列王記​第​二 16:1-20

16  ユダのヨタムおうアハズ+は,レマルヤのペカハのせいだい17ねんおうになった。  アハズは20さいおうになり,エルサレムで16ねんおさめた。かれはエホバかみからただしいことをおこなわず,ダビデのようではなかった+  イスラエルのおうたちとおなみちあゆ+,イスラエルじんまえからエホバがはらったくにぐにまわしいおこないをまねて+ぶん*ことさえした+  また,たかしょ+おかうえすべてのしげったした+せいささげたり,せいけむりのぼらせたりしつづけた。  そのころ,シリアのレツィンおうとイスラエルのおうでレマルヤのペカハがエルサレムにたたかいをけにやって+かれらはアハズをほうしたが,とすことはできなかった。  そのとき,シリアのレツィンおうはエラト+うばってエドムにもどさせ,エラトからユダヤじん*した。こうして,エドムじんがエラトにはいり,いまいたるまでそこをせんきょしている。  それでアハズは使しゃたちをアッシリアのティグラト・ピレセル+おうのもとにつかわして,こうつたえた。「わたしはあなたのらい,あなたのです。わたしめているシリアのおうとイスラエルのおうからわたしすくいにてください」。  それからアハズはエホバのいえおういえ*ほうもつにあったぎんきんし,アッシリアのおうわいおくった+  アッシリアのおうもとめにおうじ,ダマスカスにってそこをり,じゅうみんらえてキルにれていった+。また,レツィンをころした+ 10  アハズおうはアッシリアのティグラト・ピレセルおううためにダマスカスにった。ダマスカスにあったさいだんたアハズおうは,そのさいだんけいじょうつくかたしめせっけいさいウリヤにおくった+ 11  さいウリヤ+は,アハズおうがダマスカスからおくってきたどおりにさいだんつく+,ダマスカスからアハズおうもどってくるまでにげた。 12  ダマスカスからもどってきたおうはそのさいだんると,ちかづいて,ささものをした+ 13  そのさいだんぜんしょうささものこくもつささものいてけむりにし,ものささものそそぎ,きょうしょくせいさいだんけた。 14  そして,エホバのまえにあったどうさいだん+どうさせた。いえまえもともと,つまりあたらしいさいだんとエホバのいえあいだからうごかして,あたらしいさいだんきたがわいたのである。 15  アハズおうさいウリヤ+にこうめいじた。「このだいさいだんで,あさぜんしょうささものゆうがたこくもつささもの+おうぜんしょうささものこくもつささものたみぜんしょうささものこくもつささものいてけむりにし,たみものささものささげなさい+ぜんしょうささものせいすべて,さいだんけなさい。あのどうさいだんなにをするかはわたしめる」。 16  さいウリヤはアハズおうめいじられたことをすべおこなった+ 17  そのうえ,アハズおうだいしゃがわいた+ってばらばらにし,すいばん+だいしゃからはずし,「うみ」をだいとなっていたどううし+からろしていしだたみうえいた+ 18  また,いえてられていたあんそくようおおいと,そとがわにあったおうぐちをエホバのいえからのぞいた。そのようにしたのはアッシリアのおうのためだった。 19  アハズについてのほかのろくおこなったことは,ユダのおうだいれきしょしるされている+ 20  アハズはやがてに,「ダビデのまち」にたちとともほうむられた。わりにアハズのヒゼキヤ*+おうになった。

脚注

直訳,「に火の中を通らせる」。
または,「ユダの人たち」。
または,「宮殿」。
意味,「エホバは強くする」。

注釈

メディア