創世記 12:1-20

12  エホバはアブラムに言った。「あなたが住んでいる土地を出て,あなたの親族と父の家族から離れ,私が示す土地に行きなさい+  私は,あなたから偉大な国民が生まれるようにし,あなたを祝福し,あなたの名を偉大なものにしよう。あなたを通して人々は祝福を受ける+  私は,あなたに祝福があることを願い求める人たちを祝福し,あなたに不幸があることを願い求める人に災いをもたらす+。あなたによって地上の家族全てが必ず祝福を受ける*+」。  アブラムはエホバに言われた通りに旅立った。ロトも一緒だった。アブラムは,75歳の時にハランを出た+  妻のサライ+,おいのロト+,蓄えてきた財産+とハランで得た召し使いたちと共に,カナン地方+に向かった。カナン地方に入ると,  アブラムは進んでいき,シェケム+の所,モレの大木林+の近くに来た。当時,その地方にはカナン人がいた。  エホバがアブラムに現れて,こう言った。「私はこの地方をあなたの子孫*+与えよう+」。それでアブラムは,自分に現れたエホバのためにそこに祭壇を作った。  やがてアブラムはそこからベテル+の東の山地に移動し,ベテルを西,アイ+を東にして天幕を張った。そしてエホバのためにそこに祭壇を作り+,エホバの名を呼んだ*+  その後,アブラムは天幕を畳んでネゲブ+に向けて出発し,宿営を移動させながら進んだ。 10  さて,その地方で飢饉が起きた。飢饉は深刻だったので+,アブラムは一時的に*住む場所を求めてエジプトに向かった+ 11  エジプトに入ろうとしていた時,アブラムは妻サライに言った。「ちょっと聞いてほしい。あなたはとても美しい+ 12  だから,あなたを見たエジプト人は,『この人はあの男の妻だ』と言い,私を殺してあなたを生かしておくだろう。 13  それで,私の妹だと言ってくれないか。そうすれば,私は無事でいられる。あなたのおかげで,死なずに済むのだ+」。 14  アブラムがエジプトに入るとすぐ,エジプト人はサライを見て,非常に美しいと思った。 15  ファラオに仕える高官たちも彼女を見た。そしてファラオの前で彼女のことを褒めるようになった。そのため,サライはファラオの家に招き入れられた。 16  ファラオはサライを気に入ったため,アブラムに良い待遇をし,羊,牛,ロバ,男女の召し使い,ラクダを与えた+ 17  そこでエホバは,アブラムの妻サライ+のことで,ファラオとその家の人たちに大きな災厄をもたらした。 18  それでファラオはアブラムを呼んで,こう言った。「何ということをしてくれたのだ。彼女は自分の妻だ,とどうして私に言わなかったのか。 19  どうして,『妹です+』などと言ったのか。彼女を私の妻にするところだった。さあ,あなたの妻を連れて,出ていきなさい!」 20  ファラオは家来たちに命じて,アブラムと妻,アブラムの全てのものを送り出させた+

脚注

または,「獲得する」。
直訳,「種」。
または,「賛美した」。
または,「外国人として」。

注釈

メディア