列王記​第​二 1:1-18

1  アハブの死後,モアブ+がイスラエルに反抗した。  ある時,アハジヤはサマリアの家で屋上の部屋の格子*を突き破って落ちてしまい,けがをした。そこで彼は,「このけがが治るかどうか,エクロン+の神バアル・ゼブブに尋ねに行きなさい」と言って,使者たちを遣わした+  すると,エホバの天使がティシュベの人エリヤ*+に言った。「立って,サマリアの王の使者たちに会いに行き,こう言いなさい。『あなたたちがエクロンの神バアル・ゼブブに尋ねに行くのは,イスラエルに神がいないからですか+  エホバは王にこう言っています。「あなたが起き上がってベッドから出ることはない。あなたは必ず死ぬ」』」。それでエリヤは出ていった。  アハジヤは,使者たちが戻ってきたので,すぐに言った。「どうして戻ってきたのか」。  使者たちは答えた。「1人の人が私たちに会いに来て,こう言いました。『さあ,あなたたちを遣わした王のもとに帰り,こう伝えなさい。「エホバはこう言っています。『あなたがエクロンの神バアル・ゼブブに尋ねようとして人を遣わすのは,イスラエルに神がいないからか。あなたが起き上がってベッドから出ることはない。あなたは必ず死ぬ+』」』」。  アハジヤは尋ねた。「おまえたちに会いに来てそう語った人は,どんな姿だったか」。  彼らは言った。「毛でできた服+を着て,腰に革帯+を締めていました」。アハジヤはすぐに,「ティシュベの人エリヤだ」と言った。  王は1人の長を50人の部下と共にエリヤの所に遣わした。長が登っていくと,エリヤは山頂に座っていた。それで長はこう話し掛けた。「真の神に遣わされた人よ+,王が『下りてきなさい』と言っています」。 10  エリヤはその長に答えた。「確かに私は神に遣わされた者です。天から火が下ってきて+,あなたと50人の部下を焼き尽くしますように」。すると,天から火が下ってきて,長と50人の部下を焼き尽くした。 11  王は別の長を50人の部下と共に遣わした。その長はエリヤに言った。「真の神に遣わされた人よ,王が『早く下りてきなさい』と言っています」。 12  エリヤは答えた。「確かに私は真の神に遣わされた者です。天から火が下ってきて,あなたと50人の部下を焼き尽くしますように」。すると,天から神の火が下ってきて,長と50人の部下を焼き尽くした。 13  王は3人目の長と50人の部下を遣わした。3人目の長は登っていってエリヤの前でひざまずき,懇願してこう言った。「真の神に遣わされた人よ,どうか,あなたが私の命とこの50人の命を貴いものと見てくださいますように。 14  天から火が下ってきて,これまで2人の長とそれぞれの部隊50人を焼き尽くしましたが,今回は私の命を貴いものと見てくださいますように」。 15  エホバの天使がエリヤに告げた。「その人と共に下りていきなさい。彼を恐れてはならない」。それでエリヤは立って,その人と共に王のもとへと下っていった。 16  エリヤは王にこう言った。「エホバはこう言っています。『あなたはエクロン+の神バアル・ゼブブに尋ねようとして使者たちを遣わした。それはイスラエルに神がいないからか+。どうして神の考えを尋ねなかったのか。あなたが起き上がってベッドから出ることはない。あなたは必ず死ぬ』」。 17  エリヤが語ったエホバの言葉の通り,アハジヤは死んだ。代わりにエホラム*+が王になった。アハジヤには息子がいなかったからである。これは,ユダの王エホシャファトの子エホラム+の治世の第2年のことだった。 18  アハジヤ+についてのほかの記録,行ったことは,イスラエルの王の時代の歴史書に記されている。

脚注

屋上の開口部に付いた木製のふたのことかもしれない。
意味,「私の神はエホバ」。
アハジヤの弟。

注釈

メディア