創世記 10:1-32

10  以下は,ノアの子*,セム+,ハム,ヤペテの系譜である。 洪水の後,3人に子が生まれた+  ヤペテの子は,ゴメル+,マゴグ+,マダイ,ヤワン,トバル+,メシェク+,ティラス+  ゴメルの子は,アシュケナズ+,リファト,トガルマ+  ヤワンの子は,エリシャ+,タルシシュ+,キッテム+,ドダニム。  これらの人の子孫は島々に住み,言語や種族や国民ごとに各地に広がった。  ハムの子は,クシュ,ミツライム+,プト+,カナン+  クシュの子は,セバ+,ハビラ,サブタ,ラアマ+,サブテカ。 ラアマの子は,シェバ,デダン。  クシュにはニムロデも生まれた。ニムロデは,地上で力を振るった最初の人だった。  そしてエホバに敵対する強い狩人になった。そのため,「エホバに敵対する強い狩人ニムロデのようだ」という言い方がある。 10  ニムロデの王国は当初,シナル地方+にあるバベル+,エレク+,アッカド,カルネを治めた。 11  ニムロデはその地方からアッシリア+に行き,ニネベ+,レホボト・イル,カラハを築いた。 12  また,ニネベとカラハの間にレセンを築いた。大きな町である* 13  ミツライムの子は,ルディム+,アナミム,レハビム,ナフトヒム+ 14  パトルシム+,カスルヒム(この家系からフィリスティア人+が出た),カフトリム+ 15  カナンの子は,長男シドン+,ヘト+ 16  およびエブス人+,アモリ人+,ギルガシ人, 17  ヒビ人+,アルキ人,シニ人, 18  アルワド人+,ツェマル人,ハマト人+である。やがてカナン人の種族は散らばった。 19  カナン人の領土は,シドンから,ガザ+に近いゲラル+まで,またラシャに近いソドム,ゴモラ+,アドマ,ツェボイイム+までだった。 20  以上が,種族,言語,国民ごとに各地に住み着いたハムの子である。 21  セムにも子ができた。セムはエベル+の子全ての父祖であり,長男ヤペテの弟*である。 22  セムの子は,エラム+,アシュル+,アルパクシャド+,ルド,アラム+ 23  アラムの子は,ウツ,フル,ゲテル,マシュ。 24  アルパクシャドの子はシェラハ+で,シェラハの子はエベル。 25  エベルには2人の子が生まれた。一方はペレグ*+といった。彼の生涯中に地上の人々*が分けられたからだった。ペレグの兄弟はヨクタン+といった。 26  ヨクタンの子は,アルモダド,シェレフ,ハツァルマベト,エラハ+ 27  ハドラム,ウザル,ディクラ, 28  オバル,アビマエル,シェバ, 29  オフィル+,ハビラ,ヨバブ。これらの人は皆,ヨクタンの子である。 30  彼らは,メシャから,東方の山地のセファルまでの地域に住んだ。 31  以上が,種族,言語,国民ごとに各地に住み着いた+セムの子である。 32  これが,家系や国民ごとに挙げたノアの子の種族である。洪水後,これらの種族の子孫が各地に広がり,さまざまな国民となった+

脚注

用語集参照。
もしかすると,「これらが1つの大きな町を形成している」。
もしかすると,「ヤペテの兄」。
意味,「分離」。
直訳,「地」。

注釈

メディア