列王記​第​一 9:1-28

9  ソロモンが,エホバのいえおういえ*+,そのほかのつくろうとおもっていたものすべてをかんせいさせると+  エホバは,かつてギベオンであらわれたように,ソロモンにふたたあらわれた+  エホバはかれった。「わたしはあなたがわたしまえささげたいのりとめぐみをもとめるねがいのこといた。わたしはあなたがてたいえしんせいなものとし,わたしをいつまでもそこに+わたしこころはいつもそこにある+  あなたがちちダビデとおなじように,わたしめいじたことすべてをおこなって+きよこころ*+しょうじき+わたしつか*+わたしていほうまもるなら+  わたしは,あなたのちちダビデに『イスラエルのおうにはかならずあなたのけいひとがつく』とってわしたやくそくとおり,イスラエルをおさめるあなたのおうこくおうえいえんるがないようにする+  もしあなたたちやあなたたちのわたししたがうのをやめ,わたしあたえたおきてとほうれいまもらず,ほかのかみがみつかはじめてひれすなら+  わたしは,わたしあたえたからイスラエルをはいじょ+わたしぶんのためにしんせいなものとしたいえてる+。イスラエルはすべてのたみなかけいべつやあざけりのまととなる+  このいえはいきょとなる+。そばをとおひとみなおどろいてつめ,くちぶえいて,『エホバはどうしてこのとこのいえにこのようなことをしたのだ』と+  ひとびとはこうこたえる。『かれらが,エジプトからたちをしたエホバかみてて,ほかのかみがみたよってひれし,つかえたからだ。だから,エホバはこのすべてのわざわいをかれらにもたらしたのだ+』」。 10  ソロモンは,エホバのいえおういえ*の2つのいえを20ねんかけててた+ 11  ティルスのおうヒラム+はソロモンに,すぎとネズのもくざい,そしてようぼうどおりのりょうきんきょうきゅうした+。その,ソロモンおうはガリラヤほうの20のまちをヒラムにあたえた。 12  ヒラムはティルスからてきて,ソロモンからおくられたまちたが,まんだった。 13  それでヒラムは,「わたしきょうだい,あなたがくださったこれらのまちはいったいなんですか」とった。こうして,そこはカブル*ほうばれるようになり,いまいたっている。 14  ヒラムは4トンのきんおうおくった+ 15  は,ソロモンおうがエホバのいえ+ぶんいえ*つか*+,エルサレムのじょうへき,ハツォル+,メギド+,ゲゼル+きずくために,きょうせいろうどうちょうようしたひとたち+についてのろくである。 16  (かつてエジプトのおうファラオはやってて,ゲゼルをってき,そのまちんでいたカナンじんころした+。そして,ソロモンのつまとなるぶんむすめに,そのまちわかれのおくもの*としてあたえた+。) 17  ソロモンはゲゼルとしもベト・ホロン+きず* 18  バアラト+りょうないこうにあるタマル, 19  ソロモンのそうまちへいしゃまち+しゅのためのまちきずき,エルサレム,レバノン,そのほかのぜんりょうてたいとのぞんでいたものをてた。 20  イスラエルのたみではない+,アモリじん,ヘトじん,ペリジじん,ヒビじん,エブスじん+たみで, 21  こくないのこっているそんたち(イスラエルじんほろぼしくすことができなかったひとたち)を,ソロモンはきょうせいれいろうどうちょうようし,いまいたっている+ 22  ソロモンはイスラエルじんだれれいにしなかった+かれらはせんらいこうかんふくかんへいしゃしゅちょうだった。 23  ソロモンのこうだいかんちょうこうをするたみげんかんとくが550にんいた+ 24  ファラオのむすめ+は「ダビデのまち+」をて,ソロモンがかのじょのためにてたいえうつった。そのソロモンはつか*きずいた+ 25  ソロモンはねんに3かい+,エホバのためにつくったさいだんぜんしょうせいきょうしょくせいささ+,エホバのまえさいだんせいけむりのぼらせた。こうしてソロモンはいえかんせいさせた+ 26  ソロモンおうはまた,エドムほう+こうかいきしのエロトにちかいエツヨン・ゲベル+せんだんをつくった。 27  ヒラムはぶんらいけいけんんだふなりたちをそのせんだんけん+,ソロモンのらいたちとともはたらかせた。 28  せんだんはオフィル+き,そこで14トンのきんれ,ソロモンおうところはこんだ。

脚注

または,「宮殿」。
直訳,「の前で歩み」。
または,「忠誠心を尽くして」。
または,「宮殿」。
もしかすると,「ないも同然の」。
または,「ミロ」。「満たす」という意味のヘブライ語。
または,「宮殿」。
または,「結婚の贈り物」,「持参財」。
または,「の防備を固め」。
または,「ミロ」。「満たす」という意味のヘブライ語。

注釈

メディア