創世記 18:1-33

18  その,エホバ+はマムレのたいぼくりん+のそばでアブラハムのまえあらわれた。ひるあつころ,アブラハムがてんまくぐちすわっていたときのことだった。  アブラハムがげると,すこはなれたところに3にんひとっているのがえた+。それでそのひとたちをむかえるためにはしっていき,ひれした。  そしてこうった。「エホバ,わたしがもしあなたのこうていましたら,どうか,わたしまえとおぎないでください。  みずすこってきますので,みなさんのあしあらわせてください+。そしてしたやすんでいってください。  せっかくられたのです。パンもおちしますので,がってつかれをやし,たびをおつづけください」。するとそのひとたちはった。「かりました。そのようにしてください」。  アブラハムはてんまくにいるサラのところいそいでって,こうった。「じょうとうむぎ3ばいぶん*をこねて,パンをつくってくれないか。いそいでほしい」。  それからアブラハムはちくれのところはしっていき,やわらかくてじょうしつわかうしえらんで使つかいにわたし,調ちょういそいでからせた。  その,バターとミルクと調ちょうしたにくってきて3にんした。そのひとたちがべているあいだは,そばのしたっていた+  かれらはアブラハムにった。「あなたのつまサラはどこにいるのですか+」。アブラハムは,「このてんまくなかにおります」とこたえた。 10  3にんのうちの1人ひとりった。「らいねんいまごろ,わたしかならずあなたのところにまたます。あなたのつまサラにはおとこまれます+」。そのときてんまくぐちにいたサラは,うしろでいていた。 11  アブラハムとサラはじょうこうれい+,サラはもうどもができるねんれいぎていた+ 12  そのためサラはこころなかわらいだしてこうった。「わたしはすっかりおとろえ,しゅじんとしいているのに,そんなにうれしいことがあるのかしら+」。 13  するとエホバはアブラハムにった。「サラがわらって,『としいたわたしほんとうどもめるのだろうか』とったのはどうしてですか。 14  エホバにとってのうなことなどあるでしょうか+らいねんいまごろ,わたしはあなたのところにまたます。サラにはおとこまれます」。 15  しかしサラは,「わたしわらっていません!」とった。おそれていたのである。かみった。「いいえ,あなたはわらいました」。 16  3にんがってしゅっぱつし,ソドム+ほうろした。アブラハムも,おくりのためにいっしょあるいていた。 17  エホバはった。「わたしは,おこなおうとしていることをアブラハムからかくしません+ 18  アブラハムからだいつよこくみんかならまれ,アブラハムによってじょうすべてのこくみんしゅくふく*ます+ 19  わたしはアブラハムのことをよくるようになりました。それは,アブラハムのめいれいによって,アブラハムのそんやそのいえひとたちがただしくこうせいなことをおこない,エホバのみちまもるようにするためでした+。そのようにして,エホバはアブラハムにかんしてやくそくしたことがらじつげんさせるのです」。 20  そこでエホバはった。「ソドムとゴモラのつみきわめておも+かれらについてのじょうさけびはあまりにもおおきいです+ 21  わたしくだっていってたしかめます。わたしとどいたさけどおりのことがきているかどうかをりたいのです+」。 22  ここで2人ふたりがそのはなれ,ソドムのほうかった。しかしエホバ+はアブラハムのところのこった。 23  それでアブラハムはちかづいてこうった。「あなたはほんとうに,じゃあくひといっしょただしいひとほろぼされるのですか+ 24  もしまちなかただしいひとが50にんいるとしたらどうでしょうか。それでもほろぼされますか。50にんただしいひとのためにそのまちようしゃすることはされないのでしょうか。 25  じゃあくひといっしょただしいひとほろぼして,ただしいひとじゃあくひとおなわせるようなことを,あなたがなさるはずはありません+。あなたにかぎってありないことです+じょうひとすべてをさばかたは,ただしいことをおこなわれるのではありませんか+」。 26  エホバはった。「ソドムのまちただしいひとが50にんいるなら,そのひとたちのためにまちぜんたいようしゃしましょう」。 27  アブラハムはふたたった。「エホバ,おねがいです。つちはいにすぎないわたしですが,もうげさせてください。 28  もしただしいひとかずが50にんに5にんりないとしたらどうでしょうか。5にんりないのでまちぜんたいほろぼされますか」。かみった。「45にんいるなら,ほろぼしません+」。 29  アブラハムはさらにった。「もし40にんだとしたらどうでしょうか」。かみこたえた。「その40にんのために,ほろぼすことはしません」。 30  アブラハムはつづけた。「エホバ,どうか,おいかりにならずに+いてください。もし30にんしかいないとしたらどうでしょうか」。かみこたえた。「30にんいるなら,ほろぼしません」。 31  アブラハムはさらにつづけた。「エホバ,おねがいです。もうげさせてください。もし20にんしかいないとしたらどうでしょうか」。かみこたえた。「その20にんのために,ほろぼすことはしません」。 32  アブラハムはった。「エホバ,どうか,おいかりにならずにもういちだけいてください。もし10にんしかいないとしたらどうでしょうか」。かみこたえた。「その10にんのために,ほろぼすことはしません」。 33  エホバははなえるとっていき+,アブラハムはてんまくかえった。

脚注

22リットル。
または,「獲得し」。

注釈

メディア