創世記 16:1-16

16  さて,アブラムのつまサライはども一人ひとりんでいなかった+。サライには,エジプトじん使つかいがいた。まえはハガルといった+  そこでサライはアブラムにこうった。「おねがいがあります。エホバは,わたしどもまないようにしておられます。それで,わたし使つかいとかんけいってください。わたしかのじょによってどもてるかもしれません+」。アブラムはサライがったことをれた。  アブラムのつまサライは,エジプトじん使つかいハガルをれていき,おっとアブラムにつまとしてあたえた。アブラムがカナンほうんで10ねんがたったころのことだった。  こうしてアブラムはハガルとかんけいち,ハガルはにんしんした。ハガルはにんしんしたことがかると,おんなしゅじんくだすようになった。  サライはアブラムにった。「わたしきずついたのはあなたのせきにんです。使つかいをあなた*あたえたのはわたしですが,かのじょにんしんしたことがかると,わたしくだすようになりました。エホバがわたしとあなたをさばいてくださいますように」。  アブラムはサライにった。「あなたの使つかいのことは,あなたがめることができる。あなたがいとおもとおりにしなさい」。それでサライはハガルをきびしくあつかい,ハガルはげていった。  その,エホバのてん使が,こういずみ,シュル+へのみちにあるいずみところでハガルをつけた。  そしてこうった。「サライの使つかいハガル,あなたはどこからたのですか。どこへくのですか」。ハガルはった。「おんなしゅじんサライのもとからげているところです」。  するとエホバのてん使った。「おんなしゅじんのもとにかえって,けんそんになりなさい」。 10  それからエホバのてん使った。「わたしはあなたのそん*じょうおおくし,かぞれないほどにします+」。 11  エホバのてん使はさらにった。「いまあなたはにんしんしていて,やがておとこみます。そのをイシュマエル*けなければなりません。エホバがあなたののうについていたからです。 12  あなたのは,ロバ*のようなひとになります。かれだれにでもてきたいし,だれもがかれてきたいします。かれきょうだいたちのかいがわ*みます」。 13  ハガルはぶんかたけていたかたエホバのび,「あなたはすべてをごらんになる*かみです+」とった。そして,「わたしていてくださるかたを,わたしはここでじっさいた」とった。 14  それで,そのはベエル・ラハイ・ロイ*ばれた。(カデシュとベレドのあいだにある。) 15  ハガルはおとこみ,アブラムはそのをイシュマエル+けた。 16  ハガルがイシュマエルをんだとき,アブラムは86さいだった。

脚注

直訳,「あなたの懐」。
直訳,「種」。
意味,「神は聞く」。
または,「オナガー」(野ロバの一種)。シマウマのこととも考えられる。独立心に言及していると思われる。
もしかすると,「兄弟たちに敵対心を抱いて」。
または,「私を見ていてくださる」,「ご自分をお見せになる」。
意味,「私を見ている生きている方の井戸」。

注釈

メディア