創世記 21:1-34

21  エホバはぜんかたったとおり,サラにちゅうけた。エホバはやくそくしていたことをサラのためにおこなった+  それでサラはにんしん+かみやくそくしていたときに,ろうれいのアブラハムのんだ+  アブラハムは,まれた息子むすこ,サラがんだをイサク+けた。  そしてかみめいじられたとおり,せい8にイサクにかつれいほどこした+  息子むすこイサクがまれたとき,アブラハムは100さいだった。  そのときサラはった。「かみわたしわらいをあたえてくださった。このことをいたひとみな,きっとわたしいっしょわら*」。  つづけてこうった。「『サラはかならどもそだてるようになる』なんて,だれがアブラハムにえただろう。それでもわたしは,としいたあのひとんだ」。  やがてそのせいちょうし,ばなれした。そこでアブラハムはイサクのばなれのせいだいえんもよおした。  ところでサラは,エジプトじんハガルの+,ハガルがんだアブラハムのが,イサクをからかっている+のにいていた。 10  それでサラはアブラハムにった。「あのおんなれいとあのしてください! あのおんなれいが,わたしイサクといっしょそうぞくにんになることはないのですから+」。 11  アブラハムにとって,ぶん息子むすこについてサラにわれたことは,とてもかいだった+ 12  するとかみはアブラハムにった。「あのとあなたのおんなれいについてサラがっていることかいおもってはいけない。かのじょねがいをれなさい。あなたのそん*ばれるものはイサクからるからだ+ 13  わたしは,おんなれい+からもこくみんまれるようにする+かれもあなたのそんだからだ」。 14  それでアブラハムはあさはやき,パンと,みずれたかわぶくろようし,ハガルにあたえた。それらをハガルのかたけ,どもいっしょおくした+。ハガルはていき,ベエル・シェバ+こうをさまよった。 15  やがてかわぶくろみずはなくなり,ハガルはどもしげみのなかりにした。 16  そしてゆみればとどくほどのところまではなれていき,1人ひとりすわり,「あのぬのはたくない」とった。こうしてハガルははなれたところすわり,こえげてきだした。 17  かみどもこえ+かみてん使てんからハガルをんでこうった+。「ハガル,どうしたのですか。おそれてはいけません。かみはあそこにいるあなたのどもこえきました。 18  がりなさい。あのがらせ,あなたのささえなさい。わたしかれからだいこくみんまれるようにするからです+」。 19  それからかみはハガルにつけさせ,ハガルはそこにってかわぶくろみずをいっぱいれ,息子むすこませた。 20  そしてかみは,そのせいちょうするあいだ,そのとずっとともにいた+かれこうみ,ゆみひととなった。 21  かれはパランのこう+み,ははおやかれのためにエジプトからつまむかえた。 22  そのころ,アビメレクとぐんたいちょうフィコルがアブラハムにった。「あなたがなにをするときも,かみはあなたとともにいます+ 23  ですからいまここで,わたしわたしそんうらったりしないと,かみけてちかってください。そして,わたしがあなたにしんせつにし*たように,あなたも,わたしと,あなたがんできたひととにしんせつにすることをちかってください+」。 24  それでアブラハムは,「ちかいます」とった。 25  アブラハムは,アビメレクのらいたちにごういんうばわれたことで+,アビメレクにじょうべた。 26  アビメレクはこうこたえた。「そんなことをしたものがいるとはりませんでした。あなたはわたしはなしてくれませんでしたし,わたし今日きょうまでなにいていませんでした」。 27  そこでアブラハムはひつじうしれてきてアビメレクにあたえ,2人ふたりけいやくむすんだ。 28  アブラハムがれのなかからめすひつじ7ひきけると, 29  アビメレクはアブラハムにった。「7ひきめすひつじけたのはどうしてですか」。 30  アブラハムはった。「わたしがこのったしょうとして,あなたはわたしからこの7ひきめすひつじるのです」。 31  それで,そのしょはベエル・シェバ*ばれた+2人ふたりがそこでちかいをてたからだった。 32  こうしてかれらはベエル・シェバでけいやくむすんだ+。アビメレクはぐんたいちょうフィコルとともに,フィリスティアじんかえっていった+ 33  その,アブラハムはベエル・シェバにギョリュウのえ,そこでえいえんかみ+エホバのんだ*+ 34  そしてアブラハムはフィリスティアじんながあいだとどまった*+

脚注

もしかすると,「私のことを笑う」。
直訳,「種」。
または,「揺るぎない愛を示し」。
意味はもしかすると,「誓いの井戸」もしくは「7の井戸」。
または,「賛美した」。
または,「外国人として住んだ」。

注釈

メディア