列王記​第​二 13:1-25

13  ユダの王アハジヤ+の子エホアシュ+の治世の第23年,イスラエルではエヒウの子エホアハズ+がサマリアで王になった。彼は17年治めた。  エホアハズはエホバから見て悪いことを行い続け,ネバトの子ヤラベアムがイスラエルに犯させたのと同じ罪を犯すのをやめず+,その罪から離れなかった。  それで,エホバはイスラエルに対して激しく怒り+,イスラエルがシリアのハザエル+王とハザエルの子ベン・ハダド+にずっと抑圧されるようにした。  やがてエホアハズはエホバに恵みを求めた。エホバは,シリアの王がイスラエルに加えてきた圧迫を見ていたので,その願いを聞き入れた+  エホバは,シリアの圧制から解放する救い主をイスラエルに与え+,イスラエル人は以前のように平和に生活できるようになった。  (しかし彼らは,イスラエルに罪を犯させたヤラベアム家の罪から離れず+,その罪を犯し続けた。聖木*+サマリアにずっと立っていた。)  エホアハズの下には騎手50人,兵車10両,歩兵1万人しか残っていなかった。そのほかはシリアの王に滅ぼされ+,脱穀の時のもみ殻のようにされたからである+  エホアハズについてのほかの記録,行ったさまざまなことや功績は,イスラエルの王の時代の歴史書に記されている。  エホアハズはやがて死に,サマリアに葬られた+。代わりにエホアハズの子エホアシュが王になった。 10  エホアハズの子エホアシュ+がサマリアでイスラエルの王になったのは,ユダのエホアシュ王の治世の第37年のことだった。エホアシュは16年治めた。 11  彼はエホバから見て悪いことを行い続けた。ネバトの子ヤラベアムがイスラエルに犯させた罪から全く離れず+,その罪を犯し続けた。 12  エホアシュについてのほかの記録,行ったさまざまなことや功績,ユダのアマジヤ王との戦い+のことは,イスラエルの王の時代の歴史書に記されている。 13  エホアシュはやがて死に,ヤラベアム*+が王座についた。エホアシュはイスラエルの王たちと共にサマリアに葬られた+ 14  さて,エリシャ+は病気を患い,死が近づいていた。イスラエルの王エホアシュがエリシャの所に来て,泣いてすがり付き,「父よ,父よ! イスラエルの兵車と騎手たち+!」と言った。 15  するとエリシャは王に,「弓と矢を持ってきなさい」と言った。それで王は弓と矢を持ってきた。 16  エリシャはイスラエルの王に,「弓を手にしなさい」と言った。それで王が弓を手にすると,エリシャは自分の手を王の手の上に載せた。 17  それからエリシャは「東側の窓を開けなさい」と言い,王は窓を開けた。エリシャは言った。「矢を射なさい!」 それで王は矢を射た。エリシャは言った。「エホバの勝利*の矢,シリアに対する勝利*の矢! あなたはアフェク+でシリアを全滅させるまで討つ*」。 18  エリシャは「矢を取りなさい」と言い,王は矢を取った。エリシャはイスラエルの王に,「地面を打ちなさい」と言った。それで王は地面を3回打ち,やめた。 19  すると真の神に遣わされた人は憤慨して王に言った。「5,6回打つべきでした! そうしていたら,あなたはシリアを全滅させるまで討ったでしょう。ですが今となっては,あなたは3回しかシリアを討ちません+」。 20  その後,エリシャは死に,葬られた。それから毎年,年の初め*に,モアブ人の略奪隊+が国に入ってくるようになった。 21  ある日,人々が人を葬ろうとしていると略奪隊が見えた。それで彼らはすぐにその人をエリシャの墓に投げ入れて,走り去った。その人の体がエリシャの骨に触れると,その人は生き返り+,自分の足で立ち上がった。 22  シリアのハザエル+王は,エホアハズの時代中ずっとイスラエルを圧迫した+ 23  けれども,エホバはアブラハム+,イサク+,ヤコブとの契約のゆえに+,彼らに情けを掛け,憐れんで+,気遣いを示した。彼らを滅びに至らせることを望まず,今まで捨て去ることはなかった。 24  シリアのハザエル王が死ぬと,代わりにハザエルの子ベン・ハダドが王になった。 25  エホアハズの子エホアシュは,父親が戦いでハザエルに奪われた町々を,ハザエルの子ベン・ハダドから取り返した。エホアシュは3回ベン・ハダドを打ち破り+,イスラエルの町々を取り戻した。

脚注

用語集参照。
ヤラベアム2世のこと。
または,「救出」。
または,「救出」。
または,「打ち破る」。
春のことと思われる。

注釈

メディア