列王記​第​二 24:1-20

24  エホヤキムの時代に,バビロンのネブカドネザル+王が攻めに来て,エホヤキムは3年の間服従した。その後,エホヤキムはネブカドネザルに背を向け,反逆した。  エホバはエホヤキムに対して,カルデア人+,シリア人,モアブ人,アンモン人の略奪隊を送り込んだ。ユダを滅ぼすためにそうし続けた。神に仕える預言者たちを通してエホバが語った言葉の通りだった+  エホバは,ユダをご自分の前から取りのけるため+,こうしたことがユダに起きるよう命じたのだった。マナセが犯したさまざまな罪のゆえ+  マナセが流した無実の人の血のゆえである+。マナセは無実の人の血でエルサレムを満たした。エホバは許そうとはしなかった+  エホヤキムについてのほかの記録,行ったさまざまなことは,ユダの王の時代の歴史書に記されている+  エホヤキムはやがて死に+,代わりにエホヤキムの子エホヤキンが王になった。  エジプトの王が国外に進軍することはもうなかった。バビロンの王が,エジプトの谷*から+ユーフラテス川まで+,エジプトの王のもの全てを占領していたからである+  エホヤキン+は18歳で王になり,エルサレムで3カ月治めた+。彼の母はネフシュタといい,エルサレムの人エルナタンの娘だった。  エホヤキンは父と全く同じように,エホバから見て悪いことを行い続けた。 10  その頃,バビロンのネブカドネザル王の家来たちがエルサレムを攻めに来て,都市は包囲された+ 11  家来たちが包囲している間に,バビロンのネブカドネザル王も都市に来た。 12  ユダのエホヤキン王は,母親や家来や高官や廷臣たち+と共にバビロンの王に降伏した+。バビロンの王は治世の第8年にエホヤキンを捕らえた+ 13  バビロンの王はエホバの家の財宝と王の家*の財宝を全て運び出し+,イスラエルの王ソロモンが作った,エホバの神殿の金の器具を全部打ち砕いた+。エホバが予告した通りだった。 14  そして,エルサレムの全ての人,高官+や強い戦士の全員,職人や鍛冶屋*+皆を捕らえて,1万人を連れていった。国の最も貧しい人たち以外は誰も残されなかった+ 15  こうして,バビロンの王はエホヤキン+を捕らえてバビロンに連れていった+。王の母親,王の妻たち,廷臣たち,国の主立った人たちも捕らえてエルサレムからバビロンに連れていった。 16  戦士7000人全てと,職人や鍛冶屋*の1000人も連れていった。皆,戦いの訓練を受けた勇敢な人たちだった。 17  バビロンの王はエホヤキンの代わりにエホヤキンの叔父+マタヌヤを王にし,名前をゼデキヤに改名させた+ 18  ゼデキヤは21歳で王になり,エルサレムで11年治めた。彼の母はハムタル+といい,リブナの人エレミヤの娘だった。 19  ゼデキヤはエホヤキムと全く同じように,エホバから見て悪いことを行い続けた+ 20  エルサレムとユダで起きたことはエホバを怒らせ,ついに神は彼らを投げ捨てた+。そして,ゼデキヤはバビロンの王に反逆した+

脚注

または,「ワジ」。
または,「宮殿」。
もしかすると,「とりでを築く人」。
もしかすると,「とりでを築く人」。

注釈

メディア