列王記​第​二 10:1-36

10  アハブ+にはサマリアに70にんたちがいた。エヒウはつぎのようながみいて,サマリアにいるエズレルのこうかんたち,ちょうろうたち,アハブのがかりたちにおくった+  「あなたがたには,ぶんたちのしゅじんたちがおり,せんしゃうまぼうされたがある。このがみとどいたなら,  しゅじんたちのなかからもっとすぐれたてきにんひとえらんで,ちちおやおうにつかせなさい。そして,あなたがたしゅじんいっのためにたたかうがよい」。  しかしかれらはきょうおそわれ,「2人ふたりおうかれかえなかったのに+,どうしてこのわれわれがかえるだろうか」とった。  それで,きゅう殿でんちょうちょうちょうろうたちとがかりたちは,エヒウにこうつたえた。「わたしどものしゅじんはあなたです。あなたがおっしゃることはなんでもいたします。だれおうにはいたしません。いとおもとおりになさってください」。  そこでエヒウはつぎのような2つうがみいた。「もしあなたがたわたしがわき,わたししたがうつもりなら,明日あすいまごろ,あなたがたしゅじんたちのくびをエズレルのわたしのもとにってきなさい」。 おうたち70にんはというと,よういくがかりをしていたゆうりょくしゃたちといっしょにいた。  そのときがみとどき,かれらはすぐにおうたち70にんつかまえてころ+,そのくびかごれてエズレルのエヒウのもとにおくった。  使しゃがエヒウのもとにった。「かれらがおうたちのくびってきました」。エヒウはった。「それをもんぐちに2つのやまにし,あさまでいておきなさい」。  あさになるとエヒウはていき,たみみなまえってった。「みなさんはじつ*です。わたししゅじんほんこし,しゅじんころしました+。ですが,これらのひとたちみなころしたのはだれでしょうか。 10  おぼえておきなさい。エホバがアハブげたエホバのことは,そのひとことさえもじつげんせずにわることはありません+。エホバはほうしゃエリヤをとおしてかたったことをおこなったのです+」。 11  エヒウはさらに,エズレルにいるアハブのこっているひとたち,ゆうりょくしゃたち,じんさいたちぜんいん+だれ一人ひとりのこさなかった+ 12  それからエヒウはってサマリアにけていった。ちゅうに,ひつじしばいえ*があった。 13  エヒウはそこで,ユダのアハジヤ+おうきょうだいたちにった。エヒウが「あなたがただれですか」とうと,かれらは「アハジヤのきょうだいです。おうたちとたいこう*たちがかどうかをたずねにくところです」とった。 14  ただちにエヒウはった。「このひとたちをりにしなさい!」 かれらはりにされ,ひつじしばいえみずためのそばで42にんころされた。エヒウはだれ一人ひとりのこさなかった+ 15  エヒウがそこからすすんでいくと,むかえにたレカブ+エホナダブ+った。エヒウはあいさつし*,こうった。「わたしがあなたにこころからせいじつであるように,あなたもわたしこころからせいじつですか」。 エホナダブは,「はい」とこたえた。 エヒウはった。「では,してください」。 そこでかれすと,エヒウはかれぶんへいしゃませた。 16  エヒウはった。「わたしいっしょて,わたしがエホバにたいこうするものをいっさいみとめない*のをなさい+」。こうしてエホナダブはエヒウのせんしゃった。 17  そのサマリアにくと,エヒウは,サマリアにいるアハブのこっているひとぜんいんち,エホバがエリヤにかたったこととお+ほろぼしくした+ 18  そしてエヒウはたみみなあつめてった。「アハブはそれなりにバアルをすうはいしましたが+わたしエヒウはもっとだいだいてきにバアルをすうはいします。 19  それで,バアルのげんしゃ+すうはいしゃさいぜんいん+わたしところあつめてください。バアルのためにせいだいせいようしているので,だれ一人ひとりけないようにしてください。ないひときてはいられません」。エヒウは,バアルすうはいしゃたちをほろぼすためにさくめぐらしていたのである。 20  エヒウはさらに,「バアルのためのとくべつあつまりをひろらせなさい」とった。それでひとびとひろつたえた。 21  エヒウがイスラエルじゅうらせをひろめたのち,バアルすうはいしゃたちがみなやってた。なかったひと一人ひとりもいなかった。かれらはバアルのいえ*+はいり,なかすみからすみまでひとでいっぱいになった。 22  エヒウはしょうかかりに,「バアルすうはいしゃたちみなのためにしょうしてください」とった。それでかかりしょうしてきた。 23  エヒウはレカブのエホナダブ+ともにバアルのいえはいり,バアルすうはいしゃたちにった。「よくかくにんして,ここにエホバのすうはいしゃがいないようにしてください。バアルのすうはいしゃだけにするのです」。 24  かれらはせいぜんしょうささものささげるためにすすた。エヒウは80にんそとはいし,「だれかをがしたひとはそのわりにぬことになる」とっておいた。 25  ぜんしょうささものささげられたあと,エヒウはただちにえい*ふくかんたちにった。「はいって,かれらをて! 一人ひとりがすな+!」 えいふくかんたちはつるぎかれらをってそとし,バアルのいえおくせいじょ*まですすんでいった。 26  それからかれらはバアルのいえせいちゅう+はこして,いた+ 27  バアルのせいちゅう+かいし,バアルのいえ+こわして便べんじょにした。いまもそのままになっている。 28  こうして,エヒウはイスラエルからバアルをこんぜつした。 29  しかしエヒウは,ネバトのヤラベアムがイスラエルにおかさせたつみからはなれなかった。ベテルとダンにあったきんうしをそのままにした+ 30  エホバはエヒウにった。「あなたはよくやってきた。アハブたいしておこなおうとわたしおもっていたことをすべじっこう+わたしからただしいことをおこなってきた。それで,あなたのそんは4だいにわたりイスラエルのおうにつく+」。 31  ところがエヒウは,こころくしてイスラエルのかみエホバのりっぽうとおりにあゆもうとするりょくをしなかった+。ヤラベアムがイスラエルにおかさせたつみからはなれなかった+ 32  そのころ,エホバはイスラエルのりょうすこしずつらしはじめた。ハザエルがイスラエルのりょういたところつづけた+ 33  ヨルダンがわからひがしひろがるギレアデのぜんいき(ガドぞくとルベンぞくとマナセぞくりょう+),アルノンのたに*のそばのアロエルからギレアデとバシャンまでをめたのである+ 34  エヒウについてのほかのろくおこなったさまざまなことやかずかずこうせきは,イスラエルのおうだいれきしょしるされている。 35  エヒウはやがてに,サマリアにほうむられた。わりにエヒウのエホアハズ+おうになった。 36  エヒウがサマリアでイスラエルをおさめたかんは28ねんだった。

脚注

または,「正しい」。
毛を刈るために羊を縛る場所と思われる。
または,「貴婦人」。
または,「祝福を願い求め」。
または,「エホバのために熱心である」。
または,「神殿」。
直訳,「走者」。
直訳,「町」。要塞のようになっていたのかもしれない。
または,「ワジ」。

注釈

メディア