列王記​第​二 21:1-26

21  マナセ+は12歳で王になり,エルサレムで55年治めた+。彼の母はヘフジバといった。  マナセはエホバから見て悪いことを行い,イスラエルの民の前からエホバが追い払った国々の+忌まわしい行いをまねた+  父ヒゼキヤが破壊した高い場所+を再び築き,イスラエルの王アハブがしたように+,バアルのために祭壇を設け,聖木を作った+。また,天の全ての星*を崇拝してひれ伏した+  エホバがかつて「エルサレムに私の名を付す+」と言ったそのエホバの家の中にも祭壇を作った+  エホバの家の2つの庭に+,天の全ての星*のために祭壇を作った+  自分の子を火で焼き,魔術を行い,吉凶を判断し+,霊媒師や占い師を任命した+。エホバから見て悪いことを大規模に行って,神を怒らせた。  マナセは聖木の彫刻像を作り+,神の家の中に置いた。かつてエホバはその家について,ダビデとその子ソロモンにこう言っていた。「私は,イスラエルの全部族の領地から選んだエルサレムとこの家に,私の名をいつまでも付す+  イスラエルが,私が命じた全てのこと,私に仕えたモーセが命じた律法全てを注意深く守るなら+,私は,父祖たちに与えた土地からイスラエルをさまよい出させたりはしない+」。  そう言われていたのに民は従わず,マナセは民を惑わし続け,イスラエル人の前からエホバが滅ぼし尽くした国々+よりも悪いことを行わせた。 10  エホバは,神に仕える預言者たちを通して何度も語り掛け+,こう言った。 11  「ユダの王マナセはこれらのあらゆる忌まわしいことを行い,以前のどのアモリ人+よりも邪悪なことをし+,汚らわしい偶像*でユダに罪を犯させた。 12  それでイスラエルの神エホバはこう言う。『私はエルサレムとユダに災難をもたらす+。それについて聞く人は皆,衝撃を受ける*だろう+ 13  私は,サマリア+に使った測り綱+をエルサレムの上に伸ばし,アハブ家+に使った水準器*を使う。そして,鉢をきれいに拭って伏せるかのように,エルサレムを拭い去る+ 14  私の財産である残りの者を見捨て+,敵の手に渡す。彼らはあらゆる敵に連れ去られ,略奪される+ 15  彼らは,父祖たちがエジプトを出た日から今日まで,私から見て悪いことを行って私を怒らせ続けたからだ+』」。 16  マナセの罪は,ユダに罪を犯させてエホバから見て悪いことを行わせるだけにとどまらなかった。無実の人の血を大量に流して,その血でエルサレムの端から端までを満たした+ 17  マナセについてのほかの記録,行ったさまざまなことや犯した罪のことは,ユダの王の時代の歴史書に記されている。 18  マナセはやがて死に,自分の家の庭園,ウザの庭園に葬られた+。代わりにマナセの子アモンが王になった。 19  アモン+は22歳で王になり,エルサレムで2年治めた+。彼の母はメシュレメトといい,ヨトバの人ハルツの娘だった。 20  アモンは,エホバから見て悪いことを行い続けた。父マナセと同じようなことをした+ 21  父と全く同じ道を歩み続け,父が崇拝した汚らわしい偶像を崇拝してひれ伏した+ 22  父祖たちの神エホバを捨て去り,エホバの道を歩まなかった+ 23  やがてアモンの家来たちが謀反を起こし,王の家でアモンを殺害した。 24  しかし国の民は,アモン王への謀反を起こした人を全て殺し,アモンの子ヨシヤを代わりに王にした+ 25  アモンについてのほかの記録,行ったことは,ユダの王の時代の歴史書に記されている。 26  アモンはウザの庭園の自分の墓に葬られた+。代わりにアモンの子ヨシヤ+が王になった。

脚注

直訳,「天の全軍」。
直訳,「天の全軍」。
ヘブライ語で「ふん」を意味する言葉と関連があると考えられる,嫌悪を表す表現。
直訳,「耳が鳴る」。
または,「下げ振り」。

注釈

メディア