創世記 11:1-32

11  さて,地上の人々は皆,1つの言語,同じ言葉を話していた。  人々は東に移動すると,シナル地方+に谷あいの平原を見つけ,そこに住み始めた。  人々はこう話し合った。「焼いてれんがを作ろう」。それで人々は石の代わりにれんがを,モルタルの代わりに歴青*を使った。  そして言った。「町を造り,天にまで届く塔を建てて,われわれの名をとどろかせよう。そうすれば,われわれが地上全体に散らされることはない+」。  その後エホバは,人々が建てた町と塔を見ようとして下っていった。  エホバは言った。「彼らは1つの言語を話し,団結している+。そして,このようなことをし始めた。今や彼らはしようと思ったことを何でもできる。  さあ,私たち+は下っていき,言語を混乱させ,彼らが互いの言語を理解できないようにしよう」。  こうしてエホバは人々をそこから地上全体に散らした+。人々は次第に町の建設をやめていった。  そこはバベル*+と名付けられた。エホバがその場所で地上の人々の言語を混乱させたからである。エホバは人々をそこから地上全体に散らした。 10  以下はセム+の系譜である。 洪水の2年後,セムが100歳だった時,アルパクシャド+が生まれた。 11  セムは,アルパクシャドが生まれてから,さらに500年生きた。ほかにも息子や娘たちが生まれた+ 12  アルパクシャドが35歳の時,シェラハ+が生まれた。 13  アルパクシャドは,シェラハが生まれてから,さらに403年生きた。ほかにも息子や娘たちが生まれた。 14  シェラハが30歳の時,エベル+が生まれた。 15  シェラハは,エベルが生まれてから,さらに403年生きた。ほかにも息子や娘たちが生まれた。 16  エベルが34歳の時,ペレグ+が生まれた。 17  エベルは,ペレグが生まれてから,さらに430年生きた。ほかにも息子や娘たちが生まれた。 18  ペレグが30歳の時,レウ+が生まれた。 19  ペレグは,レウが生まれてから,さらに209年生きた。ほかにも息子や娘たちが生まれた。 20  レウが32歳の時,セルグが生まれた。 21  レウは,セルグが生まれてから,さらに207年生きた。ほかにも息子や娘たちが生まれた。 22  セルグが30歳の時,ナホルが生まれた。 23  セルグは,ナホルが生まれてから,さらに200年生きた。ほかにも息子や娘たちが生まれた。 24  ナホルが29歳の時,テラ+が生まれた。 25  ナホルは,テラが生まれてから,さらに119年生きた。ほかにも息子や娘たちが生まれた。 26  テラが70歳になってから,アブラム+,ナホル+,ハランが生まれた。 27  以下はテラについての記録である。 テラにはアブラム,ナホル,ハランが生まれた。ハランにはロト+が生まれた。 28  ハランは,出生地であるカルデア人+の町ウル+で死んだ。父テラがまだ生きている時だった。 29  アブラムとナホルはそれぞれ結婚した。アブラムの妻はサライ+といった。ナホルの妻はミルカ+といい,ハランの娘だった。ハランにはミルカとイスカという娘がいた。 30  サライは子供ができなかった+ 31  ある時,テラは,息子アブラムと,ハランの息子である孫ロト+と,アブラムの妻である嫁サライを連れ,カルデア人の町ウルを出てカナン地方+に向かった。一行はやがてハラン+に着き,そこに住み始めた。 32  テラは205年生き,ハランで死んだ。

脚注

天然アスファルトのこと。
意味,「混乱」。

注釈

メディア