列王記​第​二 25:1-30

25  ゼデキヤのせいだい9ねんだい10のつきの10に,バビロンのネブカドネザル+おうぜんぐんひきいてエルサレムにめてきて+じんえいり,しゅうほうへきてた+  はゼデキヤおうせいだい11ねんになってもほうされていた。  だい4のつきの9なかではがひどく+たみのためのしょくりょうはなくなっていた+  じょうへきやぶられ+へいたちはみな,カルデアじんかこなかおうていえんのそばの2じゅうじょうへきあいだもんとおってよるのうちにげた。おうはアラバ*みちった+  しかし,カルデアじんぐんたいおうあとい,エリコのばくへいげんいた。おうへいたちはみなりになった。  おうらえられ+,リブラにいるバビロンのおうのもとにれていかれて,けいせんこくされた。  ゼデキヤのたちはゼデキヤのまえころされた。ネブカドネザルはゼデキヤをしつめいさせ,どうあしかせをはめてバビロンにれていった+  だい5のつきの7,バビロンのネブカドネザルおうせいだい19ねんのこと,バビロンのおうらいえいかんちょうであるネブザラダン+が,エルサレムに+  かれはエホバのいえ+おういえ*+エルサレムのすべてのいえ+はらった。ちょめいひといえぜんはらった+ 10  エルサレムのしゅうじょうへきは,えいかんちょうともにいたカルデアじんぜんぐんによってこわされた+ 11  えいかんちょうネブザラダンは,のこされていたひとたちと,バビロンのおうとうこうしたひとたちと,のこりのじゅうみんった+ 12  ただし,もっとまずしいひとたちをいくらかのこしておき,ブドウのさいばいにんきょうせいろうどうしゃとしてはたらかせた+ 13  カルデアじんは,エホバのいえどうはしら+と,エホバのいえにあっただいしゃ+どうの「うみ+」をこなごなくだいて,どうをバビロンへった+ 14  また,かん,シャベル,かりし,さかずきなど,しん殿でんでのほう使つかどうすべうばった。 15  えいかんちょうは,じゅんきん+じゅんぎん+でできたすみれやはちうばった。 16  ソロモンがエホバのいえのためにつくった2ほんはしらと「うみ」とだいしゃ,これらすべてに使つかわれたどうはかれなかった+ 17  それぞれのはしらたかさ8メートルだった+はしらうえちゅうとうどうでできていてたかさ1.3メートルだった。ちゅうとうしゅうあみざいとザクロもすべどうでできていた+。2ほんはしらあみざいおなつくりだった。 18  えいかんちょうは,さいちょうセラヤ+さいゼパニヤ+と3にんぐちばんった+ 19  また,へいたちをかんとくしていたていしん1人ひとりないにいたおうそっきん5にんぐんたいちょうしょかんちょうへいおこなっていたひと,まだないにいたいっぱんひと60にんを,からった。 20  えいかんちょうネブザラダン+はこれらのひとらえ,リブラにいるバビロンのおうのもとにれていったのである+ 21  バビロンのおうはハマト+ほうのリブラでかれらをころした。こうしてユダはしゅうにされ,くにわれた+ 22  バビロンのネブカドネザルおうは,ユダののこされたたみ+のために,シャファン+アヒカム+ゲダリヤ+そうとくにんめいした。 23  ぐんたいちょうたちとたちはみな,バビロンのおうがゲダリヤをそうとくにんめいしたことをき,ただちにミツパにいるゲダリヤのところった。ネタヌヤのイシュマエル,カレアハのヨハナン,ネトファのひとタヌフメトのセラヤ,マアカトじんヤアザヌヤが,たちとともった+ 24  ゲダリヤはかれらとたちにちかい,こうった。「カルデアじんつかえることをおそれてはなりません。このんでバビロンのおうつかえれば,ものごとはうまくいきます+」。 25  だい7のつきに,おうそんでエリシャマのネタヌヤのイシュマエル+が,10にんれてミツパにてゲダリヤをころし,ゲダリヤとともにいたユダヤじんとカルデアじんたちもころした+ 26  そのたみみなわかひととしったひとも,ぐんたいちょうたちも,エジプトにけてしゅっぱつした+。カルデアじんおそれたのである+ 27  ユダのエホヤキン+おうしゅうにされて37ねんの,だい12のつきの27にち,そのとしそくしたバビロンのエビル・メロダクおうは,ユダのエホヤキンおうろうからしゃくほうした+ 28  そしてしんせつかたけ,かれともにバビロンにいたおうたちよりもうえたちあたえた。 29  それでエホヤキンはしゅうじんふくぎ,しょうがいちゅういつもバビロンのおうまえしょくをした。 30  かれきているあいだまいにちていてきおうからしょくもつあたえられた。

脚注

用語集参照。
または,「宮殿」。

注釈

メディア