列王記​第​二 4:1-44

4  げんしゃたち+つま1人ひとりがエリシャにうったえるようにった。「わたしおっとにました。よくごぞんじのように,おっとはエホバをずっとおそれていました+。でも,さいけんしゃて,わたし2人ふたりどもってれいにしようとしています」。  エリシャはかのじょった。「そうでしたか。なにかしましょう。あなたのいえにはなにがあるか,おしえてください」。かのじょこたえた。「わたしいえには,あぶらのつぼ*がいなにもありません+」。  エリシャはった。「そとって,きんじょひとたちみんなからつぼをりてきてください。からのつぼを,できるだけおおくです。  それからいえはいり,じてあなたと息子むすこたちだけになり,すべてのつぼにあぶらそそいでください。いっぱいになったものはわきいてください」。  それでかのじょっていった。 かのじょじてぶん息子むすこたちだけになると,息子むすこたちはつぼをわたし,かのじょあぶらそそいでいった+  つぼがどれもいっぱいになると,かのじょ息子むすこ1人ひとりに,「つぼをってきて」とった+。しかし息子むすこは,「つぼはもうないよ」とった。するとあぶらまった+  かのじょしんかみつかわされたひとところってほうこくすると,こうげられた。「そのあぶらりにき,さいへんさいしなさい。そののこりであなたと息子むすこたちはせいかつしていけます」。  ある,エリシャがシュネム+くと,そこに1人ひとりちょめいじょせいがいて,しょくをしていくようしきりにエリシャにすすめた+。それでエリシャはそこをとおるたびにってしょくをするようになった。  かのじょおっとった。「いつもわたしたちのいえかたは,きっとかみつかえるせいなるひとです。 10  おくじょうちいさなつく+,あのかたのためにそこにベッドとつくえとランプだいくのはどうでしょう。そうすれば,あのかたとき,そこでやすんでいただけます+」。 11  ある,エリシャはそこにて,よこになろうとしておくじょうった。 12  かれじゅうしゃのゲハジ+った。「あのじょせいびなさい」。そこでゲハジはかのじょに,るようにとった。 13  エリシャはゲハジにった。「かのじょにこうってください。『あなたはいろいろとわたしたちのめんどうてくれました+。あなたのためにできることがなにかありますか+おうぐんたいちょうってほしいことがありますか+』」。かのじょこたえは,「わたしわたしたみなからしていますので,だいじょうです」というものだった。 14  エリシャはった。「かのじょのためにできることがなにかありますか」。ゲハジはった。「かのじょには息子むすこがいなくて+,しかもおっととしっています」。 15  すぐにエリシャはった。「かのじょびなさい」。ゲハジがぶとかのじょぐちった。 16  エリシャはった。「らいねんいまごろ,あなたはおとこいているでしょう+」。かのじょった。「あなたはしんかみつかわされたひとです。こんなわたしにそのようなうそはおっしゃらないでください」。 17  しかしかのじょにんしんし,エリシャがったとおり,よくねんおなころおとこんだ。 18  そのせいちょうし,あるそとにいるちちおやところった。ちちおやりをするひとたちといっしょにいた。 19  そのちちおやに,「あたまが,あたまいたい!」となんった。ちちおやじゅうしゃに,「このいてははおやところってくれないか」とった。 20  それでじゅうしゃはそのいてははおやところった。そのひるまでははおやひざすわっていたが,んでしまった+ 21  ははおやうえって,しんかみつかわされたひと+のベッドにそのかせ,じててきた。 22  かのじょおっとんでった。「じゅうしゃ1人ひとりとロバ1とう使つかわせてください。しんかみつかわされたひとところいそいでかせてください。そのあともどってきます」。 23  おっとった。「今日きょうしんげつ+でもあんそくでもないのに,どうしてあのかたところくのか」。かのじょは,「だいじょうですから」とった。 24  かのじょはロバにくらをき,じゅうしゃった。「いそぎましょう。わたしのことはにせず,わたしなにわないかぎり,そくとさずにすすみなさい」。 25  こうしてかのじょは,しんかみつかわされたひとがいるカルメルさんかった。しんかみつかわされたひととおくからかのじょて,じゅうしゃゲハジにった。「ごらんなさい。あのシュネムのじょせいこうにいます。 26  はしっていってかのじょむかえ,『おわりありませんか。ごしゅじんとおさんはどうしていますか』といてくれませんか」。かのじょは,「みんなわりありません」とこたえた。 27  しかし,かのじょやまにいたしんかみつかわされたひとのもとにると,すぐにあしにすがりいた+。それでゲハジがかのじょちかづいてしのけようとしたが,しんかみつかわされたひとった。「なにもしないでおきなさい。かのじょはとてもくるしんでいます。ゆうかりません。エホバはわたしなにげていないからです」。 28  かのじょった。「わたしはあなたに息子むすこねがもとめたりしたでしょうか。『そんなありないことをわないでください』ともうげませんでしたか+」。 29  エリシャはすぐにゲハジにった。「ふくをまくってこし+わたしのつえをち,きなさい。だれかにってもあいさつしてはいけません。あいさつされてもこたえてはいけません。って,そのかおうえわたしのつえをきなさい」。 30  おとこははおやった。「きているかみエホバとあなたにけてちかいます。わたしはあなたをはなれません+」。そこでエリシャはって,かのじょいっしょけた。 31  ゲハジはかれらよりさきって,つえをどもかおうえいたが,なにきなかった+。それでみちもどってエリシャのところて,「どもましませんでした」とった。 32  エリシャがいえくと,んだどもはエリシャのベッドによこたわっていた+ 33  エリシャはなかはいり,じてその2人ふたりだけになり,エホバにいのはじめた+ 34  エリシャはベッドにがってどもうえし,ぶんくちをそのくちに,をそのに,のひらをそののひらにてて,おおいかぶさるようにしていると,そのからだあたたかくなった+ 35  それからエリシャはいえなかあるいてったりたりし,ふたたびベッドにがってどもおおいかぶさった。すると,そのはくしゃみを7かいし,そのあとけた+ 36  エリシャはゲハジをび,「ははおやびなさい」とった。ゲハジがぶとははおやはやってた。そこでエリシャは,「あなたのげなさい」とった+ 37  かのじょはいってきてエリシャのあしもとをかがめ,ひれし,それから息子むすこげてていった。 38  エリシャがギルガルにもどると,そこはわれていた+。エリシャは,げんしゃたち+まえすわっていたので,じゅうしゃった+。「おおきななべけ,げんしゃたちのためにりょうつくってください」。 39  それで,あるひとがアオイをりにはらくと,せいのつるくさつけ,そこからせいのウリをってふくなかいっぱいにれた。それからもどり,そのウリのことをよくらずに,うすってなべれた。 40  そのりょうをよそってすと,げんしゃたちはくちにしてすぐに,「しんかみつかわされたひとよ,なべどくはいっています」とさけんだ。それでべることができなかった。 41  エリシャは,「むぎってきなさい」とった。そしてそれをなべれてから,「みんなによそってあげなさい」とった。するとなべなかどくはなくなっていた+ 42  バアル・シャリシャ+からあるひとがやってた。そのひとは,おおむぎはつものでできたパン+20ふくろれたあたらしいこくもつしんかみつかわされたひとのもとにってきた+。エリシャは,「みんなにあたえてべさせなさい」とった。 43  じゅうしゃは,「これをどうやって100にんものひとあたえるのですか+」とった。エリシャはった。「みんなにあたえてべさせなさい。エホバは,『みんながべてもまだあまる』とっています+」。 44  そこでじゅうしゃあたえると,エホバのこととおり,みなべてもまだあまった+

脚注

または,「注ぎ口の付いたつぼ」。

注釈

メディア