列王記​第​二 3:1-27

3  アハブの子エホラム+は,ユダのエホシャファト王の治世の第18年に,サマリアでイスラエルの王になった。彼は12年治めた。  エホラムはエホバから見て悪いことを行い続けた。ただ,彼の父や母ほどではなく,父が作ったバアルの聖柱*を取り除いた+  しかしエホラムは,ネバトの子ヤラベアムがイスラエルに犯させたのと同じ罪を犯し+,やめなかった。  モアブの王メシャは羊を飼育していて,貢ぎ物として,子羊10万匹と毛を刈っていない雄羊10万匹をイスラエルの王に納めていた。  しかし,アハブが死んで間もなく+,モアブの王はイスラエルの王に反抗した+  それでその時,エホラム王はサマリアを出て,イスラエル全体を招集した。  また,ユダのエホシャファト王のもとに人を遣わして,「モアブの王が私に反抗しました。私と一緒にモアブに戦いに行ってくれませんか」と伝えた。エホシャファトは,「行きましょう+。私とあなたは一つです。私の民とあなたの民,私の馬とあなたの馬も一つです+」と言った。  それから,「どの道を行きましょうか」と尋ねた。エホラムは,「エドムの荒野の道を行きましょう」と答えた。  こうしてイスラエルの王は,ユダの王とエドム+の王と共に出発した。7日間回り道をした後,軍隊や連れてきた家畜のための水がなくなった。 10  イスラエルの王は言った。「何て悲惨なことだ。エホバはこの3人の王をただモアブの手に渡すために集めたのだ」。 11  エホシャファトは言った。「エホバの預言者はいませんか+。その人を通してエホバに尋ねることはできませんか」。するとイスラエルの王の家来の1人が答えた。「シャファトの子エリシャ+がいます。エリヤに仕えて*いた人です+」。 12  エホシャファトは,「エホバは彼を通して話します」と言った。それで,イスラエルの王とエホシャファトとエドムの王は,彼の所に行った。 13  エリシャはイスラエルの王に言った。「どうして私の所に来たのですか*+。あなたの父上の預言者たちと母上の預言者たちの所に行ってください+」。イスラエルの王は言った。「そう言わないでください。エホバはこの3人の王をモアブの手に渡すために集めたのです」。 14  エリシャは言った。「私が仕えているエホバは,大軍を率いる生きている神です。その神に懸けて誓います。私がユダのエホシャファト+王に敬意を抱いていなければ,私はあなたを見ることも気に留めることもなかったでしょう+ 15  たて琴の奏者*+連れてきてください」。奏者がたて琴を弾くと,エホバの力*がエリシャに働いた+ 16  エリシャは言った。「エホバはこう言っています。『この谷*に,溝を幾つも掘りなさい。 17  エホバはこう言う。「風も雨もないのに,この谷*は水で満ち+,あなたたちはそれを飲む。あなたたちの家畜も他の動物も飲む」』。 18  これはエホバにとっては大したことではありません+。神はモアブもあなたたちの手に渡すからです+ 19  あなたたちは,防備された町+や重要な町を全て壊滅させなければなりません。また,良い木を全て切り倒し,泉を全てふさぎ,石を投げ入れて良い土地を全て荒らさなければなりません+」。 20  朝になり,朝の穀物の捧げ物を捧げる時間が来ると+,水が突然エドムの方から流れてきて,谷*は水で満ちた。 21  モアブ人は皆,王たちが攻めにやって来たことを聞いた。それで,武具を身に着けられる*人を全て集めて,国境で位置に就いた。 22  朝早く起きると,太陽が水面を照らしていて,反対側にいるモアブ人には水が血のように赤く見えた。 23  彼らは言った。「血だ! 王たちは剣で討ち合ったのだ。さあ,モアブよ,分捕りに行け+!」 24  モアブ人がイスラエルの陣営に入ると,イスラエル人は立ち上がってモアブ人を討ち始め,モアブ人は逃げていった+。イスラエル人はモアブに進入し,モアブ人を討ちながら進んでいった。 25  町々を破壊し,良い土地全てにおのおのが石を投げ入れて石だらけにした。泉を全てふさぎ+,良い木を全て切り倒した+。最後にキル・ハレセト+の城壁だけが残っていたが,兵士たちが町を囲み,投石して壊滅させた。 26  モアブの王は戦いに敗れたのを見て,剣を帯びた700人を連れ,エドム+の王の所を目掛けて突破しようとしたが,失敗に終わった。 27  それでモアブの王は,自分に代わって治めることになっていた長男を城壁の上で全焼の犠牲として捧げた+。イスラエルに対する激しい憤りが生じたので,イスラエルの人たちは撤退して自分の国に帰った。

脚注

用語集参照。
または,「の手に水を注いで」。
直訳,「私とあなたとには何が[あるのですか]」。
または,「音楽家」。
直訳,「手」。
または,「ワジ」。
または,「ワジ」。
または,「ワジ」。
または,「ベルトを締めている」。

注釈

メディア