列王記​第​二 11:1-21

11  アハジヤの母アタリヤ+は自分の子が死んだのを知り+,王家の子孫を皆滅ぼそうと立ち上がった+  しかし,アハジヤの姉妹である,エホラム王の娘エホシェバは,殺されようとしていた王の子たちの中から,アハジヤの子エホアシュ+を抱いてひそかに連れ出し,その子と乳母を奥の寝室に入れた。エホアシュはアタリヤに殺されないようかくまわれた。  エホアシュは乳母*と共にエホバの家に6年隠れていた。その間,アタリヤが国を治めていた。  7年目に,エホヤダは人を遣わして,王室護衛官*と宮殿護衛*との+百人長たちを呼び,エホバの家の自分のもとに連れてこさせた。エホヤダは彼らと合意*を結び,エホバの家で誓わせてから,王の子を見せた+  そしてこう命じた。「皆さんにしてもらうことを言います。次の安息日の当番になっている人たちのうち3分の1は王の家*を厳重に見張り+  3分の1は『土台の門』に,3分の1は宮殿護衛の後ろの門にいるようにしてください。交代で家を厳重に見張ってください。  その安息日に本来は非番の2つの組は,王を守るためにエホバの家を厳重に見張ってください。  それぞれ武器を持って,王の周りを固めてください。その隊列の内側に入る人がいたら,殺さなければなりません。王がどこに行く時でも,そばにいてください」。  百人長たち+は祭司エホヤダに命じられた通りにした。各長が,その安息日の当番になっている部下たちに加え,非番の部下たちも連れて,祭司エホヤダの所に来た+ 10  祭司は,エホバの家にあったダビデ王のやりと円盾を百人長たちに渡した。 11  宮殿護衛+はそれぞれ武器を持ち,家の右側から左側まで,祭壇+や家のそばで,王を囲むように位置に就いた。 12  そこでエホヤダは王の子を連れ出し+,王冠をかぶせ,律法の書*+渡した*。人々はその子を王とし,油を注いだ*。そして手をたたいて,「王が栄えますように+!」と言いだした。 13  アタリヤは民が走っている音を聞くと,すぐにエホバの家にいる民の所に行った+ 14  彼女は,王が慣例通り柱のそばに立っているのを見た+。王の近くには長たちやラッパ奏者たち+がいて,民は皆喜び,ラッパを吹き鳴らしていた。アタリヤは衣服を引き裂き,「謀反! 謀反だわ!」と叫んだ。 15  祭司エホヤダは,軍勢をまとめる百人長たち+にこう命じた。「彼女を隊列の中から連れ出しなさい。彼女に付いてくる人がいれば,剣で処刑しなさい!」 祭司は前もって,「彼女をエホバの家で殺してはなりません」と言っていた。 16  それで彼らはアタリヤを取り押さえた。彼女は王の家*+馬の入り口まで連れてこられ,そこで殺された。 17  エホヤダはエホバと王と民の間の契約を成立させた+。彼らが引き続きエホバの民になるという契約である。また,エホヤダは王と民の間の契約も成立させた+ 18  その後,民は皆バアルの家*に行って祭壇を破壊し+,像を完全に打ち砕き+,バアルの祭司マタンを祭壇の前で殺した+ それから祭司エホヤダはエホバの家に監督たちを任命した+ 19  さらに,百人長+と王室護衛官と宮殿護衛+と民の皆を率いて,エホバの家から出ていく王に付き添った。彼らは宮殿護衛の門の道を通って王の家*に着き,王は王座に座った+ 20  民は皆喜び,都市は平穏だった。アタリヤが王の家で剣で殺されたからである。 21  エホアシュ+が王になったのは7歳の時だった+

脚注

もしかすると,「エホシェバ」。
直訳,「カリ人」。
直訳,「走者」。
または,「契約」。
または,「宮殿」。
直訳,「証し」。
律法を守ることを忘れないよう,律法の書が王の頭の上に置かれたのかもしれない。
用語集の「油を注ぐ」参照。
または,「宮殿」。
または,「神殿」。
または,「宮殿」。

注釈

メディア