創世記 20:1-18

20  さて,アブラハムはネゲブほう宿しゅくえいどうさせ+,カデシュ+とシュル+あいだむようになった。ゲラル+んで*いたとき  アブラハムはつまのサラのことを「わたしいもうとです+」とっていた。そこでゲラルのおうアビメレクはサラをれてこさせた+  そのかみよるゆめなかでアビメレクのところて,こうった。「あなたがれてきたじょせいがもとで,あなたはんだもどうぜんである+かのじょけっこんしており,べつだんせいのものだからだ+」。  アビメレクはまだサラにちかづいてはいなかった*ので,こうった。「エホバ,あなたはじつ*こくみんころされるのですか。  かれわたしに,『あのひといもうとです』とったではありませんか。かのじょほうも,『あのひとあにです』とったのではないでしょうか。わたしなんわるもありませんでした。わるいことをしているなどとはおもっていなかったのです」。  しんかみゆめなかでアビメレクにった。「わるがなかったことはっていた。だからこそわたしは,あなたがわたしたいしてつみおかすことがないようにしていた。かのじょれさせなかったのだ。  いますぐ,あのだんせいつまかえしなさい。かれげんしゃなので+,あなたのためにがんをしてくれて+,あなたはつづける。しかし,かのじょかえさないなら,あなたもあなたのいえひとたちもみなかならぬことになる」。  アビメレクはあさはやき,らいたちぜんいんんで,きたことをぜんはなした。するとらいたちはじょうおそれた。  それからアビメレクはアブラハムをんで,こうった。「なんということをしてくれたのだ。わたしがあなたにどんなわるいことをしたというので,あなたはわたしわたしおうこくをこんなにひどいわせたのか。あなたがしたことはちがっている」。 10  アビメレクはつづけてった。「どういうつもりでこのようなことをしたのか+」。 11  アブラハムはった。「わたしはこうおもったのです。『ここのひとたちには,かみへのおそれがない。だからわたしは,つまうばおうとするひとたちにころされるだろう+』。 12  それに,かのじょじっさいわたしいもうとなのです。わたしちちむすめであり,ははちがうだけです。いもうとわたしつまになったのです+ 13  それで,かみめいじられてちちぞくからはなれ,たびはじめたとき+わたしかのじょにこういました。『どこへくとしても,わたしのことを「あにです」とってくれないか+。そうすることで,わたしへのるぎないあいしめしてほしい』」。 14  アビメレクは,ひつじうしだんじょ使つかいをれてきて,アブラハムにあたえ,つまサラをかえした。 15  アビメレクはった。「わたしからきなしょえらび,そこにみなさい」。 16  サラにはこうった。「おにいさんにぎん1000まいあたえます+。それは,あなたがけっぱくであることを,あなたとともにいるひとたちだけでなくすべてのひとしめしょうです。あなたにはなんされるようなところはなにもありません」。 17  そこで,アブラハムはしんかみがんはじめた。すると,かみはアビメレクとそのつまおんなれいたちをやし,そのじょせいたちはむようになった。 18  エホバは,アブラハムのつまサラのことで,アビメレクのいえのどのじょせいにもどもができないようにして*いたのである+

脚注

または,「外国人として住んで」。
または,「正しい」。
サラと性関係を持っていなかった,ということ。
または,「女性の胎も固く閉じて」。

注釈

メディア