列王記​第​二 12:1-21

12  エヒウ+の治世の第7年に,エホアシュ+は王になり,エルサレムで40年治めた。彼の母はツィブヤといい,ベエル・シェバの人だった+  エホアシュは祭司エホヤダに教えられていた間ずっと,エホバから見て正しいことを行い続けた。  しかし高い場所+は取り除かれなかった。民は依然として高い場所で犠牲を捧げたり,犠牲の煙を立ち上らせたりしていた。  エホアシュは祭司たちに言った。「聖なる捧げ物+のためにエホバの家に持ってこられる全てのお金,各人に課せられたお金+,人の評価額として納められるお金,エホバの家に持っていこうと各人が心に決めた全てのお金を受け取りなさい+  持ってくる人*から祭司たちが直接受け取って,家*に見つかった破損*箇所の修理に使いなさい+」。  ところが,エホアシュ王の治世の第23年になっても,祭司たちはその家の破損箇所をまだ修理していなかった+  それでエホアシュ王は祭司エホヤダ+と他の祭司たちを呼んで言った。「なぜ家の破損を修理しないでいるのですか。家の修理に使わないのであれば,もうお金を受け取ってはなりません+」。  祭司たちはもう民からお金を受け取らないことと家の修理の責任を担わないことに同意した。  祭司エホヤダは1つの箱+を取ってふたに穴を開け,エホバの家に入って右側,祭壇の近くにそれを置いた。戸口番として仕える祭司たちは,エホバの家に持ってこられるお金を全てそこに入れた+ 10  箱の中にお金がたくさん入っているのが分かると,そのたびに王の秘書官と大祭司がやって来て,エホバの家に持ってこられたお金を集めて*数えた+ 11  彼らは数えたお金を,エホバの家での工事をまとめる人たちに渡した。受け取った人たちは,エホバの家で働く大工や建築作業者にそれを払い+ 12  石工や石切り工にも払った。また,エホバの家の破損の修理のために木材や切り石を買い,家の修理で生じた他の費用全てのためにお金を使った。 13  しかし,エホバの家に持ってこられたお金は,エホバの家の銀の水盤,明かり消し,鉢,ラッパ+,金や銀の器物+の製作には使われなかった。 14  お金は工事をする人たちだけに渡され,その人たちはそのお金でエホバの家を修理した。 15  労働者に支払うようお金を渡された人たちは信頼されていたので,会計報告を求められることはなかった+ 16  有罪の捧げ物+としてのお金と罪の捧げ物としてのお金は,エホバの家の修理には充てられなかった。それは祭司たちのものだった+ 17  その頃,シリアの王ハザエル+がやって来てガト+を攻め,攻略した。その後ハザエルはエルサレムを攻撃することにした*+ 18  そこで,ユダのエホアシュ王は,父祖であるユダの王エホシャファトとエホラムとアハジヤが神聖なものとした聖なる捧げ物全て,また自分の聖なる捧げ物,エホバの家と王の家*の宝物庫にあった全ての金を取り出し,シリアの王ハザエルに送った+。それでハザエルはエルサレムから退いた。 19  エホアシュについてのほかの記録,行ったさまざまなことは,ユダの王の時代の歴史書に記されている。 20  エホアシュの家来たちは共謀して謀反を起こし+,シラに行く道にある塚+の家*でエホアシュを殺した。 21  彼を殺害した家来は,シムアトの子ヨザカルとショメルの子エホザバドだった+。エホアシュは「ダビデの町」に父祖たちと共に葬られた。代わりにエホアシュの子アマジヤが王になった+

脚注

または,「知人」。
神殿のこと。
または,「亀裂」。
または,「袋に入れて」。直訳,「束ねて」。
直訳,「に攻め上るため顔を向けた」。
または,「宮殿」。
または,「ベト・ミロ」。

注釈

メディア