列王記​第​二 5:1-27

5  シリアのおうぐんたいちょうナアマンはすぐれたひとで,しゅじんからおもんじられていた。エホバがナアマンをとおしてシリアにしょう*あたえたからだった。ナアマンはつよせんだったが,おもびょうわずらっていた。  ナアマンのつま使つかいに1人ひとりしょうじょがいた。かつてシリアじんがイスラエルをしゅうげきしたときりょとしてれてきたしょうじょだった。  しょうじょおんなしゅじんった。「ごしゅじんさまがサマリアのげんしゃ+ところかれたら,そのかたおもびょうなおしてくださるはずです+」。  そこであるひと*しゅじんのもとにき,イスラエルからしょうじょったことをはなした。  シリアのおうった。「すぐきなさい! イスラエルのおうがみおくろう」。それでナアマンは,ぎん340キロときん6000まいふく10ちゃくってけた。  そしてがみをイスラエルのおうっていった。こうかれていた。「このがみともわたしらいナアマンをあなたのもとにおくります。かれおもびょうなおしてくださいますように」。  イスラエルのおうがみむと,ふくいてこうった。「わたしが,ころしもかしもするかみだとでもいうのか+かれはこのおとこおくってきて,おもびょうなおせとっている。これはどうても,けんかをっている」。  しんかみつかわされたひとエリシャは,イスラエルのおうふくいたことをき,すぐにひとつかわしておうにこうつたえた。「どうしてふくいたのですか。そのひとわたしところさせてください。イスラエルにげんしゃがいることをるでしょう+」。  それでナアマンはうませんしゃともて,エリシャのいえぐちった。 10  ところがエリシャは,使しゃとおしてナアマンにこうつたえた。「ヨルダンがわき,そこで7かい+からだあらいなさい+。そうすれば,あなたのからだもともどり,きよくなります」。 11  するとナアマンはふんがいし,ろうとしてった。「わたしは,『かれわたしところてきてここにち,かれかみエホバのんで,かんうえぜんうごかしてなおすのだろう』とおもっていた。 12  ダマスカス+のアバナがわやファルパルがわほうが,イスラエルのどのかわよりもいいではないか。それらのかわからだあらうのではきよくなれないのか」。こうしてかれきをえ,おこりながらっていった。 13  するとらいたちがナアマンにちかってこうった。「ごしゅじんさま*,あのげんしゃからなにたいへんなことをするようにわれたとしても,そのとおりになさるのではありませんか。かれはただ,『からだあらって,きよくなりなさい』とったのですから,そうしてもよいのではありませんか」。 14  それでナアマンはって,しんかみつかわされたひとわれたとおり,ヨルダンがわに7かいからだひたした+。すると,かれはだもともどってしょうねんはだのようになり+きよくなった+ 15  ナアマンはたちととももどって,しんかみつかわされたひとまえち,こうった+。「イスラエルがいにはどこにもかみはいないことがかりました+わたしからのおくものをどうぞってください」。 16  エリシャはった。「わたしつかえるきているかみエホバにけてちかいます。わたしりません+」。ナアマンは,るようしきりにすすめたが,エリシャはこばつづけた。 17  ナアマンはった。「それでしたら,2とうのラバにせられるだけのイスラエルのつちいただけないでしょうか。わたしはもうエホバがいのどんなかみにもぜんしょうささものせいささげることはしません。 18  ただつぎのことだけ,エホバがゆるしてくださいますように。しゅじんは,リモンのいえ*はいってそこでをかがめるときに,わたしうでかるので,わたしもリモンのいえをかがめなければなりません。わたしがリモンのいえをかがめるとき,どうかエホバがそのことをゆるしてくださいますように」。 19  エリシャはった。「あんしんしてきなさい」。ナアマンがエリシャのところて,いくらかすすんだころ 20  しんかみつかわされたひと+エリシャのじゅうしゃゲハジ+はこうおもった。「わたししゅじんは,あのシリアじんナアマン+ってきたものらないで,そのままかせた。きているかみエホバにけてちかう。わたしかれけてなにかをもらおう」。 21  こうしてゲハジはナアマンのあとっていった。ナアマンはだれかがけてきたのをて,へいしゃからりてむかえ,「なにかありましたか」とった。 22  ゲハジはった。「なにもないのですが,しゅじんつかわされて,こううようにとたのまれました。『たったいま,エフライムのさんからげんしゃたちのわかもの2人ふたりわたしところにやってました。どうかかれらにぎん34キロとふく2ちゃくあたえてください+』」。 23  ナアマンは,「どうぞ68キロってください」とってしきりにすすめた+。そしてぎん68キロとふく2ちゃくを2つのふくろれて,じゅうしゃ2人ふたりわたした。じゅうしゃたちはそれをはこび,ゲハジのさきすすんだ。 24  ゲハジはオフェル*くと,じゅうしゃたちがはこんだものっていえなかいた。そしてかれらをかえらせたあと 25  しゅじんところはいってそばにった。エリシャはった。「ゲハジ,どこにっていたのですか」。ゲハジはった。「どこにもっていません+」。 26  エリシャはった。「あのひとへいしゃからりて,けてきたあなたをむかえたことを,わたしらないとでもおもっているのですか。いまは,ぎんったり,ふくやオリーブばたけやブドウえんひつじうしだんじょ使つかいをったりするときでしょうか+ 27  あなたとあなたのそんには,ナアマンのおもびょう+がいつまでもまとわりきます」。ゲハジはおもびょうおかされてゆきのようにしろくなり+,すぐにエリシャのまえからていった。

脚注

または,「救出」。
ナアマンのことかもしれない。
直訳,「父」。
または,「神殿」。
サマリアにあった場所。丘か防備された所かもしれない。

注釈

メディア