列王記​第​二 20:1-21

20  その頃,ヒゼキヤは病気になり,死にそうになっていた+。アモツの子である預言者イザヤが来て言った。「エホバはこう言っています。『家の人たちに指示を出しなさい。あなたは回復せず,死ぬからだ+』」。  それでヒゼキヤは顔を壁に向け,エホバに祈り始めた。  「エホバ,お願いです。どうか,思い出してください。私が心を尽くして忠実にあなたに仕え*,あなたから見て良いことを行ったのを+」。そしてヒゼキヤは激しく泣きだした。  イザヤがまだ庭に出ていかないうちに,エホバがイザヤに言った+  「戻って,私の民の指導者ヒゼキヤにこう言いなさい。『あなたの父祖ダビデの神エホバはこう言っている。「私はあなたの祈りを聞いた。あなたの涙を見た+。あなたを癒やそう+。あさって*にはあなたはエホバの家に上る+  私はあなたの寿命を15年延ばし,アッシリアの王の手からあなたとこの都市を救う+。私は自分のため,また私に仕えたダビデのためにこの都市を守る+」』」。  イザヤは,「干しいちじくの菓子を持ってきなさい」と言った。人々が持ってきて,それを腫れ物に当てた。その後,ヒゼキヤは徐々に回復した+  ヒゼキヤはイザヤにこう尋ねていた。「私がエホバに癒やされ,あさって*にはエホバの家に上っていけるというしるし+がありますか」。  イザヤは答えた。「エホバは語ったことを実行されます。エホバからのしるしは,こうです。影が階段*を10段進むのと10段戻るのと,どちらを望みますか+」。 10  ヒゼキヤは言った。「影を10段進めるよりも,10段戻す方が難しいことです」。 11  そこで預言者イザヤがエホバに呼び掛けると,神は,アハズの階段を下った影を10段上に戻した+ 12  その頃,バビロンの王,バラダンの子ベロダク・バラダンがヒゼキヤに手紙と贈り物を贈った。ヒゼキヤが病気だと聞いていたからだった+ 13  ヒゼキヤは使者たちを歓迎し*,宝物庫の中を全部見せた+。銀や金も,バルサム油や他の高価な油も,武器も,宝物庫にあった物を残らず見せた。自分の家*の中,全領土の中で,ヒゼキヤが彼らに見せなかった物は一つもなかった。 14  その後,預言者イザヤがヒゼキヤ王の所に入ってきて尋ねた。「あの人たちは何と言いましたか。どこから来たのですか」。ヒゼキヤは,「遠い国,バビロンからやって来ました」と言った+ 15  イザヤは尋ねた。「あなたの家*で彼らに何を見せたのですか」。ヒゼキヤは答えた。「私の家*にある物全てを見せました。私の宝物庫の中で見せなかった物は一つもありません」。 16  イザヤはヒゼキヤに言った。「エホバの言葉を聞きなさい+ 17  エホバはこう言っています。『あなたの家*にある物全て,あなたの父祖たちがこれまで蓄えてきた物全てが,残らずバビロンに持っていかれる日が来る+ 18  生まれてくるあなたの子孫の中には,連れていかれて+バビロンの王の宮殿で廷臣にされる者もいる+』」。 19  ヒゼキヤはイザヤに言った。「あなたが語ったエホバの言葉はもっともです+」。そして言った。「私の生涯中,平和と安定*を与えていただけるのですから,感謝します+」。 20  ヒゼキヤについてのほかの記録,数々の功績や,池+と水道を造って都市に水を引いた+ことは,ユダの王の時代の歴史書に記されている。 21  ヒゼキヤはやがて死に+,代わりにヒゼキヤの子マナセ+が王になった+

脚注

直訳,「の前で歩み」。
直訳,「3日目」。
直訳,「3日目」。
日時計のように,時間を計測するのに使われていた階段のことかもしれない。
または,「の言葉に耳を傾け」。
または,「宮殿」。
または,「宮殿」。
または,「宮殿」。
または,「宮殿」。
直訳,「真実」。

注釈

メディア