創世記 19:1-38

19  さて,2人ふたりてん使ゆうがたにソドムにいた。ロトはソドムのもんところすわっていた。2人ふたりけると,がってむかえ,ひれした+  そしてこうった。「どうぞわたしいえて,ぜひまっていってください。あしをおあらいします。あさになったら,はやきてたびをおつづけください」。2人ふたりった。「いいえ,けっこうです。ひろよるごすことにします」。  しかしロトがしきりにすすめたので,2人ふたりはロトといっしょいえはいった。ロトはごちそうをつくり,こうパンをき,2人ふたりべた。  かれらがとこまえまちおとこたちがやってた。しょうねんからろうじんまでソドムのおとこたちがしゅうだんになっていえかこんだのである。  おとこたちはロトにかってさけつづけ,こうった。「こんおまえのところものたちはどこだ。かれらをわたせ。われわれはかれらとるのだ+」。  ロトはぐちからおとこたちのまえち,めた。  そしてった。「わたしきょうだいたち,どうかわるいことはしないでください。  おねがいです。わたしには,だんせいかんけいったことがないむすめ2人ふたりいます。2人ふたりしますから,どうぞいいようにしてください。でも,あのかたたちにはなにもしないでください。わたししたられたたいせつなおきゃくさまなのです*+」。  するとおとこたちはった。「どけ!」 そしてさらにった。「こいつはここにいたよそもののくせに,われわれをさばこうとしている。あいつらよりおまえをひどいわせてやろう」。おとこたちはロトにはげしくり,やぶろうとしてせまった。 10  すると,いえにいたきゃくたちはしてロトをいえなかれ,めた。 11  そして,ろうにゃくわず,ぐちまえにいたおとこたちのえなくした。そのためおとこたちはぐちつけようとしてつかてた。 12  きゃくたちはロトにった。「ほかにあなたのしんぞくはいますか。婿むこであれ息子むすこであれむすめであれ,まちにいるあなたのしんぞくみな,ここからしなさい! 13  わたしたちはこのしょほろぼそうとしています。ここのじゅうみんについてのじょうおおきなさけびがエホバにとどいたので+,エホバはこのまちほろぼすためにわたしたちをつかわされたのです」。 14  それでロトはていき,むすめたちとけっこんすることになっていた婿むこたちになんもこうった。「いそいで,ここからなさい! エホバがこのまちほろぼされます」。しかし,婿むこたちには,ロトがじょうだんっているようにしかおもえなかった+ 15  けるころてん使たちはロトをせかして,こうった。「いそいで,つまむすめたち2人ふたりれてなさい! このまちあやまちのためにあなたがのぞられることがあってはいけません+」。 16  ロトがぐずぐずしていると,そのひとたちはロトとつまむすめたちのをつかみ,まちそとした+。エホバがロトをおもいやったのである+ 17  まちそとすとすぐにそのうちの1人ひとりった。「びるためにげなさい! うしろをかえってはいけません+。このいきのどこにまってもいけません+のぞられないよう,さんげなさい!」 18  ロトはそのひとたちにった。「エホバ,おねがいです。そこはです! 19  あなたはわたしこうてきてくださり,おおきなしんせつ*しめしていのちたすけてくださいました+。ですが,さんにはげられません。さいなんってぬのがこわいのです+ 20  ちかくにあるあのまちになら,げられます。ただのちいさなまちです。どうか,そこにげさせていただけませんか。ただのちいさなまちです。そこにげれば,びられます」。 21  すると1人ひとりった。「いいでしょう。そのねがいをれます+。あなたがったまちほろぼしません+ 22  いそいでそこにげなさい! あなたがそこにかないことには,わたしなにもできないからです+」。こういうわけで,そのまちはゾアル*+けられた。 23  のぼったころ,ロトはゾアルにいた。 24  そこでエホバはソドムとゴモラにおうらせた。エホバのもとから,てんからおうったのである+ 25  こうしてそのまちまちほろぼした。そのいきぜんたいを,じゅうみんしょくぶつみなほろぼした+ 26  いっぽう,ロトのうしろにいたつまかえったため,しおはしらになった+ 27  さて,アブラハムはあさはやきて,ぜんエホバのまえったしょった+ 28  ソドムとゴモラとそのいきぜんたいると,おそろしいことになっていた。かまからるようなけむりがそのいったいからのぼっていたのである+ 29  かみはそのいきまちほろぼしたとき,アブラハムのことをけ,ロトをそこからたすした。んでいたまちからられるようにしたのである+ 30  やがてロトはむすめ2人ふたりいっしょにゾアルからさんき,そこにむようになった+。ゾアルにんでいるのがこわくなったのである+。3にんどうくつはじめた。 31  あねいもうとった。「ちちとしいていますし,このあたりには,のしきたりにしたがってわたしたちとかんけいおとこひとがいません。 32  ちちにぶどうしゅませてちちて,ちちそんたれないようにしましょう」。 33  そのよるかのじょたちはちちにぶどうしゅをたくさんませた。それからうえむすめちちところってちちた。ロトはむすめたこともきたこともらなかった。 34  つぎあねいもうとった。「わたしさくちちました。こんもぶどうしゅませましょう。そのあと,あなたがちちところってちちなさい。ちちそんたれないようにしましょう」。 35  そのよるも,かのじょたちはちちにぶどうしゅをたくさんませた。それからしたむすめってちちた。ロトはむすめたこともきたこともらなかった。 36  こうしてロトのむすめたちはちちによってにんしんした。 37  やがてうえむすめおとこみ,モアブ+けた。そのげんざいのモアブじんである+ 38  したむすめおとこみ,ベン・アミとけた。そのげんざいのアンモンじん+である。

脚注

直訳,「屋根の陰に来たのです」。
または,「揺るぎない愛」。
意味,「小ささ」。

注釈

メディア