列王記​第​二 20:1-21

20  そのころ,ヒゼキヤはびょうになり,にそうになっていた+。アモツのであるげんしゃイザヤがった。「エホバはこうっています。『いえひとたちにしなさい。あなたはかいふくせず,ぬからだ+』」。  それでヒゼキヤはかおかべけ,エホバにいのはじめた。  「エホバ,おねがいです。どうか,おもしてください。わたしこころくしてちゅうじつにあなたにつか*,あなたからいことをおこなったのを+」。そしてヒゼキヤははげしくきだした。  イザヤがまだにわていかないうちに,エホバがイザヤにった+  「もどって,わたしたみどうしゃヒゼキヤにこういなさい。『あなたのダビデのかみエホバはこうっている。「わたしはあなたのいのりをいた。あなたのなみだ+。あなたをやそう+。あさって*にはあなたはエホバのいえのぼ+  わたしはあなたの寿じゅみょうを15ねんばし,アッシリアのおうからあなたとこのすく+わたしぶんのため,またわたしつかえたダビデのためにこのまも+」』」。  イザヤは,「しいちじくのってきなさい」とった。ひとびとってきて,それをものてた。その,ヒゼキヤはじょじょかいふくした+  ヒゼキヤはイザヤにこうたずねていた。「わたしがエホバにやされ,あさって*にはエホバのいえのぼっていけるというしるし+がありますか」。  イザヤはこたえた。「エホバはかたったことをじっこうされます。エホバからのしるしは,こうです。かげかいだん*を10だんすすむのと10だんもどるのと,どちらをのぞみますか+」。 10  ヒゼキヤはった。「かげを10だんすすめるよりも,10だんもどほうむずかしいことです」。 11  そこでげんしゃイザヤがエホバにけると,かみは,アハズのかいだんくだったかげを10だんうえもどした+ 12  そのころ,バビロンのおう,バラダンのベロダク・バラダンがヒゼキヤにがみおくものおくった。ヒゼキヤがびょうだといていたからだった+ 13  ヒゼキヤは使しゃたちをかんげい*ほうもつなかぜんせた+ぎんきんも,バルサムこうあぶらも,も,ほうもつにあったもののこらずせた。ぶんいえ*なかぜんりょうなかで,ヒゼキヤがかれらにせなかったものひとつもなかった。 14  そのげんしゃイザヤがヒゼキヤおうところはいってきてたずねた。「あのひとたちはなんいましたか。どこからたのですか」。ヒゼキヤは,「とおくに,バビロンからやってました」とった+ 15  イザヤはたずねた。「あなたのいえ*かれらになにせたのですか」。ヒゼキヤはこたえた。「わたしいえ*にあるものすべてをせました。わたしほうもつなかせなかったものひとつもありません」。 16  イザヤはヒゼキヤにった。「エホバのこときなさい+ 17  エホバはこうっています。『あなたのいえ*にあるものすべて,あなたのたちがこれまでたくわえてきたものすべてが,のこらずバビロンにっていかれる+ 18  まれてくるあなたのそんなかには,れていかれて+バビロンのおうきゅう殿でんていしんにされるものもいる+』」。 19  ヒゼキヤはイザヤにった。「あなたがかたったエホバのことはもっともです+」。そしてった。「わたししょうがいちゅうへいあんてい*あたえていただけるのですから,かんしゃします+」。 20  ヒゼキヤについてのほかのろくかずかずこうせきや,いけ+すいどうつくってみずいた+ことは,ユダのおうだいれきしょしるされている。 21  ヒゼキヤはやがて+わりにヒゼキヤのマナセ+おうになった+

脚注

直訳,「の前で歩み」。
直訳,「3日目」。
直訳,「3日目」。
日時計のように,時間を計測するのに使われていた階段のことかもしれない。
または,「宮殿」。
または,「の言葉に耳を傾け」。
または,「宮殿」。
または,「宮殿」。
または,「宮殿」。
直訳,「真実」。

注釈

メディア