創世記 20:1-18

20  さて,アブラハムはネゲブ地方に宿営を移動させ+,カデシュ+とシュル+の間に住むようになった。ゲラル+に住んで*いた時,  アブラハムは妻のサラのことを「私の妹です+」と言っていた。そこでゲラルの王アビメレクはサラを連れてこさせた+  その後,神は夜に夢の中でアビメレクの所に来て,こう言った。「あなたが連れてきた女性がもとで,あなたは死んだも同然である+。彼女は結婚しており,別の男性のものだからだ+」。  アビメレクはまだサラに近づいてはいなかった*ので,こう言った。「エホバ,あなたは無実の*国民を殺されるのですか。  彼は私に,『あの人は妹です』と言ったではありませんか。彼女の方も,『あの人は兄です』と言ったのではないでしょうか。私は何の悪気もありませんでした。悪いことをしているなどとは思っていなかったのです」。  真の神は夢の中でアビメレクに言った。「悪気がなかったことは知っていた。だからこそ私は,あなたが私に対して罪を犯すことがないようにしていた。彼女に触れさせなかったのだ。  今すぐ,あの男性の妻を返しなさい。彼は預言者なので+,あなたのために祈願をしてくれて+,あなたは生き続ける。しかし,彼女を返さないなら,あなたもあなたの家の人たちも皆,必ず死ぬことになる」。  アビメレクは朝早く起き,家来たち全員を呼んで,起きたことを全部話した。すると家来たちは非常に恐れた。  それからアビメレクはアブラハムを呼んで,こう言った。「何ということをしてくれたのだ。私があなたにどんな悪いことをしたというので,あなたは私と私の王国をこんなにひどい目に遭わせたのか。あなたがしたことは間違っている」。 10  アビメレクは続けて言った。「どういうつもりでこのようなことをしたのか+」。 11  アブラハムは言った。「私はこう思ったのです。『ここの人たちには,神への畏れがない。だから私は,妻を奪おうとする人たちに殺されるだろう+』。 12  それに,彼女は実際に私の妹なのです。私の父の娘であり,母が違うだけです。妹が私の妻になったのです+ 13  それで,神に命じられて父の家族から離れ,旅を始めた時+,私は彼女にこう言いました。『どこへ行くとしても,私のことを「兄です」と言ってくれないか+。そうすることで,私への揺るぎない愛を示してほしい』」。 14  アビメレクは,羊,牛,男女の召し使いを連れてきて,アブラハムに与え,妻サラを返した。 15  アビメレクは言った。「私の土地から好きな場所を選び,そこに住みなさい」。 16  サラにはこう言った。「お兄さんに銀1000枚を与えます+。それは,あなたが潔白であることを,あなたと共にいる人たちだけでなく全ての人に示す証拠です。あなたには非難されるようなところは何もありません」。 17  そこで,アブラハムは真の神に祈願し始めた。すると,神はアビメレクとその妻と女奴隷たちを癒やし,その女性たちは子を産むようになった。 18  エホバは,アブラハムの妻サラのことで,アビメレクの家のどの女性にも子供ができないようにして*いたのである+

脚注

または,「外国人として住んで」。
サラと性関係を持っていなかった,ということ。
または,「正しい」。
または,「女性の胎も固く閉じて」。

注釈

メディア