列王記​第​二 6:1-33

6  げんしゃたち+がエリシャにった。「ごらんください。わたしたちがあなたとともんでいるこのしょせまぎます。  ヨルダンがわきましょう。かくがそこでまるって,そこにところつくりましょう」。エリシャは,「きなさい」とった。  あるひとった。「あなたもいっしょてください」。エリシャは,「わたしきましょう」とった。  こうしてエリシャはかれらといっしょき,かれらはヨルダンがわて,たおはじめた。  そのうちの1人ひとりっていると,おののあたまはずれてみずなかちた。そして,「ああ,エリシャ,これはりたものなんです」とさけんだ。  しんかみつかわされたひとった。「どこにちたのですか」。そのひとしょしめした。するとエリシャは1ぺんってそこにれ,おののあたまかびがらせた。  エリシャは「ひろげなさい」とい,そのひとばしてった。  さて,シリアのおうがイスラエルにたたかいをけた+おうらいたちにそうだんしてった。「わたしはおまえたちとともにこれこれのしょじんえいる」。  すると,しんかみつかわされたひと+はイスラエルのおうのもとにひとおくってこうつたえた。「このしょとおらないようけなさい。そこにシリアじんがやってます」。 10  それで,イスラエルのおうしんかみつかわされたひとわれたしょけいこくした。エリシャがそのけいこくしたので,そのたびにおうはそこからとおざかった+。そうしたことがなん*あった。 11  そのため,シリアのおうげきし,らいたちをあつめてった。「え! われわれのなかだれがイスラエルのおうつうじているのか」。 12  らい1人ひとりった。「おうよ,そんなひとだれもいません! あなたがしんしつはなされることをイスラエルのおうげているのは,イスラエルにいるげんしゃエリシャです+」。 13  そこでおうった。「かれがどこにいるかさがしにけ。つかったら,へいたちをおくってかれつかまえる」。やがて,「かれはドタン+にいます」というほうこくがあった。 14  おうただちに,うませんしゃたいぐんとをそこにおくった。ぐんたいよるのうちにってまちかこんだ。 15  しんかみつかわされたひとじゅうしゃ*あさはやきてそとると,うませんしゃぐんぜいまちかこんでいるのがえた。すぐにじゅうしゃった。「ああ,エリシャ! どうしましょう」。 16  エリシャはった。「おそれてはいけません+かれらとともにいるものよりも,わたしたちとともにいるものほうおおいのです+」。 17  そしていのってこうった。「エホバ,どうかかれひらいて,えるようにしてください+」。エホバはすぐにじゅうしゃひらいた。じゅうしゃると,なんさんにはエリシャをくように+うませんしゃ+がいっぱいならんでいた。 18  シリアじんかってくると,エリシャはエホバにいのってった。「どうかこのひとたちをってえなくしてください+」。するとかみは,エリシャのねがどおり,かれらをってえなくした。 19  エリシャはかれらにった。「そっちではありません。そのまちではありません。いてきなさい。あなたがたさがしているひとところあんないしてあげましょう」。エリシャはそういつつも,かれらをサマリア+あんないした。 20  サマリアにとうちゃくすると,エリシャはこうった。「エホバ,このひとたちのひらいて,えるようにしてください」。エホバはかれらのひらいた。かれらがると,かれらはサマリアのなかにいた。 21  イスラエルのおうかれらをて,エリシャにった。「エリシャ,かれらをつべきでしょうか。つべきでしょうか」。 22  エリシャはった。「ってはいけません。たたか*りょにしたひとつというのですか。パンとみずあたえていさせ+しゅじんのもとにかえらせなさい」。 23  それでおうかれらのためにせいだいえんひらき,かれらはいした。そのおうかれらをおくし,しゅじんのもとにかえらせた。シリアじんりゃくだつたい+がイスラエルにることはとなかった。 24  その,シリアのおうベン・ハダドはぜんぐんあつめ,ていってサマリアをほうした+ 25  そのためサマリアはしんこく+われ,ほうつづなか,ついにはロバのあたま+1つがぎん80まい,ハトのふん0.3リットルがぎん5まいになった。 26  イスラエルのおうじょうへきうえとおっていたとき,あるじょせいが,「ああ,おうよ,おたすけください!」とさけんだ。 27  おうは,「エホバがあなたをたすけないのであれば,わたしはいったいどこからたすけをってこられるのか。だっこくからか。それとも,ブドウやあぶらしぼからか」とった。 28  そして,「どうしたというのか」とたずねた。かのじょこたえた。「このじょせいから,『あなたのをよこしなさい。今日きょうそのべましょう。あしたはわたしべましょう』とわれました+ 29  それでわたしたちはわたしべました+つぎわたしかのじょに,『あなたのをよこしなさい。そのべましょう』といました。ところが,かのじょはそのかくしたのです」。 30  おうはそのじょせいことくと,すぐにふくいた+おうじょうへきうえとおると,たみには,おうふくした*あらぬのけているのがえた。 31  おうった。「もし今日きょうシャファトのエリシャのくびがはねられずにいるなら,かみわたしきびしくばっしますように+!」 32  エリシャはぶんいえすわり,ちょうろうたちもいっしょすわっていた。おう使しゃつかわし,ぶんよりさきかせた。エリシャはその使しゃとうちゃくするまえに,ちょうろうたちにった。「みなさんには,あのひとごろ+わたしくびをはねにひとつかわしたのがえますか。けてください。使しゃたらすぐめ,はいってこないようさえていてください。あとからおうあしおとこえませんか」。 33  エリシャがかれらとまだはなしているうちに,使しゃがやってた。おうて,こうった。「このわざわいはエホバからのものだ。これじょうどうしてエホバをっていられるだろうか」。

脚注

または,「一度や二度ならず」。
または,「奉仕者」。
または,「剣や弓」。
または,「肌着として」。

注釈

メディア