列王記​第​二 19:1-37

19  それを聞いたヒゼキヤ王は衣服を引き裂き,粗布を身に着け,エホバの家に入った+  それから,家*の人たちのまとめ役エリヤキム,秘書官シェブナ,祭司の長老たちに粗布を身に着けさせ,アモツの子である預言者イザヤ+の所に遣わした。  彼らはイザヤに言った。「ヒゼキヤはこう言っています。『今日は苦難と叱責*と屈辱の日です。子供が生まれそうなのに産む力がないのです+  エホバ神がラブシャケの言葉全てを聞き流すことはないでしょう。彼は,生きている神をあざけるよう+,主人であるアッシリアの王から遣わされました。エホバ神は,聞いた事柄について彼に責任を問われます。それで,生き残っている人たちのために祈ってください+』」。  イザヤの所にやって来たヒゼキヤ王の家来たちに+  イザヤは言った。「皆さんの主人にこう言いなさい。『エホバはこう言っています。「あなたが聞いた言葉,アッシリアの王の従者たちが語った私への冒瀆の言葉のことで+恐れてはならない+  私は彼に1つの考えを植え付ける。彼はある報告を聞いて自分の土地に帰る。私は彼が自分の土地で剣によって倒れるようにする+」』」。  ラブシャケは,アッシリアの王がラキシュ+から離れたことを聞き,王のもとに戻った。王はリブナを攻撃していた+  王は,エチオピアのティルハカ王が戦いを仕掛けに向かってきているという知らせを聞いた。王はヒゼキヤの所に再び使者たちを遣わして+,こう言った。 10  「ユダのヒゼキヤ王にこう伝えよ。『おまえが信頼している神が「エルサレムがアッシリアの王の手に渡されることはない」と言うとしても,だまされるな+ 11  いいか。アッシリアの王たちがあらゆる国を滅ぼし尽くしたことをおまえも聞いたはずだ+。それでも,自分だけは救い出されるというのか。 12  私の父祖たちが滅ぼした国々の神々は民を救い出したか。ゴザン,ハラン+,レツェフはどうなったか。テル・アサルにいたエデンの民はどこにいるか。 13  ハマトの王,アルパドの王,セファルワイム,ヘナ,イワの町々の王はどこにいるか+』」。 14  ヒゼキヤはこの手紙を使者たちから受け取って読んだ。それからエホバの家に上っていき,手紙をエホバの前に広げた+ 15  そしてエホバの前でこう祈り始めた+。「ケルブたちの上*に王として座っている+,イスラエルの神エホバ,あなただけが,地上の全ての王国の真の神です+。天と地を造られたのはあなたです。 16  エホバ,耳を傾けて聞いてください+! エホバ,目を開いてご覧ください+! セナケリブが送ってきた,生きている神へのあざけりの言葉を聞いてください。 17  エホバ,アッシリアの王たちは確かにさまざまな国とその領土を荒廃させました+ 18  彼らはそうした国の神々を火の中に投げ入れました。それらは神ではなく+,人が木や石で作ったものだったからです+。それで滅ぼせたのです。 19  私たちの神エホバ,どうか彼の手から私たちを救ってください。エホバ,あなただけが神であることを地上の全ての王国が知るためです+」。 20  アモツの子イザヤはヒゼキヤの所に人を遣わして,こう伝えた。「イスラエルの神エホバはこう言っています。『私は,アッシリアのセナケリブ王についての+あなたの祈りを聞いた+ 21  エホバはセナケリブ王に対して次の言葉を語った。 「処女であるシオン*はあなたを見下げ,あざ笑う。エルサレム*はあなたに向かって頭を振る。 22  あなたは誰をあざけり,冒瀆したのか+誰に対して声を荒らげ+,高慢な目を向けたのか。イスラエルの聖なる者に対してである+ 23  あなたは使者たちを通して+エホバをあざけり+,こう言った。『私は無数の戦車を率い,山々の頂,レバノンの山奥にまで登る。そこにそびえる杉,立派なネズの木を切り倒し,最奥の宿営地,深い森に入る。 24  私は井戸を掘って外国の水を飲み,足の裏でエジプトの川*を全て干上がらせる』。 25  あなたは聞かなかったか。遠い昔から,決まっていた+ずっと前から,私は用意して*いた+今,それを実現させる+あなたは防備された町々を廃虚の山にする+ 26  住民たちは無力になり,おびえ,屈辱を味わう。野原の草木や青草のようになり+東風で干からびた,屋根の草のようになる。 27  しかし,私はよく知っている。あなたが座るのも,出ていくのも入ってくるのも+あなたが私に激怒するのも+ 28  あなたの激怒+と怒鳴り声が,私の耳に届いたからだ+私はあなたの鼻にかぎを引っ掛け,口にくつわをはめ+あなたを引いて,来た道を帰らせる+」。 29  あなた*のために次のようなしるしを示そう。あなたたちは,今年は自然に*生えたものを食べ,来年はそれから芽を出した穀物を食べるが+,3年目には,種をまいて刈り取り,ブドウ園を造って実を食べる+ 30  ユダ国民の逃れて残っている人たち+は下に根を張り,上に実を付ける。 31  残りの者がエルサレムから,生き残っている人たちがシオンの山から出ていく。大軍を率いる熱心な神エホバがそうならせる+ 32  エホバはアッシリアの王についてこう言う+ 「彼がこの都市に入ることはない+そこに矢を射ることも,盾を持って立ち向かうことも,攻めるための土塁を築くこともない+ 33  彼は来た道を帰り,この都市に入ることはない」。エホバはこうも宣言する。 34  「私はこの都市を守って+救う。自分のため+,私に仕えたダビデのためである+」』」。 35  まさにその夜,エホバの天使が出ていき,アッシリア人の陣営で18万5000人を討った+。人々が朝早く起きて見ると,皆,死んでいた+ 36  それで,アッシリアのセナケリブ王はそこを去り,帰ってニネベ+にとどまった+ 37  そして,ニスロク神の家*でひれ伏していた時,自分の子アドラメレクとシャルエツェルに剣で殺された+。その2人はアララト+地方に逃げた。セナケリブの子エサル・ハドン+が代わりに王になった。

脚注

または,「宮殿」。
または,「侮辱」。
もしかすると,「間」。
直訳,「シオンの娘」。
直訳,「エルサレムの娘」。
または,「ナイルの運河」。
または,「形作って」。
ヒゼキヤのこと。
または,「こぼれ種から」。
または,「神殿」。

注釈

メディア