創世記 16:1-16

16  さて,アブラムの妻サライは子供を一人も産んでいなかった+。サライには,エジプト人の召し使いがいた。名前はハガルといった+  そこでサライはアブラムにこう言った。「お願いがあります。エホバは,私が子供を産まないようにしておられます。それで,私の召し使いと関係を持ってください。私は彼女によって子供を持てるかもしれません+」。アブラムはサライが言ったことを聞き入れた。  アブラムの妻サライは,エジプト人の召し使いハガルを連れていき,夫アブラムに妻として与えた。アブラムがカナン地方に住んで10年がたった頃のことだった。  こうしてアブラムはハガルと関係を持ち,ハガルは妊娠した。ハガルは妊娠したことが分かると,女主人を見下すようになった。  サライはアブラムに言った。「私が傷ついたのはあなたの責任です。召し使いをあなた*に与えたのは私ですが,彼女は妊娠したことが分かると,私を見下すようになりました。エホバが私とあなたを裁いてくださいますように」。  アブラムはサライに言った。「あなたの召し使いのことは,あなたが決めることができる。あなたが良いと思う通りにしなさい」。それでサライはハガルを手厳しく扱い,ハガルは逃げていった。  その後,エホバの天使が,荒野の泉,シュル+への道にある泉の所でハガルを見つけた。  そしてこう言った。「サライの召し使いハガル,あなたはどこから来たのですか。どこへ行くのですか」。ハガルは言った。「女主人サライのもとから逃げているところです」。  するとエホバの天使は言った。「女主人のもとに帰って,謙遜になりなさい」。 10  それからエホバの天使は言った。「私はあなたの子孫*を非常に多くし,数え切れないほどにします+」。 11  エホバの天使はさらに言った。「今あなたは妊娠していて,やがて男の子を産みます。その子をイシュマエル*と名付けなければなりません。エホバがあなたの苦悩について聞いたからです。 12  あなたの子は,野ロバ*のような人になります。彼は誰にでも敵対し,誰もが彼に敵対します。彼は兄弟たちの向かい側に*住みます」。 13  ハガルは自分に語り掛けていた方エホバの名を呼び,「あなたは全てをご覧になる*神です+」と言った。そして,「私を見ていてくださる方を,私はここで実際に見た」と言った。 14  それで,その井戸はベエル・ラハイ・ロイ*と呼ばれた。(カデシュとベレドの間にある。) 15  ハガルは男の子を産み,アブラムはその子をイシュマエル+と名付けた。 16  ハガルがイシュマエルを産んだ時,アブラムは86歳だった。

脚注

直訳,「あなたの懐」。
直訳,「種」。
意味,「神は聞く」。
または,「オナガー」(野ロバの一種)。シマウマのこととも考えられる。独立心に言及していると思われる。
もしかすると,「兄弟たちに敵対心を抱いて」。
または,「私を見ていてくださる」,「ご自分をお見せになる」。
意味,「私を見ている生きている方の井戸」。

注釈

メディア