列王記​第​二 16:1-20

16  ユダのヨタム王の子アハズ+は,レマルヤの子ペカハの治世の第17年に王になった。  アハズは20歳で王になり,エルサレムで16年治めた。彼はエホバ神から見て正しいことを行わず,父祖ダビデのようではなかった+  イスラエルの王たちと同じ道を歩み+,イスラエル人の前からエホバが追い払った国々の忌まわしい行いをまねて+,自分の子を火で焼く*ことさえした+  また,高い場所+や丘の上,全ての生い茂った木の下+で犠牲を捧げたり,犠牲の煙を立ち上らせたりし続けた。  その頃,シリアのレツィン王とイスラエルの王でレマルヤの子ペカハがエルサレムに戦いを仕掛けにやって来た+。彼らはアハズを包囲したが,都市を攻め落とすことはできなかった。  その時,シリアのレツィン王はエラト+を奪ってエドムに取り戻させ,エラトからユダヤ人*を追い出した。こうして,エドム人がエラトに入り,今に至るまでそこを占拠している。  それでアハズは使者たちをアッシリアのティグラト・ピレセル+王のもとに遣わして,こう伝えた。「私はあなたの家来,あなたの子です。私を攻めているシリアの王とイスラエルの王から私を救いに来てください」。  それからアハズはエホバの家と王の家*の宝物庫にあった銀と金を取り出し,アッシリアの王に賄賂を贈った+  アッシリアの王は求めに応じ,ダマスカスに行ってそこを攻め取り,住民を捕らえてキルに連れていった+。また,レツィンを殺した+ 10  アハズ王はアッシリアのティグラト・ピレセル王に会うためにダマスカスに行った。ダマスカスにあった祭壇を見たアハズ王は,その祭壇の形状と作り方を示す設計図を祭司ウリヤに送った+ 11  祭司ウリヤ+は,アハズ王がダマスカスから送ってきた指示通りに祭壇を作り+,ダマスカスからアハズ王が戻ってくるまでに仕上げた。 12  ダマスカスから戻ってきた王はその祭壇を見ると,近づいて,捧げ物をした+ 13  その祭壇で全焼の捧げ物と穀物の捧げ物を焼いて煙にし,飲み物の捧げ物を注ぎ,共食の犠牲の血を祭壇に振り掛けた。 14  そして,エホバの前にあった銅の祭壇+を移動させた。家の前の元々の位置,つまり新しい祭壇とエホバの家の間の位置から動かして,新しい祭壇の北側に置いたのである。 15  アハズ王は祭司ウリヤ+にこう命じた。「この大祭壇で,朝の全焼の捧げ物と夕方の穀物の捧げ物+,王の全焼の捧げ物と穀物の捧げ物,民の全焼の捧げ物と穀物の捧げ物を焼いて煙にし,民の飲み物の捧げ物を捧げなさい+。全焼の捧げ物の血と他の犠牲の血を全て,祭壇に振り掛けなさい。あの銅の祭壇で何をするかは私が決める」。 16  祭司ウリヤはアハズ王に命じられたことを全て行った+ 17  その上,アハズ王は台車の側板+を切ってばらばらにし,水盤+を台車から取り外し,「海」を土台となっていた銅の雄牛+から下ろして石畳の上に置いた+ 18  また,家に建てられていた安息日用の覆いと,外側にあった王の入り口をエホバの家から取り除いた。そのようにしたのはアッシリアの王のためだった。 19  アハズについてのほかの記録,行ったことは,ユダの王の時代の歴史書に記されている+ 20  アハズはやがて死に,「ダビデの町」に父祖たちと共に葬られた。代わりにアハズの子ヒゼキヤ*+が王になった。

脚注

直訳,「に火の中を通らせる」。
または,「ユダの人たち」。
または,「宮殿」。
意味,「エホバは強くする」。

注釈

メディア