創世記 22:1-24

22  こうしたことの後,真の神はアブラハムを試した+。神が,「アブラハム!」と言うと,アブラハムは,「はい,ここにおります!」と答えた。  すると神は言った。「どうか,あなたの子,あなたが深く愛する一人息子+のイサク+を連れてモリヤ+地方に行き,私が指定する山の上で,彼を捧げ物*として捧げてほしい」。  それでアブラハムは朝早く起き,ロバにくらを置いて,従者2人と息子のイサクを呼んだ。全焼の捧げ物に用いるまきを割り,それから出発して真の神が告げた場所に向かった。  3日目,アブラハムが目を上げると,その場所が遠くに見えた。  アブラハムは従者たちに言った。「あなたたちはロバと一緒にここにいなさい。この子と私は,あそこまで行って神を崇拝し,それから戻ってきます」。  アブラハムは全焼の捧げ物に用いるまきを息子イサクに背負わせ,自分は火種と短刀を手に取った。そして2人は一緒に歩いていった。  やがてイサクが父アブラハムに,「お父さん」と言った。アブラハムが「どうした,イサク」と答えると,イサクは言った。「火種とまきはありますが,全焼の捧げ物にする羊はどこですか」。  アブラハムは言った。「神が捧げ物にする羊を与えてくださるだろう+」。2人は引き続き一緒に歩いた。  ついに2人は真の神が告げた場所に着いた。アブラハムはそこに祭壇を作り,その上にまきを並べた。それから息子イサクの手足を縛り,祭壇のまきの上に寝かせた+ 10  そして短刀を手に取り,息子を殺そうとした+ 11  ところが,エホバの天使が天から,「アブラハム,アブラハム!」と呼び掛けた。アブラハムは,「はい!」と答えた。 12  天使はこう言った。「少年を傷つけてはいけません。何もしてはなりません。今,あなたが神を畏れていることがよく分かりました。あなたは自分の子,一人息子を私に与えることを拒みませんでした+」。 13  アブラハムが目を上げて見ると,向こうに,角がやぶに引っ掛かって動けなくなっている雄羊がいた。それでアブラハムは行って雄羊を捕まえ,息子の代わりに全焼の捧げ物として捧げた。 14  アブラハムはその場所をエホバ・イルエ*と名付けた。そのため今も,「エホバの山で与えられる+」という言い方がある。 15  エホバの天使は再び天からアブラハムに呼び掛け, 16  こう言った。「エホバはこう宣言しています+。『私は,私に懸けて誓う。あなたがこのようにして,自分の子,一人息子を与えることを拒まなかったので+ 17  私はあなたを必ず祝福し,あなたの子孫*を必ず,天の星や海辺の砂のように多くしよう+。あなたの子孫*は敵の町*を攻略する+ 18  あなたの子孫*+よって地上の全ての国民が祝福を受ける*。あなたが私の言ったことに従ったからである+』」。 19  アブラハムは従者たちの所に戻り,一行は出発してベエル・シェバ+に帰っていった。アブラハムは引き続きベエル・シェバに住んだ。 20  その後アブラハムに次のような知らせがあった。「あなたの兄弟ナホルの妻ミルカが子を産みました+ 21  長男ウツ,次男ブズ,三男ケムエル(アラムの父), 22  ケセド,ハゾ,ピルダシュ,イドラフ,ベトエル+です」。 23  ベトエルにはリベカ+が生まれた。アブラハムの兄弟ナホルの妻ミルカはこの8人を産んだ。 24  レウマという,ナホルのそばめ*も子を産んだ。テバハ,ガハム,タハシュ,マアカである。

脚注

直訳,「全焼の捧げ物」。
意味,「エホバは与える」,「エホバは見る」。
直訳,「種」。
直訳,「種」。
直訳,「門」。
直訳,「種」。
または,「獲得する」。
用語集参照。

注釈

メディア