列王記​第​二 7:1-20

7  エリシャはった。「エホバのこときなさい。エホバはこうっています。『明日あすいまごろ,サマリアのもん*で,じょうとうむぎ7リットルがぎん1まい*おおむぎ14リットルがぎん1まい*になる+』」。  おうしんらいするふくかんが,しんかみつかわされたひとった。「たとえエホバがてんすいもんひらいたとしても,そのようなことがありるだろうか+」。エリシャはった。「あなたはそうなるのをぶんますが+べることはありません+」。  もんぐちおもびょうわずらひとが4にんいた+かれらはこうはなった。「われわれはぬまでここにすわっているのか。  『はいろう』とったところで,ないではしょうじているので+はいってもぬことになる。ここにすわっていても,どうせぬ。それなら,シリアじんじんえいこう。かれらがもしかしておいてくれるなら,つづけられるし,われわれをころすなら,ぬまでのことだ」。  かれらはゆうやみころがり,シリアじんじんえいった。シリアじんじんえいはずれにると,そこにはだれもいなかった。  エホバがシリアじんじんえいに,せんしゃうまおとたいぐんおとをとどろかせたため+,シリアじんは「イスラエルのおうがわれわれをめるため,ヘトじんおうたちとエジプトのおうたちをやとったのだ!」とくちぐちい,  すぐにがってゆうやみなかったのである。てんまくうまもロバもりにし,びようとじんえいをそのままにしてっていた。  おもびょうの4にんじんえいはずれにてんまくの1つにはいり,べたりんだりし,そこからぎんきんふくしてかくした。そのもどってきてべつてんまくはいり,ものしてかくした。  やがて4にんはこうった。「これではよくない。今日きょうはいいなのだから,このらせをつたえなくては。がたまでなにわずだまっていたら,きっとばつくだる。って,おういえほうこくしよう」。 10  かれらはってもんばんたちにけ,こうほうこくした。「シリアじんじんえいったのですが,そこにはだれもおらず,なんこえもしませんでした。うまやロバはつながれたままで,てんまくもそのままでした」。 11  もんばんたちはすぐにおおごえさけび,そのことがおういえほうこくされた。 12  おうなかにすぐきて,らいたちにった。「シリアじんがたくらんでいることをおしえよう。かれらはわたしたちがえているのをっている+。それで,じんえいはらかくれ,『やつらがからてきたらりにし,しんにゅうしよう』とかんがえているのだ+」。 13  らい1人ひとりった。「のこっているうま5とう使つかってていさつしゃおくすのはどうでしょうか。いずれにしても,けっきょくはここにのこっているイスラエルのぜんぐんしゅうおないます。すでにほろんだイスラエルのぐんしゅうおなじことになってしまうのです。ように,だれひとおくしましょう」。 14  そこでうまと2りょうへいしゃようされ,おうは「てきなさい」とって,ていさつしゃたちをシリアじんじんえいおくした。 15  かれらはヨルダンがわまであとっていった。みちいたところに,シリアじんあわててげるなかてていったふくらばっていた。ていさつしゃたちはもどってきて,そのことをおうほうこくした。 16  そこでひとびとていってシリアじんじんえいものうばったので,じょうとうむぎ7リットルがぎん1まいおおむぎ14リットルがぎん1まいになった。エホバのこととおりだった+ 17  おうしんらいしてもんかんまかせていたふくかんは,もんところひとびとたおされてんだ。しんかみつかわされたひとが,やっておうはなしたこととおりになったのである。 18  こうして,しんかみつかわされたひとおうに,「明日あすいまごろ,サマリアのもんで,おおむぎ14リットルがぎん1まいじょうとうむぎ7リットルがぎん1まいになる」とったとおりになった+ 19  ふくかんしんかみつかわされたひとに,「たとえエホバがてんすいもんひらいたとしても,そんなことがありるだろうか」とったが,エリシャは「あなたはそうなるのをぶんますが,べることはありません」とっていた。 20  まさにそのとおりのことがかれきた。もんところひとびとたおされてんだのである。

脚注

または,「市場」。
11.4グラム。
11.4グラム。

注釈

メディア