列王記​第​二 1:1-18

1  アハブの,モアブ+がイスラエルにはんこうした。  あるとき,アハジヤはサマリアのいえおくじょうこう*やぶってちてしまい,けがをした。そこでかれは,「このけががなおるかどうか,エクロン+かみバアル・ゼブブにたずねにきなさい」とって,使しゃたちをつかわした+  すると,エホバのてん使がティシュベのひとエリヤ*+った。「って,サマリアのおう使しゃたちにいにき,こういなさい。『あなたたちがエクロンのかみバアル・ゼブブにたずねにくのは,イスラエルにかみがいないからですか+  エホバはおうにこうっています。「あなたががってベッドからることはない。あなたはかならぬ」』」。それでエリヤはていった。  アハジヤは,使しゃたちがもどってきたので,すぐにった。「どうしてもどってきたのか」。  使しゃたちはこたえた。「1人ひとりひとわたしたちにいにて,こういました。『さあ,あなたたちをつかわしたおうのもとにかえり,こうつたえなさい。「エホバはこうっています。『あなたがエクロンのかみバアル・ゼブブにたずねようとしてひとつかわすのは,イスラエルにかみがいないからか。あなたががってベッドからることはない。あなたはかなら+』」』」。  アハジヤはたずねた。「おまえたちにいにてそうかたったひとは,どんな姿すがただったか」。  かれらはった。「でできたふく+て,こしかわおび+めていました」。アハジヤはすぐに,「ティシュベのひとエリヤだ」とった。  おう1人ひとりちょうを50にんともにエリヤのところつかわした。ちょうのぼっていくと,エリヤはさんちょうすわっていた。それでちょうはこうはなけた。「しんかみつかわされたひと+おうが『りてきなさい』とっています」。 10  エリヤはそのちょうこたえた。「たしかにわたしかみつかわされたものです。てんからくだってきて+,あなたと50にんくしますように」。すると,てんからくだってきて,ちょうと50にんくした。 11  おうべつちょうを50にんともつかわした。そのちょうはエリヤにった。「しんかみつかわされたひとよ,おうが『はやりてきなさい』とっています」。 12  エリヤはこたえた。「たしかにわたししんかみつかわされたものです。てんからくだってきて,あなたと50にんくしますように」。すると,てんからかみくだってきて,ちょうと50にんくした。 13  おうは3にんちょうと50にんつかわした。3にんちょうのぼっていってエリヤのまえでひざまずき,こんがんしてこうった。「しんかみつかわされたひとよ,どうか,あなたがわたしいのちとこの50にんいのちとうといものとてくださいますように。 14  てんからくだってきて,これまで2人ふたりちょうとそれぞれのたい50にんくしましたが,こんかいわたしいのちとうといものとてくださいますように」。 15  エホバのてん使がエリヤにげた。「そのひとともりていきなさい。かれおそれてはならない」。それでエリヤはって,そのひとともおうのもとへとくだっていった。 16  エリヤはおうにこうった。「エホバはこうっています。『あなたはエクロン+かみバアル・ゼブブにたずねようとして使しゃたちをつかわした。それはイスラエルにかみがいないからか+。どうしてかみかんがえをたずねなかったのか。あなたががってベッドからることはない。あなたはかならぬ』」。 17  エリヤがかたったエホバのこととおり,アハジヤはんだ。わりにエホラム*+おうになった。アハジヤには息子むすこがいなかったからである。これは,ユダのおうエホシャファトのエホラム+せいだい2ねんのことだった。 18  アハジヤ+についてのほかのろくおこなったことは,イスラエルのおうだいれきしょしるされている。

脚注

屋上の開口部に付いた木製のふたのことかもしれない。
意味,「私の神はエホバ」。
アハジヤの弟。

注釈

メディア