列王記​第​二 18:1-37

18  イスラエルのおう,エラのホシェア+せいだい3ねん,ユダではアハズ+おうヒゼキヤ+おうになった。  ヒゼキヤは25さいおうになり,エルサレムで29ねんおさめた。かれはははアビ*といい,ゼカリヤのむすめだった+  ヒゼキヤはダビデとおなじように+,エホバからただしいことをおこなつづけた+  たかしょのぞ+せいちゅうくだき,せいぼくたおした+。また,モーセがつくったどうへびくだいた+。そのとうまでイスラエルのたみはそのまえせいけむりのぼらせていて,それはへびどうぞう*ばれていた。  ヒゼキヤはイスラエルのかみエホバをしんらいした+。ユダのすべてのおうたちのなかで,かれのようなひとあとにもさきにもいなかった。  かれはエホバにしっかりといていた+。そのかたしたがうのをやめず,エホバがモーセにあたえたおきてをまもつづけた。  そしてエホバはかれともにいた。かれはどこにっても,かしここうどうした。アッシリアのおうけ,つかえなかった+  また,フィリスティアじん+を,ガザとそのりょうふくめ,だい*からぼうされたまちまちいたるまで*やぶった。  ヒゼキヤおうせいだい4ねん,つまりイスラエルのおうでエラのホシェア+せいだい7ねんに,アッシリアのシャルマネセルおうがサマリアをめにて,ほうはじめた+ 10  かれらは,3ねんがたつころにそこをった+。ヒゼキヤのせいだい6ねん,つまりイスラエルのホシェアおうせいだい9ねんにサマリアはられたのだった。 11  その,アッシリアのおうはイスラエルをらえてアッシリアにれていき+,ハラハ,ゴザンがわのそばのハボル,メディアじんまちまちませた+ 12  そうなったのは,イスラエルがエホバかみうことをかず,けいやくつまりエホバにつかえるモーセがめいじたことすべてにそむつづけたからだった+かれらはきもしたがいもしなかった。 13  ヒゼキヤおうせいだい14ねんには,アッシリア+おうセナケリブがユダのぼうされたまちまちすべてをめにて,せんりょうした+ 14  それでユダのヒゼキヤおうはラキシュにいたアッシリアのおうところひとつかわして,こうつたえた。「わたしちがっていました。わたしところからげてください。あなたがわたしすものをなんでもはらいます」。アッシリアのおうは,ぎん10トンときん1トンをユダのヒゼキヤおうした。 15  ヒゼキヤはエホバのいえおういえ*ほうもつにあったぎんぜんわたした+ 16  このとき,ユダのヒゼキヤおうは,ぶんきんをかぶせたエホバのしん殿でんとびら+はしらはずして+,それもアッシリアのおうわたした。 17  アッシリアのおうはラキシュ+から,タルタン*,ラブサリス*,ラブシャケ*たいぐんともにエルサレムのヒゼキヤおうところおくった+かれらはエルサレムへとのぼっていき,せんたくにんはらいたかいどう沿いにある,うえいけすいどうのそばにじんった+ 18  かれらが,てくるようにとおうんだので,いえ*ひとたちのまとめやくでヒルキヤのであるエリヤキム+しょかんシェブナ+,アサフのであるろくかんヨアハがかれらのところていった。 19  するとラブシャケがこうった。「ヒゼキヤにってもらいたい。『アッシリアのおうだいおうはこうっている。「おまえはどうしてそこまでつよなのか+ 20  おまえは『わたしにはせんりゃくせんりょくがある』とうが,それはくちさきだけだ。いったいだれたよって,わたしそむくのか+ 21  いいか。おまえは,エジプトというあのれかけたアシのささえにたよっているが+かっても,それにのひらをとおされるだけだ。エジプトのおうファラオにたよるなら,みなそのようになるのだ。 22  おまえたちはわたしに,『わたしたちがたよっているのは,わたしたちのかみエホバだ』とうだろう+。だが,ヒゼキヤはそのかみたかしょさいだんつぎつぎのぞいてしまったではないか+。そしてユダとエルサレムに,『エルサレムのこのさいだんまえでひれすべきだ』とっている+」』。 23  わがしゅじんであるアッシリアのおうけをしたらいい。おまえがじゅうぶんようできたら,2000とううまあたえてやろう+ 24  へいしゃしゅのためにエジプトにたよるおまえには,わがしゅじんらいなかもっとたないそうとく1人ひとりさえもかえせないだろう。 25  わたしがエホバからのきょなしにここをほろぼそうとしてのぼってきたとおもうか。エホバがわたしに,『こののぼってほろぼせ』とったのだ」。 26  ヒルキヤのエリヤキムとシェブナ+とヨアハは,ラブシャケ+った。「アラム*+はなしてください。わたしたちはかいできますから。じょうへきうえひとたちにこえるところでは,ユダヤじんげんはなさないでください+」。 27  ラブシャケはった。「わがしゅじんは,これらのことをおまえのしゅじんやおまえだけにはなすようわたしつかわしたというのか。じょうへきうえすわっているものたちにもはなすためではないか。かれらもおまえたちとともぶん便べんべ,尿にょうむようになるのだ」。 28  ラブシャケはって,ユダヤじんげんおおごえでこうさけんだ。「アッシリアのおうだいおうこと+ 29  おうはこうっている。『ヒゼキヤにだまされるな。かれにはわたしからおまえたちをすくすことなどできない+ 30  ヒゼキヤが「エホバはかならすくしてくださる。このがアッシリアのおうわたされることはない+」とおまえたちにってエホバをしんらいさせようとしても,そのるな。 31  ヒゼキヤのうことにみみしてはならない。アッシリアのおうはこうう。「へいおうじ,こうふくせよ。そうすれば,それぞれがぶんのブドウのやイチジクのべ,ぶんみずためのみずめるようになる。 32  やがてわたしが,おまえたちののようなへとれていってやる+。そこには,こくもつあたらしいぶどうしゅ,パンとブドウえん,オリーブのみつがふんだんにある。そして,おまえたちはなず,きていける。だから,ヒゼキヤのうことにみみしてはならない。かれは,『エホバがすくしてくださる』とって,おまえたちをいくるめるからだ。 33  くにぐにかみなかに,アッシリアのおうからぶんくにすくったかみがいるか。 34  ハマト+やアルパドのかみがみはどこにいるのか。セファルワイム+,ヘナ,イワのかみがみはどこにいるのか。そのかみがみはサマリアをわたしからすくったか+ 35  こうしたくにかみがみだれわたしからぶんくにすくえなかったのに,エホバはわたしからエルサレムをすくえるというのか+」』」。 36  それでも,ひとびとちんもくまもり,ひとことこたえなかった。おうから,「みなさんはこたえてはなりません」とめいじられていたからである+ 37  いえ*ひとたちのまとめやくでヒルキヤのであるエリヤキム,しょかんシェブナ,アサフのであるろくかんヨアハはふくき,ヒゼキヤのところて,ラブシャケのことつたえた。

脚注

アビヤの省略形。
または,「ネフシュタン」。
または,「物見の塔」。
人口がまばらな所であれ密集した所であれ,あらゆる場所でということ。
または,「宮殿」。
または,「献酌人の長」。
または,「廷臣の長」。
または,「司令官」。
または,「宮殿」。
または,「シリア語」。
または,「宮殿」。

注釈

メディア