだ+ 19  イサクの使つかいたちがたに*ると,きれいなみずてきた。 20  するとゲラルのひつじいたちが,「そのみずはわれわれのものだ」とって,イサクのひつじいたちとあらそいをはじめた。そのはエセク*けられた。あらそいがあったからだった。 21  べつると,それをめぐってまたもあらそいがきた。そのはシトナ*けられた。 22  そのイサクはそこからどうしてべつった。こんあらそいがきなかった。そのはレホボト*けられた。イサクがうには,「エホバがひろしょあたえ,ここでそんやせるようにしてくださったから」だった+ 23  やがてイサクはそこからベエル・シェバ+った。 24  そのよる,エホバがイサクにあらわれて,こうった。「わたしはあなたのちちアブラハムのかみである+おそれてはいけない+わたしはあなたとともにいるからだ。わたしつかえたアブラハムのゆえに,あなたをしゅくふくし,あなたのそんおおくする+」。 25  それでイサクはそこにさいだんつくってエホバのんだ*+。イサクはそこにてんまく+使つかいたちはった。 26  その,アビメレクがゲラルからイサクのところにやってた。そうだんやくのアフザトとぐんたいちょうフィコル+いっしょだった。 27  イサクはかれらにった。「あなたがたわたしきらってていかせたのに,どうしてわたしところたのですか」。 28  かれらはった。「わたしたちは,エホバがあなたとともにおられるのがはっきりかりました+。それでこうおうということになりました。『わたしたちとちかいをわし,わたしたちとけいやくむすんでください+ 29  わたしたちがあなたにがいくわえなかったように,あなたもわたしたちになにわるいことはしないとやくそくしてください。わたしたちは,あなたによくしてあげてあんぜんていかせたのではないでしょうか。あなたはエホバにしゅくふくされたかたです』」。 30  イサクはごちそうをようし,かれらはべてんだ。 31  よくあさいちどうはやき,ちかいのことわした+かれらはイサクにおくされ,おだやかにっていった。 32  その使つかいたちがイサクのところて,った+についてほうこくしてった。「みずました!」 33  それでそのはシブアとけられた。そのまちいまもベエル・シェバ+といわれているのは,そのためである。 34  エサウは40さいとき,ヘトじんベエリのむすめユディトと,ヘトじんエロンのむすめバセマトをつまとした+ 35  このじょせいたちはイサクとリベカをじょうなやませた*+

脚注

直訳,「種」。
直訳,「種」。
直訳,「種」。
直訳,「種」。
または,「獲得する」。
または,「リベカに愛情を表現して」。
または,「ワジ」。
または,「ワジ」。
意味,「争い」。
意味,「訴え」。
意味,「広い場所」。
または,「賛美した」。
または,「に苦々しさを抱かせた」。

注釈

メディア